やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スペイン料理 ( 52 ) タグの人気記事

白アスパラガスの冷製スープ

季節外れの白いアスパラガスをスーパーで見つけました。季節が逆のペルー産です。つい買ってしまったものの、あまり新鮮でなかったのでスープにしました。この時期のスープと言ったら、やはり冷製です。

a0127398_261454.jpg

玉葱(1/4個)のみじん切りをバター(小匙1)で良く炒め、皮(捨てないで下さい。)をむいて2センチに切ったアスパラ(10本)を炒めます。水400mlに茅の舎の野菜だしパックを一つ、お茶パックに入れた皮、胡椒を入れて、アスパラが柔らかになるまで煮ます。

a0127398_263742.jpg

出しパックと皮と幾つかの穂先を取り出し、冷めてからミキサーで撹拌。ピュレにしても粒粒が残るようにしてもお好みで。出しパックに塩味がありますから、私は塩を入れませんが、これもお好みで。冷蔵庫か氷水の入ったボウルでしっかり冷やしてから、最後に冷たい生クリームを100ml(半カップ)程入れてかき混ぜて出来上がり。(これでほぼ二人分です。)

穂先をトッピングにしましたが、重いので沈んでしまいました。パセリの葉っぱも半分は沈みました。カクテルグラスに入れましたが、トロッとしているのでスプーンで頂いた方が良いでしょう。

a0127398_265389.jpg

メインは海老のシェリー酒炒め。フロリダ、キーウエストから来た大きなピンクの海老はプリプリして美味しかったです。

a0127398_27773.jpg

副菜はチョリソとマッシュルームの炒め物。本来はベーコンを使うのですが、チョリソも味が出て、こちらの方が好みです。

a0127398_271973.jpg

サラダはスーパーでもお手頃な値段になって来た無花果(縦半分に切ってヴィンコットをたらして5−6分ロースト)と鉢植えからソレルとレモンバーム、ブルーチーズ(Saint Agur)、ローストしたカシューナッツ。

チーズの塩気とヴィンコットで、他に調味は何もいりません。

a0127398_273915.jpg

最近アルコールは控えている私ですが、この日ばかりは金曜日だし、という言い訳をしながら、小さいグラスに1杯、冷えた白ワインを頂きました。

スープがお腹に貯まって、お腹一杯。どれも食べきれなかったので、今日のお昼もまた楽しみです。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-09 02:10 | レシピ

海老のガーリック炒め

金曜日に買ったハーブの苗、8種類を鉢植えに植えつけたら、もうこれ以上は何もしたくない程、腰が疲れてしまいました。周りをきれいにする余裕がなかったので、写真も撮りません。

家庭菜園をなさっている方、本当に尊敬します。ガーデニングはとても大変です。

一休みすれば、早夕食の時間です。

冷えた白ワインが飲みたくて、買ってあった海老でスペイン風ガーリック炒め。以前もアップしたことがありますが、冷凍したものを解凍して売られている海老は疲れ切っているので(このときの私みたい)、元気を取り戻してあげることが必要です。

殻を剥いて背腸を取ったら、海水くらいの塩水で何回かもむようにします。水が灰色に濁ります。そして、真水で濁りが無くなるまですすぎます。ペーパータオルで水分をしっかり拭いてから料理します。

面倒なようですが、このようにした海老は冷凍したものでもプリプリが戻ります。この方法はタイ料理のKasma Loha-Unchitさんの本で教わりました。

a0127398_155245.jpg

さて、種を抜いた鷹の爪(1本)、ローリエ(2枚)、玉葱のみじん切り(大匙1ー2)、ガーリック(皮付きのまま潰して4ー5個)をオリーブオイルで良く炒めます(約5ー6分)。水分を拭き取った海老を加えて炒め、塩胡椒、最後にパセリのみじん切りを散らし、レモンを搾って頂きます。

a0127398_1553832.jpg

副菜はチョリソーとじゃが芋の炒め煮。親指程の大きさのフィンガーポテトは皮付きのまま。ちょっと焼き過ぎてしまいましたが、チョリーソーの味がじゃが芋に沁み込んでおいしい一品です。

a0127398_1555060.jpg

サラダは珍しく美味しかった苺とカラフルなチェリートマト、ソレル、植えたばかりのレモンバームを少しばかり、チーズ(ゴルゴンザーラ)、胡桃。ドレッシングはヴィンコットヴィネガーをかけました。

a0127398_156764.jpg

疲れた身体を元気にするには、私の場合はワインをグラスに1杯(?)程。ご馳走さまでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-04-07 01:57 | レシピ

ポークチョップとりんごのシードル煮

スペイン生まれのsidra、(シードル;りんごの発泡酒、アメリカではハードサイダー)を買って来たのはもう何ヶ月も前のこと。料理に使おうと思いながら、いつの間にか忘れていました。

夕べはやっと日の目を見させてあげました。レシピは以前ものせたことがありますので、そちらを参考にして頂きますが、今回はオーブンを使うのが面倒で、ルクルーゼで煮込みました。

a0127398_248575.jpg

副菜のブロッコリは茹でずに、生のままオリーブオイルで種を取った鷹の爪とオレンジのゼストと一緒に白ワインを振りかけながらソテーしたものです。大匙1ほどの白ワインを振りかけ、蒸発したら次の一匙、という具合に、大体大匙3ほど使いました。調味は塩胡椒ですが、オレンジの香りが良く、シャキシャキしたブロッコリが美味しいです。

a0127398_2482179.jpg

サラダはスイートオニオン、ワラワラとトマトとセロリの葉っぱ。リンゴ酢と少量の砂糖を入れたドレッシングです。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-02-28 02:50 | レシピ

asuさんのチョリソとじゃが芋のスープ (パタタス ア ラ リオハナ)

スペインのクエンカにお住まいのasuさんからまたまた美味しいスープのレシピをお借りしました。

玉葱、ピーマン,チョリソ、じゃが芋、ピミエント、ガーリック、そしてたっぷりのパプリカ粉(本当はチョリセロという乾燥パプリカを使うようです)が入った実だくさんのスープです。

a0127398_321351.jpg

チョリソから味が出てとても美味しいスープです。オリーブオイルで野菜やチョリソを炒めた後,水を加えて煮込みます。(私はホワイトアスパラガスを茹でた汁を使いました。)

皮をむいたガーリックを丸のまま入れて,柔らかになったら潰して混ぜる方法もスペインらしく、ガーリックの香りが前面に出ず,それでいてコクのある仕上がりになります。asuさん,美味しいレシピをありがとうございました。

このスープに合わせたのが蛸とホワイトアスパラガス。

蛸はバスク地方で頂いたピンチョスを真似した物で,前日に残った蛸を波切りにして串に刺し,オリーブオイルで片面5秒ずつ炒めて,スパニッシュ・パプリカ粉を振りかけました。

a0127398_331285.jpg

ホワイトアスパラガスは根元1センチを切り,先っぽ2センチを残して皮をむきます。(先から根元に向かってピーラーで厚めに剥きます。)切り落とした根元と皮、塩、レモン汁を煮立ったお湯に入れて2ー3分煮出します。そこへアスパラを束にして持ち,根元を10秒位茹でてから全てを放して茹でます。

茹で加減はお好みですが,シャキシャキ感が残る方が好きですので,およそ2ー3分。火を止めてそのまま鍋の中で冷まします。汁はスープに使えます。(煮出した後の根元と皮は捨てます。)

この茹で方は札幌のチーズショップ、チーズマーケットのホームページからお借りしました。

このようにして茹でたホワイトアスパラガス,このままでも美味しいのですが,この日はオリーブオイルをかけました。

a0127398_333049.jpg

ちなみにアスパラの横のグリーンは友達から頂いたセロリの葉っぱです。若い葉っぱは柔らかで,ツーンとセロリの香りがしました。

一人ご飯ですが,ワインと一緒に少しばかりスペインを感じた夕食でした。(残念ながらワインはカリフォルニア産でしたが。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-28 03:05 | レシピ

豚フィレ肉 スィートシェリーのソース&オレンジのサラダ

久しぶりに二日続けて雨の朝です。大干ばつのカリフォルニアには恵みの雨ですが、これくらいの量では焼け石に水のようです。今朝はスプリンクラーを止めました。

私の夕食も二日続けてお肉のソテーになってしまいました。夕べは豚のフィレ肉。オリーブオイルでソテーした後、アーモンドスライスを炒め、スィートシェリーを加えて、少し甘めのソースです。これはPenelope Casas著「The Foods & Wines of Spain」のレシピです。

a0127398_2491125.jpg

何年も前にお客様に頂いたスィートシェリー、このように時々料理に使わせて頂いています。わざわざ買うのは躊躇しますが、戸棚の奥に眠っているお酒類があったら、料理にお使いください。

付け合わせはエリンギのバター炒めと南瓜。南瓜は電子レンジで柔らかにしてからバターで炒めました。甘くてほくほくしていて、何の調味料もいらない美味しい南瓜でした。

a0127398_2492543.jpg

サラダは色鮮やかにオレンジと紫玉葱、グレープトマト、パセリ。このサラダもバルサミコ酢をかけただけで頂きました。

a0127398_2493962.jpg

玉葱とオレンジ?と思われるかもしれませんが、意外と美味しいのです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-12-04 02:53 | レシピ

チョリソーとポテト

最後に数センチ残ったチョリソーで作りたかった一品は、じゃが芋との炒め煮です。とてもシンプルですが、レシピを見たときに美味しさを確信しました。

思った通り、チョリソーの旨味がじゃが芋に入り込んで、とても美味しく出来ました。

a0127398_136932.jpg

もし、チョリソーもじゃが芋もお好きでしたら、是非お試し下さい。あまりお好みでない、という方もこれを召し上がったらきっと両方大好きになるのでは、と思います。(レシピは下に書きました。)

a0127398_13628100.jpg

メインは金目鯛のフィレを白ワインとマッシュルーム、青葱、赤いパプリカ、オリーブオイルと一緒に煮た、これもシンプルな料理です。(以前のサイトにレシピが載っています。)

a0127398_1364331.jpg

サラダは私の定番、オレンジとミニトマト、グリーンのミックス。最後にレモン汁とオリーブを散らしました。

a0127398_1365679.jpg

夕べの食卓は魚料理もサラダも霞んでしまうほど、「チョリソーとポテト」は圧巻でした。



チョリソーとポテト
レシピ:Penelope Casas著「The Foods and Wines of Spain」を参考にしてアレンジ
材料(一人分)


じゃが芋 中1個 (私はユーコンポテトを使いました。煮崩れしにくいものが良いと思います。)
チョリソー 薄切り 5ー10枚
オリーブオイル 適宜
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
パセリ  みじん切り 大匙1ー2
挽きたて黒胡椒

1. じゃが芋は皮を剥いて大きめの角切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、弱めの中火でチョリソーを炒める。チョリソーから脂が出て来たら、じゃが芋の水分を拭き取って加えて炒める。

3.弱火にして蓋をし、時々かき混ぜながらじゃが芋が柔らかになるまで煮る。

4.じゃが芋が煮えたら、中火にし、ガーリックとパセリ、胡椒を加えて、じゃが芋の表面が狐色になるように水分を飛ばしながら炒める。

本にはベーコンも一緒に炒めていますが、私はチョリソーだけの方がシンプルで良いと思います。また、チョリソーに塩分があるので塩は入れません。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-30 01:38 | レシピ

鶏肉とチョリソーの赤ワイン煮込み & ルッコラと洋梨のサラダ

1本200gほどのチョリソー、一人ですと食べがいがあります。最初は白インゲン豆とのシチュー、次はムール貝とのマリニエール、3回目は鶏肉と一緒に煮込みました。

玉葱や人参、赤いパプリカ、そして赤ワインの他にブランデー、チキンストックも入ります。色々な物が入り過ぎて味に統一がとれないのでは、と危惧しましたが、すべての味がうまく調和して、とても美味しくし上がりました。

a0127398_1432726.jpg

でも、何と言ってもチョリソーから良いお出汁が出たようです。まだ少し残っているチョリソー、次は何を作ろうかと、楽しみです。

a0127398_1434342.jpg

サラダはルッコラと洋梨、ブルーチーズ(Saint Agur)、ローストした胡桃、ドライクランベリーです。バルサミコ酢をかけて頂きます。洋梨はレモン汁をかけてローストしましたが、甘味が増して美味しくなりました。

a0127398_144526.jpg



鶏肉とチョリソーの赤ワイン煮込み
レシピ:Penelope Casas著「The Foods & Wines of Spain」を参考
材料(二人分)


鶏もも肉 300ー400g (私は骨無しを使いましたが、骨付きでも良いと思います。)
塩、胡椒  適宜
小麦粉  適宜
オリーブオイル  大匙1
玉葱 中半個 みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
人参  小1本  みじん切り
赤パプリカ 半個  粗みじん切り (本ではピメントです)
チョリソー  約50g 粗みじん切り
ブランデー又はコニャック  大匙1
パセリ  大匙1のみじん切り
ローリエ  1枚
タイム  適宜
チキンストック  100ml
辛口赤ワイン  150ml

1. 鶏肉に塩胡椒し、小麦粉を軽くまぶしオリーブオイルで両面狐色にソテーし、皿にとる。

2. 同じフライパンで、玉葱、ガーリック、人参、チョリソー、パプリカを炒める。(ピメントの場合は後で加える。)

3. 野菜類が柔らかになったら、鶏肉を戻し、ブランデーを加え、火をつけてアルコール分を飛ばす。

4. パセリ、ローリエ、タイム、塩、胡椒、チキンストック、赤ワイン、(ピメントの場合はこのとき)を加え、弱火で蓋をして煮込む。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-24 01:46 | レシピ

asuさんのトマトの冷製スープ

スペインの小さな街、クエンカにお住まいのasuさんのブログ、mis favoritosに載っていたトマトの冷製スープ、サルモレホ。見たときからずっと作りたいと思っていました。

10年以上も前、もう名前も忘れてしまったスペインの小さな街の行き当たりばったり入ったレストランのトマトのサラダ。太陽の光を一杯浴びたことが分かる美味しさでした。

スペインのお野菜は本当に美味しい。ですから、このスープを作るなら、スーパーでなく知野ファームのトマトで作ろうと思い定めていました。なかなか知野ファームへ行く機会がなかったのですが、昨日、やっと訪れることが出来ました。

閉まる直前だったからか、真っ赤な色のトマトはなく、黒味がかったものしかありませんでしたが、完熟トマトです。

思った通り、とても美味しいスープになりました。トマトの皮も種も全部そのまま、少量のガーリックと一緒にミキサーにかけるのです。パンを水に漬けて柔らかにしてから絞って、つなぎにするのはスペイン特有なのでしょうか。アーモンドの冷製スープも同じ調理法でした。

a0127398_1105829.jpg

少量の塩とオリーブオイルと赤ワインヴィネガーを加えて冷蔵庫で冷やしたら、まるでゼラチンでも入れたようにぽってりとなりました。生ハムの塩気とゆで卵がトマトにとても合います。

夜になってもなかなか気温が下がらず、これほど暑い日が続いているのは、12年前にサンディエゴに越して来てから始めてのことです。こんな夕べにピッタリの冷製スープでした。asuさん、素敵なレシピをありがとうございました。

a0127398_111285.jpg

ご飯の支度に火も使いたくなく、生ハムと無花果のサラダ。無花果は十字に切り込みを入れ、バルサミコ酢をたらして、数分オーブントースターでローストしました。その他はレタス、ラディッキョ、ミニトマト、ゴートチーズ、胡桃。

a0127398_1114194.jpg

もう一つ、知野ファームでお目当ての玉蜀黍は売り切れていたので、帰りに1本だけWhole Foodsで買い求めました。5分蒸したホワイトコーン。とても甘かったのですが、水っぽい。やはり知野ファームの玉蜀黍には敵いません。でも、1本69セントなので、仕方がありませんね。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-09-18 01:14 | レシピ

アーモンドと葡萄の冷製スープ(マラガ風白ガスパチョ)

一月ほど前、フランスとイギリスを行き来なさっているVesper's ChronicleのYoshiさんからスペインのアーモンドの冷製スープのリクエスト頂きました。Yoshiさんの記憶ではアーモンドの他にガーリックと葡萄が入っているとのこと。

私が持っている現在では絶版になっている古いスペイン料理の本を見ると、確かにアーモンドの冷製スープが載っていました。料理名は「マラガ風白ガスパチョ」。普通のガスパチョはトマトベースの赤又はオレンジ色ですが、スペインには二つの白いガスパチョがあり、その一つがアーモンドなそうです。

南スペインのマラガに私も15年ほど前に訪れたことがあります。海沿いのお洒落な街で、有名な手長海老を食べたのはこの地だったのかどうか。

a0127398_1343087.jpg

ともあれ、「The Foods and Wines of Spain」に載っているレシピに沿って、アーモンドと葡萄の冷製スープを作ってみました。レシピは下に書きましたが、ユニークでとても美味しいスープです。葡萄はガーニッシュではなくこのスープの大事な素材です、と書かれている通り、葡萄とアーモンドのコンビネーションが最高でした。

素敵なアイディアを下さったYoshiさん、どうもありがとうございました。

a0127398_1345574.jpg

この日のメインは鴨のソテーとチェリーの赤ワイン煮。

a0127398_143785.jpg

サラダは胡瓜とオレンジです。ピーラーで薄くむいた胡瓜は塩、砂糖(いずれも少量)とシャンペンヴィネガーにマリネしました。

a0127398_135206.jpg



アーモンドと葡萄の冷製スープ(マラガ風白ガスパチョ)
レシピ:Penelope Casas著「The Foods and Wines of Spain」を参考にしてアレンジ
材料(一人分)


アーモンド 50g
ガーリック 1片
塩 少々
白い食パン 薄切り1枚 耳をとる(スープ用は3/4枚、残りはクルトン)
オリーブオイル  大匙1と1/2
赤ワインヴィネガー 大匙1
ミネラルウォーター  約200ml
種無し葡萄 皮を除いて 8ー10粒
クルトン 適宜 (1センチ角に切ったパンにオリーブオイルをまぶし、200度Cのオーブントースターで時々ひっくり返しながら、狐色になるまで焼く。)

1. 皮のついているアーモンドの場合は1分煮て、冷水に取り皮を取る。(指で押し出すようにすると、するっと剥けます。)

2. 1のアーモンドとガーリック、塩をフードプロセッサーにかける。

3.パンの3/4を水(分量外)に漬けて柔らかにし、絞る。

4.3を少しずつ2に加えてフードプロセッサーでペースト状にする。オリーブオイルを少しずつ加えて撹拌する。ワインヴィネガーを加えて、更に撹拌する。

5.ミネラルウォーターを100mlほど加えて混ぜてからしっかり裏ごしする。残りのミネラルウォーターを加え、味を見て、足りない場合は塩、ワインヴィネガーを加えて冷蔵庫で冷やす。(お好きな濃度にして下さい。)

6.器に盛ってから、皮を取った葡萄とクルトンを加える。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-07-29 01:44 | レシピ

7月のお料理会 〜夏野菜を使ったタパス風7種〜

気の置けないいつもの仲間が4人集まってお料理会を開きました。まずは午前中に知野ファームを訪れました。一番のお目当てはコーンですが、他にもどんな野菜が待ち構えているのか楽しみです。

この日のランチのメニューは仕入れてきた知野ファームのお野菜を沢山使った7種類のタパス風とデザート。

白コーンの冷製スープ。知野ファームのコーンはそれだけで甘みがあって極上です。玉葱をバターで炒め、コーンの粒を炒め、牛乳にコーンの芯も一緒に入れて煮ます。しっかり冷やして最後に生クリーム。上からスパニッシュパプリカを散らしただけで、塩も胡椒も入れません。必要ないからです。コーンの美味しさだけを味わいます。

a0127398_1392772.jpg

鶏つくねのピンチョス。クミン、フェンネルシード、コリアンダーシード、エシャロット、ガーリックにマリネしてフードプロセッサーでひき肉にしたつくね。ミントを入れたヨーグルトのディップがエキゾチックです。

a0127398_1395039.jpg

フレッシュなコーン(黄色と白のバイカラー)のサラダ。レタス、チェリートマト、苺、プラム、マウンテン・スピナッチ、バジルと色とりどりのサラダです。ドレッシングはライムとオリーブオイル、スパニッシュパプリカ、塩です。

a0127398_140970.jpg

茄子の即席マリネ。柔らかに丸のまま茹でた茄子を赤ワインヴィネガーやスパイスに漬け込みました。

a0127398_1402664.jpg

海老のガーリックとシェリー酒の炒め物

a0127398_1404111.jpg

マッシュルームの炒め物

a0127398_1405948.jpg

ベーコンだとばかり思っていた冷凍ものを炒めていて、何かおかしいと思ったら、豚肉の三枚肉の薄切りでした。何とドジなこと。ベーコン独特の香りも味もない間の抜けたものになってしまいました。

ムルシア風ポテトとタコのサラダ。

a0127398_1411893.jpg

イタリアンとの違いはあまりありません。強いて言えば、ドレッシングにパセリでなく香菜とスパニッシュパプリカを使ったことでしょうか。知野ファームで求めたスベリヒユも加えました。

勿論、りんご、オレンジ、桃を入れたサングリアも作りました。

a0127398_1414176.jpg

デザートはカスタードプリンにアプリコットとフルーツブランデーのソースにブルーベリーを入れて。さっぱりとしていて、お腹一杯の後でもすっと入ります。

a0127398_1421033.jpg

固まるギリギリの柔らかさですので、器に入れたままです。アプリコットソースに入れた自家製フルーツブランデーのスパイスが案外きいて、大人の味わいです。

この日の一番人気はコーンのスープ。食べ終わるのが怖いと言った方がいました。次がコーンサラダ。フルーツとコーンのコンビネーションが最高。ライムジュース入りのドレッシングがとても合います。そして鶏つくねのピンチョス。ハーブ入りの複雑な味がヨーグルトとミントのディップにとても合いました。それからデザートも。

a0127398_1423898.jpg

皆で買い物に行って、作って、食べて、お喋りをして。最高に楽しいひとときでした。

レシピはすべて下の続きに書きました。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog

続きはこちら
[PR]
by Mchappykun | 2014-07-21 01:49 | レシピ