やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:サンディエゴ ( 100 ) タグの人気記事

一月のサンディエゴの海岸&ライオンズヘッド・ミートボール

日本でもアメリカでも多くの地域が雪に悩まされているというのに、サンディエゴは5日から急に暖かくなりました。6日はまるで初夏のような陽気で、背中に当たる日差しが痛いくらいでした。

海岸のすぐそばにある郵便局に行ったついでに、海を見に行きました。

a0127398_341612.jpg

a0127398_352546.jpg

ホリデーの名残か、冬にしては多くの人が。サーフィンのクラスでしょうか、サーファーも沢山います。

a0127398_343773.jpg

水着になって寛ぐ人も。

a0127398_353833.jpg

ほぼ一年中咲いているアイスプラント。この景色はとても冬とは思えません。

a0127398_355257.jpg

娘夫婦がいつ帰るのか確かでなかったので、予備に買っておいた食材で冷蔵庫は満員。お節で残った食材もあるので、これらを使って夕べはライオンズ・ヘッド・ミートボール。

鶏ひき団子のお鍋にしようと買ってあった鶏ひき肉とラーメンに入れようと買ってあった豚ひき肉と慈姑と葱のみじん切りを入れて大きなお団子に。

a0127398_362126.jpg

友達から頂いた自家製青梗菜、生椎茸、残り物の筍も入れて。本当は干し椎茸の方が味がでますし、青梗菜でなく白菜でも良いのです。(詳しいレシピは以前のサイトをご覧下さい。)

a0127398_363913.jpg

白菜でも青梗菜でもライオンの鬣のように長いまま入れます。自家製のチキンストックで、美味しいスープになりました。

今朝9時のうろこ雲。明日から天気が悪くなるのでしょうか?

a0127398_365777.jpg

a0127398_371146.jpg




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-08 03:09 | レシピ

12月のサンディエゴの海&手巻き寿司

20日に娘夫婦がサンフランシスコからやって来ました。クリスマスを私と一緒に過ごすことの他に彼らのもう一つの目的はサーフィン。最近サーフィンを始めた彼らにとってサンフランシスコより暖かなサンディエゴでサーフィンが出来ることはとても嬉しいこと。

合唱のメンバーでサーフィンをする人たちと一緒に私も海岸を訪れました。昨日の日曜日は大潮と重なって波は頭上を超える高さの波で、サーファーにとっては絶好の条件。

a0127398_3251427.jpg

駐車場から眺めると沢山のサーファー達がいました。

a0127398_3253245.jpg

こんなに長い階段を下って海岸に降りていきます。正に行きはよいよい、帰りは。。。です。

a0127398_3255459.jpg

この日は風もなく穏やかで、長袖のTシャツ一枚でコーヒーを飲みながらゆっくり見物できました。

a0127398_326987.jpg

殆どのサーファーが黒いウエットスーツに白いボード。沖へ行ってしまえば誰が誰だか分かりません。ただ、なれてくるとボードの上の立ち方に個性があるので、誰が乗っているのか遠くからでも分かるのだそうです。

a0127398_3263359.jpg

2時間近く楽しんだあと、夕食は手巻き寿司。お寿司大好きな娘夫婦が来たときには欠かせない献立です。クリスマス前だからか、良いネタが揃いとても美味しい手巻きでした。

a0127398_3265658.jpg

上から左方向へ順番に、マグロの赤身、鮃、中トロ、ミル貝。真ん中が赤海老のお刺し身。そして目玉商品だったウニとイクラ。

a0127398_327869.jpg

こんなにおいしい手巻きは始めてと娘夫婦も喜んでくれ、お皿の上はきれいに無くなりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-12-23 03:28 | サンディエゴ

気軽に入れるビストロとクレープのお店

外ご飯が大好きな仲間が集まって、サンディエゴのお洒落なエリア、ヒルクレスト(Hillcrest)にあるビストロ、Bino'sへ夕ご飯を食べにいきました。

モール内にあるので駐車も簡単です。このエリアを訪れるとき、駐車場が有るかどうかは大事なポイントです。路上駐車しかない所も沢山ありますので。

さて、タパスを二皿頼んで皆でシェアー。アメリカではどのお店も皿数のトータルが人数分以上あれば、シェアーをするのは何の問題もありません。
店内が暗いのとテーブルの色が赤っぽいので、かなり修正したものの良い写真ではありませんが(勿論腕の問題もあります。)悪しからず。

a0127398_226379.jpg

下から胡瓜、胡麻のクラストのアヒ(ハワイのマグロ)をシアー(表面だけを軽くソテー)したもの、ピーマン。

a0127398_226519.jpg

ブルスケッタ。ブリチーズとりんごとナッツ、ゴートチーズと松の実とハニーの二種類。

二つともなかなか美味しかったです。但し、パンだけは合格点には遠いですが。

a0127398_227927.jpg

私は珍しくポークのベイビーバックリブのBBQ。お肉が骨からホロホロと崩れるほどの柔らかさで、とても美味しかったです。但し、アメリカ的にソースが甘め。最初は半分も食べられるかしらと思ったのですが、1本を残しただけで殆ど食べました。デザートのために1本分お腹を空けておきました。

a0127398_2272741.jpg

友達が頼んだ、ハンバーガー。牧草で育った牛肉の質が良く焼け具合(ミディアムレー)も完璧でとても美味しかったそうです。

a0127398_2274274.jpg

他の友達が選んだラック・オブ・ラム。

a0127398_227532.jpg

ポーク・メダリオン。

ここはどれもお肉の質が良く、皆さん美味しく召し上がったようです。

グリーンサラダもつきましたが、これは何の変哲もないので写真はカット。オレンジと山葵のドレッシングもパンチがなく、つまり山葵の香りがあまりせず、ちょっと残念でした。

お腹一杯になったのですが、クレープ屋さんでもあるこのお店のクレープを食べてみたくなりました。

a0127398_2281654.jpg

という訳で、デザートはクレープシュゼット。一つだけ頼み3人でシェアー、と言いながら私がほぼ半分食べましたが。

悪くはありませんでしたが、クレープというよりは薄いパンケーキ。オレンジの味はしましたが、グランマルニエの香りが殆どせず、デザートというよりはおやつでした。

サンディエゴのビストロとしては平均より上ですが、サンフランシスコやヨーロッパと較べると洗練さとはちょっと遠く。。。

でも、フレンドリーなウエーターさん、気軽に入れる雰囲気、友達とワイワイお喋りしながらの夕食。とても楽しいひとときでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-12-08 02:30 | レストラン

中東料理のレストラン Darband 5th Avenue Grill

久しぶりにシンフォニーを聴きたいと思い、友達と連れ立って日曜のマチネーに行ってきました。

2時からのコンサートの前にまずはランチです。日曜のお昼、しかもコンサートホールに近い所というとお店は限られてしまいます。アメリカの口コミサイト、yelpで見つけた中東料理のお店、Darband 5th Avenue Grillへ。

12時になっていないので、私たちが一番乗り。セルフサーヴィスでお茶を入れるカジュアルな所です。

お店の主人らしいおじさんにお薦めを聞いて頼んだものは、

ラディッシュ、ライム、セラノ(唐辛子)、バターが載ったお皿にヨーグルトのディップ。ライムは後から出てくるケバブ用。

a0127398_2421048.jpg

前菜はローストした茄子のピュレにヨーグルト、くるみ、玉葱とローストしたミント。もっと素敵に出て来たのですが、おじさんが、これはこうやってかき混ぜて食べるの、と写真を撮る前にかき混ぜてしまいました。

a0127398_2422844.jpg

ローストしたミント。確かに色が黒い。オーブンでローストしたのでしょうか?ほのかに香るミント。フレッシュなものより自己主張が強くありません。

メインは3本のケバブ。左からサーロインのひき肉、鶏肉、牛肉(サーロイン)、そしてお野菜。

a0127398_2424131.jpg

どれも美味しかったけれど、一番は鶏肉。柔らかでジューシーで。どうしてこんなに柔らかなの?ときくと、若鶏を使って、フルーツと玉葱と塩で一晩マリネしたから。でも後は秘密ね、と。

バスマティ・ライスも何の味か白い方にもほのかな風味が。

12時半を過ぎると徐々にお客さんがやって来て、1時にはほぼ80%の入り。ほとんどが中東系の男性で、女性は私たち二人と白人男性のお連れの方、計3人だけ。

日本食大好き、弟が日本に住んでいるから日本にも行ったことがあるという話好きなおじさん。親切に色々教えてくれました。一皿ずつ頼んで二人で分ければ丁度良いよ、と言われましたので、二人分で〆て30ドル。かなりお値打ちでした。

後でメニューを見たらデザートも美味しそう。甘いかもしれませんが、次はデザートも試したいと思いました。

こんなにお腹一杯食べたらコンサートでは寝てしまわないかと心配しましたが、ピアニストのエネルギッシュな演奏と良いプログラムのお陰で、楽しいときを過ごしました。

プログラムは事前に知らされていたものとは少し違い、

ラヴェルの「La Valses, poeme choregraphique」
サンサーンス 「ピアノ協奏曲 No. 5, Egyptian」
シベリウス 「シンフォニー 第1番」

ピアニストはLouis Lortie、指揮はJahjia Ling、サンディエゴ シンフォニーでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-18 02:51 | レストラン

ラ・ホヤのフレンチ タプナード

私と誕生日が一日違いの友達とのお祝いランチを、いつものお料理仲間4人で開きました。場所は昨年訪れて気に入ったラ・ホヤのフレンチレストラン、タプナード

a0127398_2461373.jpg

ラ・ホヤ(La Jolla)は海に面した洒落た街として名高い観光地です。景色の良いレストランも沢山ありますが、タプナードは全く景色は望めませんが質の良い料理を提供します。

a0127398_24627100.jpg

店内は幾分レトロな落ち着いた雰囲気です。

a0127398_2464476.jpg

ここの店名にもなっているタプナードがバゲットと一緒に。塩加減も程よく美味しいタプナードです。

a0127398_2465742.jpg

前菜として私を含む3人が選んだじゃが芋とポロ葱のスープ。昨年は南瓜とスクワッシュのスープでした。今回も美味しかったのですが、去年の方がサプライズでした。

a0127398_2471179.jpg

後のお一人はグリーンサラダ。

メインは友達の一人と私は今日のスペシャルのリゾットと鴨。リゾットの上にかかっているデミグラスソースがとても美味しい。リゾットと一緒に煮てある野菜(ルッコラ?)もたっぷりで、なかなか良いアクセント。鴨はちょっとパサついていて、まぁまぁ。

a0127398_2474585.jpg

後のお二方はコッカーヴァン(鶏肉の赤ワイン煮込み)。これは去年食べましたので。

a0127398_248154.jpg

デザートは友達と私はグランマルニエのアイスクリーム・パフ。出て来たときは全部食べられるかしら、と一瞬心配しましたが、ほとんどがアイスクリームなので軽くクリアー。チョコレートもビターが使われていたので甘さも程よくとても美味しかったです。

a0127398_2482159.jpg

もう一人が頼んだクレーム・ビュルレー。結構濃厚だったらしいですが美味しかったそうです。

a0127398_2483355.jpg

後のお一人はベリー類のメルバ。一番甘くないデザートは?と聞いた彼女。ウエーターさんは、デザートだから甘くないものは。。。と返答に困りながら、これを薦めたのでした。

a0127398_2484557.jpg

サーヴィスが遅かったのを除けば、サンディエゴにしてはかなり美味しい部類に入る良いレストランです。

お喋りしながら2時間以上もかけてランチをし、その後街の中のお店を少しばかりひやかし、我家へ寄ってカプチーノを飲みながらまたお喋り三昧。

この仲間、一月に一回は会っていますがお喋りは尽きることがありません。沢山お喋りし、沢山笑って、本当に楽しいひとときでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-16 02:55 | レストラン

サンディエゴも秋 & 柿アイスクリーム

一年中寒暖の差があまりない地中海気候のサンディエゴにも秋はやってきます。

でも、咲いている花だけを見ていたらどの季節なのか分かりません。

a0127398_205988.jpg

ハイビスカスも朝顔も一年中咲いていますが、バード・オブ・パラダイスは秋から冬の花。

a0127398_211661.jpg

柑橘類もこれから色づいて美味しくなります。

a0127398_213012.jpg

楓もちゃんと紅葉して実がなっています。

a0127398_214347.jpg

ご近所を歩いていて、一番秋を感じるのは家の前のハロウィン・ディスプレー。

a0127398_22779.jpg

a0127398_22433.jpg

今年はいささか飾り付けがおとなしいようです。

a0127398_23179.jpg

a0127398_233484.jpg

さて、先日友達から頂いた御所柿の一つが大分柔らかだったので、アイスクリームにしました。と言っても出来合いのバニラアイスクリームと一緒にフードプロセッサーにかけるだけ。ラム酒を入れてもう一度冷凍庫で固まらせるだけのお手軽アイスです。(アイスクリームが溶けないように10秒以下の撹拌で大丈夫です。)

a0127398_235433.jpg

固めの柿は角切りにして石榴と一緒にラム酒に漬けて飾りに。柿の味たっぷりの秋ならではのアイスクリーム。簡単ですが美味しいのでお試しください。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-22 02:06 | 季節

こじんまりして美味しいフレンチ・La Bonne Table

「地球交響曲第1番」の無料上映会に行く前に、女友達と二人、夕食を食べにいきました。

友達の家から歩いて2分のこじんまりとしたビストロ風のお店、La Bonne Tableはパリ出身のオーナー兼シェフがこの3月に開いたばかりです。出迎えてくれたのはハワイ出身の日系人マネージャー。

a0127398_1455339.jpg

4時から開いていますが、4時半に着いた私たちは一番乗り。気取らない、感じの良い店内と丁寧な日本語の応対で、お料理にも期待がもてます。

a0127398_1461876.jpg

熱々のパンも美味しくて、ついつい後を考えずに食べてしまいました。

a0127398_147151.jpg

前菜はフリッセ(カーリー・エンダイブ)のサラダを二人でシェアー。予め一人ずつに分けて、ドレッシングも別に持って来てくれました。黄色い花が可愛らしい。ローストしたアーモンドが香ばしく、ゴートチーズをのせてグリルしたバゲットと共にとても美味しいサラダでした。

a0127398_1471686.jpg

メインは二人ともブイヤーベース。これが人気があるらしいの、という言う友達の言葉通り、とても美味しかったです。新鮮な鱈、ムール貝、アサリ、蛤、海老、ロブスターのハサミ。塩加減も抜群。私は最後の一滴まで飲み干しました。

a0127398_1472947.jpg

かなりお腹が一杯になりましたが、デザートも試してみたく、マネージャーさんに一番甘くないのはどれですか?ときくと、日本人の舌には「クレーム・ビュルレー」が良いのでは、というお答え。

仰る通り、甘さも丁度良く、美味しいクレーム・ビュルレーでした。

ダウンタウンにほど近いHillcrestという場所は沢山のレストランがあるお洒落な街です。私たちが食べ終わった5時半すぎには、少し着飾ったお客さん達でテーブルはほぼ埋まっていました。

メニューの数は多くありませんが、ここのお料理は全制覇してみたくなるようなお店です。

映画もとても良かったですし、友達と素敵な週末の夕べを過ごし、幸せな気分になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-20 01:50 | レストラン

カリフォルニア料理のレストラン

8月の例の仲間のミーティングはサンディエゴの少し内陸のEscondidoにあるレストランでのランチでした。

レクサスのディーラーの大きな建物の3階にあるVintanaというカリフォルニア料理のお店です。隣にはレクサスのショールーム。

a0127398_264147.jpg

ガラス張りの明るい店内はちょっと洒落た雰囲気です。頼んだお水には胡瓜の輪切りが。レモンでもライムでもなくユニークです。しっかり胡瓜の香りと味がします。さっぱりとした感じで、悪くありません。
a0127398_263969.jpg

11時半の開店と同時に入った私たち。一番乗りだったのですが、次第に混み始め、12時半には外のテラスを含めほぼ満席状態でした。

私が頼んだロブスタービスク。熱いから気をつけて下さい、と言われた割りには熱くありませんでしたが、まずまずの出来。

a0127398_2644100.jpg

メインは今日のスペシャル、ハリバット(オヒョウ)のグリル。赤味噌のソースが日本的で、プレーンのリゾットも塩辛くなく、美味しかったです。中の緑はほうれん草。

a0127398_275348.jpg

友達が頼んだステーキのサラダ

a0127398_272130.jpg

隣に座った友達はシーザーサラダに鮭のグリル。鮭を一口もらいましたが、熱々で美味しかったです。サラダに熱々のソテー、なかなか良い組み合わせでした。パンにはレバーペーストが塗ってあったそうです。

a0127398_275485.jpg

3人の友達が頼んだシーフードサラダ。私はこれにするか最後まで迷っていたのですが、温かなものが食べたくてサラダは敬遠してしまったのですが、これが、何と温かなシーフード。とっても美味しかったそうで、これにすれば良かったと少し後悔しました。

a0127398_275663.jpg

食事も美味しく、雰囲気も良く、サーヴィスも良くと三拍子そろった、サンディエゴには珍しく良いレストランで、皆満足して店を出ました。

食事の後はホスト役の家に集まり、デザートを食べながらのミーティング。折角ホスト役の友達が作ったマンゴープリンとフルーツサラダの写真を撮り忘れ大失敗。

いつものように情報交換やお喋りで、とても楽しい一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-25 02:14 | レストラン

アフガニスタン料理のレストラン&ブルーベリー摘み

サンディエゴの北北東にテメキュラ(Temecula)という街があります。カリフォルニアの中ではマイナーですが、サンディエゴ近辺としてはワイナリーがあることで有名です。

このテメキュラの街はワインの他にもオリーブオイルやベリー類も名物です。5月から6月にかけてブルーベリー摘みが出来るというので、友達と三人で行ってきました。

我が家から車で約1時間の距離ですから、どうせならランチもそこで頂きましょうと調べると、アフガニスタン料理のレストランが人気のあることが分かりました。

a0127398_1342839.jpg

パミール・カボブハウス。店内はちょっとキッチュな雰囲気。子供の民族衣装が可愛いですね。

a0127398_1344172.jpg

まずは前菜二皿を三人で分けます。

ボルタ(Borta)。ベイクした茄子、タヒニ、ガーリック、レモン、ヨーグルトのペーストを温かなピタにつけて頂きます。カエンヌペッパーのピリッとした辛さがアクセントになって、とても美味しい。

a0127398_1345463.jpg

ドルマ(Dulma)。葡萄の葉には何かの穀物(お店の方に聞いたのですが、穀物とだけで、何の穀物かは教えてくれませんでした。)が包んであり、ヨーグルトソースにつけて頂きます。葡萄の葉っぱが美味しく、もしかしたら、ワイナリーの街ですから、葡萄の葉っぱもこの店の自家製かもしれません。

メインは三種類を三人でシェアー。牛肉、鶏肉のシシケバブ(アフガニスタンではシシカボブ:Shisi Kabob)と海老のタンドーリ。スーマックが沢山振りかけられています。

a0127398_1355073.jpg

a0127398_136202.jpg

特にチキンが柔らかで一番美味しかったです。ついて来たソースにつけて食べるのですが、このソースが美味しく、何が入っているか聞いてみました。

a0127398_1363120.jpg

それによると、香菜、ハラペニョ、後は秘密ということでした。私たちの舌では、その他にはエシャロット、赤唐辛子、酢(普通のヴィネガー)、塩は分かりましたが、とても複雑な味ですべては分かりかねました。

付け合わせはバスマティライス二種。プレインと炒めたものと。炒めてある方が美味しかったです。後はくたくたに煮た(冷凍のような)ほうれん草。

皆アフガニスタン料理は始めてでしたが、中東料理の様でありながら、それとも微妙に違い、それほどスパイシーでもなく、美味しかったです。

さて、エネルギーを補給した後はいよいよブルーベリー摘みへ。

ここは内陸ですから、サンディエゴより気温は高く、恐らく午後1時過ぎは30度近くあったと思われます。気温が高いのもさることながら、日差しの強さが半端でありません。

a0127398_1375175.jpg

日焼け対策に長袖、帽子、サングラスですが、時々クラッとする程の暑さです。

a0127398_138469.jpg

木によって甘いもの、やや酸っぱいものがあり、最初は味見しながら摘んでいたものの、途中からそんなことをする気力もなくなり、熟れている枝からしごくように採りました。でも、うまいことにまだ緑色の熟れていない実はしごいても枝についたままなのです。

a0127398_1381365.jpg

それでも皆頑張って1時間近く、私は1.5キロ程の収穫でした。しめて、20ドル。(一つだけ逆さまに撮ってしまいました。相変わらずドジな私です。)

a0127398_138316.jpg

特に選んで採らなくとも、とても甘く美味しいブルーべリーです。さて、これで何を作りましょう。楽しみです。

a0127398_138435.jpg




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-05-30 01:41 | レストラン

赤蕪の即席千枚漬け&絹さやの炒め物

山火事が起きてから四日目の朝を迎えました。鎮火した箇所もありますが、未だに燃え続けている所、新たに火事が発生した所もあります。16日の今日は気温も幾分下がりそうで、このまま沈静化してくれればと願っています。

16日、金曜の朝9時頃我が家の近くからみた火事の煙。

a0127398_1305329.jpg

頭上は青空ですが、煙の帯が広範囲に渡っています。

a0127398_131536.jpg

今日は1週間程前に作った赤蕪の即席千枚漬けをご紹介します。色もきれいで、しかも美味しく、保存もききます。普通の蕪でも出来ますが、赤蕪で作るときれいな色に仕上がります。

赤蕪は皮だけが赤く中は白いので皮はむきません。普通の蕪も柔らかければ皮をむく必要はないでしょう。スライサーで茎を持って丸い形にスライスします。(くれぐれも指をスライスしないようにお気をつけ下さい。)

蕪の重さの約1%の塩を振ってかき混ぜ、漬け物器で約2時間漬けます。水が上がって来たら軽く絞って、昆布(適当に切る)、酢(蕪1キロに対して大匙2)、みりん(蕪1キロに対して大匙3)、砂糖(蕪1キロに対して大匙1)、あれば柚子の汁と皮(適宜)を混ぜたものをかけて更に漬け物器で漬けます。(婦人之友社編集「おいしい漬物」を参考)

a0127398_1313167.jpg

私は柚子がないのでレモンを代わりに使いました。一晩冷蔵庫に入れておいたら、きれいなピンク色に仕上がりました。

今時の柔らかな絹さやは筋を取る必要もありません。洗ったらそのままサラダオイルでしゃっきり炒めます。火を止めて醤油をジャッとかけ、削り節をかけて頂きます。

a0127398_1315848.jpg

簡単ですが、旬の絹さやならではの美味しさです。

a0127398_132204.jpg

この日のメインは鰈のソテー。表面をカリッと仕上げ、大根おろしとレモンで頂きました。

a0127398_1323297.jpg

山火事はまだまだ気が抜けませんが、この週末の気温の低下でこれ以上の被害がでないことを祈るばかりです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-05-17 01:36 | レシピ