やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カクテル ( 33 ) タグの人気記事

グラブラックスとグレープフルーツ ヨーグルトのソース添え

美味しいピンクグレープフルーツを頂きました。そのまま半分に切って食べたり、サラダに入れたり。それでも一人で4個を消費するのはなかなか。

そこで思い出しました。鮭のグラブラックスとグレープフルーツの相性が良いことを。これはフランスにお住まいで美しい料理をなさる、fleur de selさんのレシピです。このところブログをお休みしていらっしゃいますが、どうしていらっしゃるでしょう。

グレープフルーツと合わせるグラブラックスは絶対に自家製をお勧めします。一度市販のもので作ってみたのですが、全く美味しくありませんでした。

a0127398_1454380.jpg

今回使ったのはお刺し身用の紅鮭。1日塩麹に漬けてから、削ぎ切りにし、塩、砂糖、黒胡椒を混ぜたものを両面に振りかけ、ブランデーを振りかけて、ぴったりラップをして1時間以上冷蔵庫に置いた、インスタントグラブラックスです。

ソースはプレーンヨーグルト、グレープフルーツの汁、生姜の千切り、塩胡椒、フェンネルの葉っぱのみじん切りです。(ディルがなかったので、フェンネルの葉っぱを使いました。)このソースがとても良い味を引き出します。

a0127398_146136.jpg

野菜類は知野ファームで求めた茹でた人参と紫のブロッコリ(茹でたら色が緑になってしまいました。)、カリフラワー、そして水菜の花です。自家製の全卵マヨネーズに西京味噌を混ぜた味噌マヨをたっぷりディップして。

a0127398_1463412.jpg

蛸は玉葱のみじん切り、ガーリックのみじん切り、オリーブオイル、塩、パプリカ、レモン汁にマリネしたものです。

a0127398_147035.jpg

グレープフルーツの汁が沢山でたので、ネヴァダカクテルに。ちょっと洒落た日曜の夕食になりました。

a0127398_1471677.jpg

3月8日からサマータイムが始まったアメリカです。朝、6時45分に起きると、こんな朝焼けが。歯を磨いて顔を洗って再び庭に出ると、朝焼けはすっかり終わっていました。

a0127398_1472687.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-03-17 01:52 | レシピ

友達から頂いた無花果を使って

「丁度そちらへ行く用事があるので、ついでに庭で採れた無花果をお届けします。」という友達の有り難い言葉。

立派に熟れた無花果をこんなに沢山。

a0127398_2274460.jpg

ひび割れているのは完熟の印。

a0127398_228357.jpg

美味しい無花果はそのまま食べたいもの。ランチの後はアイスクリームと一緒に、ほんの少しシャンボール(ラズベリーのリカー)をかけて。おいしい!

a0127398_2281912.jpg

夕食には桃と一緒にサラダ。この日は買い物に行く時間もなく、あり合わせで、鉢植えのバジルとイタリアンパセリ、冷凍庫から胡桃とドライクランベリーを足して、ライムジュースをかけました。ライムが甘さを引き立てて、桃との相性もバッチリ。とても美味しいサラダでした。

a0127398_228529.jpg

完熟だから早く食べ切りたいけれど、そのままムシャムシャ食べる量には限度があるので、残りは赤ワインでポーチしてコンポートに。

今回は赤ワイン(300ml)、水(100ml)、砂糖(30g)、レモンの輪切り(2枚)、シナモンスティック(5センチ)を煮立てて砂糖が溶けたら、無花果を丸のまま入れてペーパータオルを二重にして紙蓋にし、静かに10分煮ました。

無花果を取り出し、汁を漉してから再び火にかけ沸騰したら火を止め、大匙2に振り入れてふやかしておいたゼラチン(4g)を入れて溶かし、容器に入れておいた無花果の上からかけて、冷蔵庫で冷やします。

a0127398_2291551.jpg

やわやわゼリーなので、型に入れて抜くのは難しい堅さです。プレーンヨーグルトが合う甘さ控えめの大人のゼリー。無花果が甘いので控えめの甘さで丁度良くなります。

さて、コンポートが少し余りました。何にしましょう。

そこで閃いたのが西瓜の皮。赤い果肉を取り、(ほんの少しだけ残します)緑の部分を薄く剥いて、白い部分を鰹だし(450ml)、みりん(西瓜が甘いのでほんの少し)、醤油、塩(あまり醤油の色を出したくなかったので)の中で、落とし蓋をして10分ほど煮ました。

西瓜の皮を取り出し、後の汁に水(大匙2)でふやかしたゼラチン(約4g)を加え溶かし、煮た西瓜の皮の上にかけ、冷蔵庫で冷やし、ジュレのようにしました。

この西瓜の皮の煮物とジュレにコンポートした無花果を添えてみました。果肉を少し残して煮た西瓜の皮はほの甘く、無花果のコンポートとも合いました。西瓜の皮は10分煮ただけではまだシャキシャキしていたので、もっと長く煮るか、一口大に切った方が食べやすいでしょう。

a0127398_2295374.jpg

上にのせた山葵が効いて、西瓜の皮とは思えない洒落た一品になりました。

皮を使った西瓜の果肉はそのまま食べても甘くて美味しいのですが、ジュースにして食後のカクテルにしてみました。

オリジナルは西瓜のジュース、焼酎、梅酒がそれぞれ1/3、レモンジュース(小匙1)をシェークして作りますが、西瓜の割合を多くして、弱めのカクテルにしました。

a0127398_230141.jpg

ジュース感覚で飲める美味しいカクテルです。ちなみに表面が白いのは泡ではなく、細かい氷片で、上手に出来た証拠です。

友達から頂いた無花果を色々にして楽しむことが出来ました。本当にご馳走さまでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-11 02:33 | レシピ

テキーラ・サンライズ(カクテル)

我が合唱団の第三回定期演奏会も無事終了。有志による中華レストランでの打ち上げも終わりました。

いらして下さった皆様方、本当にありがとうございました。そして、団員の皆様、ピアニストの方、お疲れさまでした。

a0127398_143743.jpg

家に帰り着いてから作ったカクテル、テキーラ・サンライズ。絞り立てのオレンジがたっぷり入った少し甘めのカクテルは、ちょっと疲れたときにはうってつけです。

a0127398_1432691.jpg



テキーラ・サンライズ(カクテル)

洗った氷(さっと水に通す。)を3個グラスに入れる。
テキーラ(30ー45ml)を注ぎ入れ、オレンジジュース(絞り立て2個分)を加えて軽く混ぜる。
グレナディンシロップ(小匙1/2ー1)をグラスの内側に沿って静かに落として沈める。

アルコールの強さや、甘さを好みで自由に変えられるカクテルです。氷は洗うと角が取れ、冷蔵庫の臭いも消えます。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-05-20 01:44 | レシピ

友達との夕食はサングリアと共に

ほぼ月に一回、音楽仲間の一人である友達と夕食を共にします。食事は一人より誰かと一緒の方が作りがいがありますし、何より楽しい。

夕べはシドラ(シードル:りんごの発泡酒、アメリカではハードサイダー)を使った豚肉とりんごのスペイン料理をメインにしたので、サングリアも作りました。

a0127398_2103873.jpg

赤ワイン400mlに、オレンジの薄切り(皮付き2-3枚)、りんごの薄切り(皮付き2ー3枚)、苺(2個半分に切る)、粉砂糖(小匙1/2)、オレンジジュース(1/3個分)、オレンジリカー(コアントローかグランマルニエ大匙1)を混ぜて、4ー5時間(出来れば一晩)冷蔵庫で冷やします。

飲む直前にクラブソーダを適宜入れます。果物は手持ちのものを1種類でも大丈夫ですし、レモンを加えても良いです。

前菜として、2枚残っていたスモークサーモンにスクランブルエッグを載せ、チャイブを散らしました。スモークサーモンに塩気があるので、スクランブルエッグにはおまじない程度の塩と胡椒を加えました。

a0127398_2105551.jpg

フライパンにバターを溶かし、弱火で卵をかき混ぜ、最後にプレーンヨーグルト(卵1個につき大匙1)を加えます。口当たりも良く、冷たいヨーグルトが熱を冷ましてくれるので、美味しいスクランブルエッグになります。

アスパラガスのガーリック炒めと私の定番キャロットサラダが副菜です。

ポークと甘酸っぱいりんごは相性が良く、りんごから作ったシドラと一緒にオーブンでベイクしたポークチョップも美味しく出来ました。

a0127398_211122.jpg

デザートは苺のカスタード。本にはクラフティとありますが、これは小麦粉が全く入らずコーンスターチが大匙1だけで、後は卵と牛乳、ヴァニラエッセンス、砂糖だけですので、苺入りのカスタード、と言った方が近いと思います。

a0127398_2112210.jpg

とても簡単なのに、美味しいデザートです。

尽きないお喋りを楽しみながらの素敵な夕食になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-24 02:12 | レシピ

さよなら(?)サンディエゴオペラ&メキシカンレストラン

4月13日(日)マチネーのマスネー作曲「ドンキホーテ」をもって49年の歴史を持つサンディエゴオペラが、文字通り幕を閉じました。

a0127398_2394683.jpg

オペラファンにとってもメディアにとっても寝耳に水だった3月のこのニュースはアメリカ中のオペラ関係者とファンの中を駆け巡りました。

この何年かでアメリカの多くの中堅のオペラカンパニーが閉鎖されましたが、サンディエゴの場合は全くの突然の決定です。ボード・ダイレクターのあまりに高額なサラリーや存続のための努力が何らなされなかった点など、色々な批判がなされ、最終決定は持ち越されましたが、4月29日までに10億ドルが集まらなければ、閉鎖になるそうです。

サンディエゴオペラを救うための署名運動もあります。匿名で署名することも出来ますので、このサイトを訪れてみて下さい。

昨日の公演はsold out。カーテンコールには舞台に携わったすべての方々がステージに現れました。裏方さんたちもオペラがなくなれば、失職します。

a0127398_240599.jpg

拍手をしながら、もしかしたらこの場所に来ることはもうないのかと思い、涙が出てきました。元々文化に乏しいサンディエゴでオペラの火が消えるのはあまりにも寂しいです。

さて、オペラが終わってから友達と総勢4人、オールドタウンのメキシコ料理のレストラン、El Agaveで夕食をしました。

ここの一階は多種類のテキーラが売られているリカーショップです。一番高いテキーラは2千ドル。お店の方に聞いて、マルガリータに合うテキーラを買ってきました。お値段は19.9ドル。高い物よりマルガリータにはこれが一番美味しいとお店の方の太鼓判です。

a0127398_2405765.jpg

レストランの内部の棚にもリカーの瓶がずらっと並んでいます。

a0127398_2411187.jpg

最初に出て来たコーンチップスとパン、ブラックビーン、トマティヨ、チポトレペッパーのソース、どれも美味。

a0127398_2412977.jpg

前菜は二品頼んで4人でシェアー。一つはケサディヤ(Quesadillas del Pueblo)、4種類の違う中味です。マンチェゴチーズ、マッシュルーム、ローストしたポブラノペッパー、チキンと野菜類。私はマッシュルームでしたが、とても美味しかったです。

a0127398_241447.jpg

もう一つの前菜は海の幸のセヴィチェ。烏賊、タコ、エビ、小さな帆立、トマトなどなど。私が作るのとはやはり違います。一番の違いはマリネの時間の長さのようです。これも美味。

a0127398_2415787.jpg

メインは4人が皆違う物を頼みました。

シーバス(スズキの一種)のチポトレペッパー・ソース。一口もらいましたが、とても美味しかったです。

a0127398_2421194.jpg

チキンとグリーンソース

a0127398_2425447.jpg

ステーキとモレ(moles:メキシコのチョコレートで作ったソース、全く甘くありません。)

a0127398_243922.jpg

私はポブラノペッパーの中にエビや烏賊などのシーフードを詰めてローストしたもの。ソースはクリーム味。これも美味しかったですが、私の好みは友達が頼んだ魚料理。次回はこれをオーダーしましょう。

a0127398_2443291.jpg

三日前にお誕生日を迎えた友達のために小さいけれどバースデーケーキならぬキャラメルカスタードプリン。これは甘すぎて一口も食べられませんでした。

a0127398_2433748.jpg

お店の方々も感じよく、特に一人のウエイトレスさんはおばあさまが日本人ということで、わざわざ私たちの受け持ちでないのに話しかけてくれ、おばあさまの写真も見せてくれました。彼女自身は青い目で、日本人のかけらもありませんが。

このお店はまた訪れたい所。沢山食べてお喋りして、楽しい夕食でした。私は運転手でしたのでアルコールを頂かなかったので、帰ってから早速テキーラを開けて、マルガリータを作りました。

a0127398_2435911.jpg

テキーラ(4/6)、コアントロー(1/6)、ライムジュース(1/6)をシェークして作ります。グラスはライムの切り口で濡らして塩をつけたスノースタイル。

a0127398_2444874.jpg

お店の方のお勧め通り、美味しいマルガリータに仕上がりました。録画しておいた日本のテレビを見ながら、楽しかった週末の夜が更けていきました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-15 02:50 | レストラン

グラブラックスとグレープフルーツ ♪塩の華さんのレシピで♪

毎回美しく美味しそうな料理をお作りになる私の大事な友達のお一人で、フランス、ラロシェルにお住まいの塩の華さん。先日彼女のブログにグラブラックスとグレープフルーツの料理がアップされていました。

見た途端、美味しさを確信しましたので、早速作ってみました。

私のグラブラックスは今回は塩麹を使いました。お刺し身用の鮭(約100G)を1日塩麹(小匙1)でマリネした後、水分を拭き取り、砂糖(小匙1)と塩(小匙1/4)、黒胡椒(少々)、ディルのみじん切り(小匙2)をまぶし、ラップをかぶせ漬け物器で一日締めました。

a0127398_1195381.jpg

最初に塩麹だけでマリネしたのは、和風の昆布締めにしようかと迷っていたからです。

塩の華さんのサイトには詳しいドレッシングの分量が載っていますが、次に書いたのは彼女のレシピを参考にした私のヴァージョンです。

グレープフルーツのジュースに生姜の千切り、オリーブオイル、塩(少々)、胡椒でドレッシングを作り、半量は薄切りにしたフェンネルとその葉っぱを和えて奥に置き、その上に、厚さ3ミリ程の削ぎ切りにしたグラブラックスとセグメントにしたグレープフルーツ(ルビーレッド)と交互に並べました。

ヨーグルトソース(プレーンヨーグルト大匙2、塩、ライムジュース:半個分、オリーブオイル:適宜)をまわりにかけ、思った通りとても美味しい一品になりました。

a0127398_1165089.jpg

グレープフルーツとグラブラックスの相性もさることながら、生姜のドレッシングとヨーグルトのドレッシングの両方がとても合います。塩の華さん、お洒落で素敵なレシピをどうもありがとうございました。

ジューシーなグレープフルーツからは沢山ジュースがとれたので、ネヴァダ・カクテルに。ダークラム(1/3)、グレープフルーツジュース(1/3)、ライムジュース(1/6)、ガムシロップ(1/6)が基本で、シェークして作ります。残っていたグレープフルーツジュースを全部使ったので、この割合が多く、グラスから溢れる程沢山出来てしまいました。

a0127398_117823.jpg

グラブラックスの料理にもとても合う美味しいカクテルです。

もう一品の野菜料理は蕪とスナップエンドウのホイル焼き。

a0127398_1172668.jpg

皮のままの蕪を四つ割りにし、蕪の葉(3−4枚)、スナップエンドウ(6個)、オレンジの皮の千切り(適宜:オーガニックのものを冷凍しておくと便利です)、ミント(3−4枚)、塩、胡椒、オリーブオイルをかけてホイルで包み、200度Cのオーブンで12分焼きました。

a0127398_1174198.jpg

レストランでお昼の後、デザートやカプチーノなど頂き、なかなかお腹が空かなかったのですが、この夕食はすっとお腹に収まりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-02 01:22 | レシピ

パプリカとラズベリーの冷製スープ  8・19・2013

タルトに使ったベリー類が余っているので使い道を考えていて、表題のスープのレシピを見つけました。元のパプリカのスープのレシピが載っている欄外に書かれていたのです。ラズベリーの甘酸っぱさがとても爽やかです。色も深みのある赤になりました。以前作ったパプリカだけのスープと較べると一目瞭然です。

a0127398_2262422.jpg

a0127398_2264684.jpg

ラズベリー(一人分で10個)は裏ごししてピュレにして種を除きます。冷やしたパプリカのスープに加えて、更に1時間ほど冷蔵庫で冷やします。水切りヨーグルトを添えましたが、重いので最初は沈んでしまいました。グラスの淵につけて何とか持ちこたえました。ヨーグルトの上にはピンクペッパーを潰して散らし、最後にラズベリーを丸のまま入れました。

残りのベリー類はサングリアに。何時もは思い立つのが遅いので、果物をワインに漬ける時間が短いのですが、夕べは3時間ほど漬けたので、果物の香りと味がワインに移り、とても美味しくなりました。(ワイン一人分のグラスに小匙2ほどのグランマルニエかコアントローを入れ、果物を入れて3-4時間冷やします。飲む直前に炭酸水で割り、氷を入れます。私は砂糖は入れないほうが好きですが、甘いのが好きな方は粉砂糖を最初に入れて下さい。)

a0127398_227878.jpg

メインは塩麹に漬けてソテーした鮭。日本のスーパーの切り身は薄いので、ちょっと焦げ気味です。ソースはタプナード。大根のグラッセを添えました。

a0127398_2272382.jpg

サラダはロメインレタスにクルトンとペコリーノチーズの摩り下ろし。ディップ用にオリーブオイルとバルサミコ酢、ガーリックがミックスされている市販のものをかけました。

a0127398_2274119.jpg

夕べも夏らしい食卓でした。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-08-20 02:29 | レシピ

仔牛のロシア風ハンバーグ&スイカのカクテル  6・5・2013

数日前の夕食です。買い物に行かず、冷凍庫で眠っていた仔牛のひき肉を使ってパテを作りました。以前にアップしたとばかり思っていたのですが、どこにも見当たらなかったので、下にレシピものせました。

ロシア語でどのように発音するのかは分かりませんが、Bitochkiというのが正式な名前です。日本風のハンバーグと同じようにパン粉を牛乳に浸したもの、玉葱のみじん切りが入ります。そのほかはガーリックとパセリのみじん切り。普通のハンバーグとの一番の違いは焼かずに蒸すことでしょう。従って、とてもさっぱりしたハンバーグになります。

a0127398_2524834.jpg

そして、ソースがロシア風らしくマッシュルームとヨーグルト、ホースラディッシュです。ホースラディッシュがなかったので、練りわさびを入れてみました。ピリッとしてほんのりわさびの香りもし、ホースラディッシュは西洋わさびとも言いますから、良い代用になりました。

付け合せはセロリと人参をバターを入れて蒸し煮にしたものです。

サラダはオレンジとチェリートマト、サラダグリーンとバジルです。ドレッシングは簡素にざくろのバルサミコとオリーブオイル、少量の塩です。

a0127398_253729.jpg

アフターディナーに切ったまま残っているスイカを使ってカクテルを作りました。焼酎1/3、梅酒1/3、スイカのジュース1/3、レモンジュース小匙1をシェークして作ります。適度な甘味と酸味があり、とても爽やかなおいしいカクテルです。梅雨の鬱陶しい日や暑い日にぴったりです。

a0127398_2532056.jpg


仔牛のロシア風ハンバーグ
レシピ:Jacques Pepin’s Table参考
材料(4人分)

食パン 薄切り3枚
牛乳 125ml
玉葱  みじん切り 1/3カップ
ガーリック  みじん切り小匙1/2
パセリ  みじん切り  大匙3
黒胡椒  小匙1/4
塩  小匙1/2
仔牛のひき肉  450g

ヨーグルトのソース
オリーブオイル  大匙1
玉葱  みじん切り  大匙2
マッシュルーム  薄切り 110g
チキンストック  65ml
ホースラディッシュ  大匙1 (私は練りわさびを使いました)
プレーンヨーグルト  250ml
塩 適宜
黒胡椒 適宜
香菜 みじん切り  大匙2

1.パン粉を作り、牛乳に浸す。玉葱、ガーリック、パセリ、塩胡椒、仔牛のひき肉を加えてよく混ぜ合わせ、四つのハンバーグ型に形を整える。(2-2.5センチの厚さにする。)蒸し器に入る皿に移す。

2.湯気の立った蒸し器で10分蒸す。蒸し器から取り出し室温にする。

3.フライパンを熱しオイルを入れ、玉葱を加え1分ソテーし、マッシュルームを加えて20秒ソテーする。チキンストックを加えて2分煮ル。残りの材料を加え、弱火で煮る。沸騰しないように気をつける。(沸騰すると分離する。)

4.パテを皿にのせ、ソースをかけ、香菜を振りかけてサーヴする。










ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-06-06 02:54 | レシピ

野菜中心の和食四品  1・28・2013

和食レストランの屋外でのイベントに頼まれていた合唱団ですが、天気が悪いという予報で前日にドタキャン。朝のうちは如何にも泣き出しそうな空だったのですが、その前二日間で雨は降りつくしたのか、段々青空が広がり始め、予定だった午後1時には太陽が頭上に輝いていました。あーあ。

急に暇になり、しかもイベントの後は皆で夕ご飯を食べる予定でしたので、何も買い置きがなく、ニジヤさんへ出かけてみました。

さっぱりと、野菜中心のメニューになりました。ハマチのお刺身は塩麹で4時間ほどマリネし、湯がいたほうれん草と共に酢の物に。出し汁、酢、酒、醤油の二杯酢に近いものです。今回は煮きらないで日本酒を入れました。写真は酢をまだかけていない状態です。

a0127398_363993.jpg

大根の葉っぱは湯がいてみじん切り、塩だけの調味です。ご飯にかけても美味しいです。これは昔母が良く作ったものでした。

長芋は1.5センチの厚さに切ってからサラダオイルで両面ソテーし、醤油を振りかけただけの簡単料理ですが、ほくほくしてこれが以外に美味しいのです。

そしてけんちん汁。大根、人参、里芋、こんにゃくの代わりに残り物の白滝、油揚げ、牛蒡。葛粉でとろみをつけ、最後にしょうがの擂りおろしを止めに。

a0127398_3743.jpg

一昨日作ったカクテル、ヨコハマ。ジン1/3、ウオッカ1/6、オレンジジュース1/3、グレナディンシロップ1/6、アニゼット(1ダッシュ)をシェークして作ります。手元がくるってグレナディンシロップが少し多めに入ってしまったので、かなり甘くなってしまいました。カクテルは配合を少し間違えただけで全く違うものになるので、難しいです。

a0127398_372682.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-29 03:11 | レシピ

鮭の粕汁とカクテル三種  12・27・2012

クリスマスの洋風のご馳走の後はやはり和食が恋しくなります。野菜たっぷりで体が芯から温まる粕汁を作りました。

大根はいちょう切り、人参は小口、ごぼうはねじり切りにして水にさらし、蓮根は半月切りにして酢水につけ、こんにゃくはちぎって、里芋は乱切り、それぞれさっと湯がいておきます。鮭は一口大に切って塩を振り5分ほどおき熱湯をかけて臭みを取ります。

鰹の出し汁で湯がいた野菜類を茹で、鮭を加えます。一方酒粕は少量の酒と出し汁で柔らかにしてすり鉢ですりながらのばします。最近の柔らかな酒粕はのばすのが簡単で便利です。鮭が煮えたらのばした酒粕を少しずつ加え、最後に赤味噌で調味します。お味噌でなくおしょうゆでも良いです。

a0127398_3341995.jpg

今回は入れませんでしたが、ちくわや油揚げを入れても美味しいです。最後に青味の葱を散らして出来上がり。フーフー言いながらいただく粕汁。お酒臭くて子どもの頃は嫌いだった娘も今では大好きになりました。

a0127398_3343846.jpg

お友達の庭で採れた小松菜の辛子醤油和えを添えて。

a0127398_3345644.jpg

さて、アメリカでは大晦日はあちこちで人が集まり最後のカウントダウンをしながらシャンペンでお祝いすることが多いようです。最近はカウントダウンまで起きていることもなくなりましたが、1年の終わりを感謝し新たな年への期待をこめて、我が家でもシャンペンでお祝いします。でも、時にはゆっくりカクテルを味わいながら、しみじみゆく年くる年をお祝いするのも良いかもしれません。

それで、最近作って美味しかったカクテルを三種類ご紹介します。

以前にもアップしたことがありますが、緑色がきれいなグラスホッパー。クレーム・ド・カカオ(白)1/2、クレーム・ド・ミント1/4、生クリーム1/4をシェークして作ります。生クリームが入るのでアフターディナーにも最適です。

a0127398_3352170.jpg

ニューヨークのマンハッタンに落ちる夕日をイメージして作られたというウィスキーベースのマンハッタン。ライウィスキー4/5、スィートベルモット1/5、マラスキーノチェリー1個、レモンピール(レモンの皮の薄切りを折ってレモンオイルを最後に振りかける)。これはステアーして作ります。

a0127398_3353652.jpg

バカルディ社が作ったラムベースのその名もバカルディ。バカルディラム・ホワイト3/4、フレッシュライムジュース1/4、グレナディンシロップ 小匙1、シュガーシロップ小匙1をシェークして作ります。とてもきれいなピンク色に仕上がります。

a0127398_3355233.jpg

もちろんクリスマスイヴにアップしたカクテル、ブロンクスもとても美味しいカクテルです。大人の集まりにカクテルで色を添えるのも一興かもしれません。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-12-28 03:41 | レシピ