やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:パスタ ( 57 ) タグの人気記事

ケールとパン粉とチョリソーのパスタ

友達から頂いた自家製ケール。先日天ぷらにしましたが、まだ残っています。チップスは美味しいけれど、暑いのでオーブンは稼働させたくなく、久しぶりにパン粉と一緒にパスタを作ることに決めていました。

そんな時、娘から電話がかかってきました。最近野菜作りにはまっている娘夫婦。今年はトマトや胡瓜やビーツ等随分収穫があり、野菜は買わなくとも良いとのこと。ケールも作ったのだと言いました。

私がパン粉とケールのパスタの話をすると、娘はケールとソーセージを一緒に炒めてパスタにすると美味しいと言うのです。なるほど。ソーセージはないけれどチョリソーが余っているので、使ってみることにしました。

冷凍の食パン一切れをフードプロセッサーでパン粉にし、ガーリック(1片)のみじん切りと一緒にオリーブオイルでカリカリになるまで炒めて、ペーパータオルの上に取り置きます。

固い真ん中の軸を取ったケールは塩を入れた湯で2分茹で、水にとって絞り、みじん切り。

ケールを茹でた後のお湯に塩を足してパスタ(ファルファッレを使用しましたが、ペンネやフジッリなどでもよいでしょう。)を茹でます。

a0127398_1523595.jpg

きれいなフライパンにオリーブオイルをしき、種を抜いた鷹の爪、薄切りのチョリソーを炒め、みじん切りのケール、アンチョビを加えて炒め、パスタの茹で汁を少し加えます。最後にパン粉とガーリックの半量を混ぜ、茹で上がったパスタと絡め、お皿に盛ってから残りのパン粉を振りかけて出来上がり。

チョリソーを入ても入れなくともどちらも美味しいです。

a0127398_152474.jpg

残しておいた2本の松茸はグリルして、レタスとパルメザンチーズとサラダ。レモンゼストと粒塩、レモン汁をかけただけのシンプルさが美味しい。

a0127398_15377.jpg

松茸と一緒にグリルしたベビーコーン。丸茄子のソテー。最後にチーズをのせたら全部溶けて影も形もなくなったので、味噌パウダーを振りかけました。

a0127398_1532110.jpg

「我が家の無花果はこれでお終い。」と惜しげも無く最後の無花果を分けて下さった心優しい友達。チーズ屋さんで切ってもらったパルマ産生ハムと。無花果は切り口にバルサミコ酢をかけて5分程ロースト。胡桃も一緒にローストして香ばしさを。ウーン、美味しい!

a0127398_1533967.jpg

キッチンとダイニングには入れないチャー君。美味しい匂いだけさせてママだけ食べているのはずるい、と思ったのか、私が座っている横の窓辺に来て、不満げなチャー君。

a0127398_1535261.jpg

ごめんね。でも君にはあげられないの。と言いながら一人美味しそうにぱくつく飼い主でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-21 01:56 | レシピ

納豆とシラスのパスタ

前にも書いたことがありますが、お昼ご飯はいつも悩みの種です。夕べの残り物がある時は良いのですが、冷蔵庫を覗いてもめぼしいものが何もないときは、本当に困ります。

そんな時は冷凍庫とパントリーの乾物や缶詰をかき集めなくてはいけません。昨日はたまたまあった賞味期限ギリギリのシラスと納豆でパスタにしました。

a0127398_1231118.jpg

使ったパスタはスパゲッティ。塩とオリーブオイルを入れたお湯でパッケージの指示に従って茹でて下さい。

普通は1パックごとに入っている辛子が入っていなかったので、納豆には柚子胡椒を加え、鉢植えから大葉と茗荷(水に晒して灰汁を抜きます。)、そして葱と刻み海苔をたっぷり。

a0127398_123363.jpg

写真を何枚か撮ったところで、気がついて味噌パウダーも加えました。

パスタは洋風、和風どちらでも行ける便利な食材です。お腹一杯、美味しく頂きました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-13 01:25 | レシピ

無花果とナッツとレーズンのリングイーネ

友達から庭で生ったという大きな無花果を沢山頂きました。(既に三つ頂いた後の写真です。)

a0127398_1471372.jpg

初物の無花果の最初は私の定番通り生ハムと合わせました。(写真無し)

a0127398_1473247.jpg

夕べはナッツ(アーモンド、ピスタチオ、胡桃)とサルタナ(白葡萄のレーズン)をバターで炒め、パルメザンチーズと四つに縱に切った無花果とバジルの千切りを入れたリングイーネ。(詳しいレシピは以前のサイトをご覧下さい。)

a0127398_1474616.jpg

残っていた生ハムは桃と苺とゴートチーズ、鉢植えからソレルとチャイブとルッコラの花。

a0127398_148012.jpg

野菜料理はアスパラガスのミモザサラダ。皮をむいてしまうと緑になりますが、本当は紫色です。ディジョンマスタードに白ワインヴィネガーとオリーブオイル、軽く塩胡椒したドレッシングにゆで卵を潰してかけます。

a0127398_1481768.jpg

狙った訳ではありませんが、華やかな食卓になりました。

デザートは前日作った無花果の入ったワインゼリー。プレーンヨーグルトを添えて。(詳しい分量は以前のサイトにあります。)

a0127398_1483235.jpg

赤ワインにバニラビーンズ、シナモンスティック、砂糖を入れて無花果をコンポート。残った汁はゼラチンを入れてゼリーに。

皮をつけたままコンポートしたので、スプーンでは切りずらく、研究の余地がありそう。スパイスの香りがしっかりとした大人の味です。

大きな無花果はとても甘く食べ応えがあります。今年も沢山下さった友達に感謝!まだ、三つ程ありますが、何にしましょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-29 01:50 | レシピ

生ハムと桃のパスタ

日曜のお昼。前日はレストランで食事をしたので残り物もなく、買い物日なのでめぼしい物もなく。尤もお昼ご飯の献立を考えて買い物をしないので、何にするかはいつも頭を悩ませます。

たまたま買ってあった生ハムと我が家の桃でパスタに決めました。

どうせならと色々な物を投入。冷凍してあった玉蜀黍、鉢植えからバジル、オレガノ、ルッコラの葉っぱと花、ローストした胡桃、シェーブしたパルメザンチーズ。

a0127398_1394714.jpg

赤い小さな粒はチーズ屋さんから買って来たピクルス。名前の書いてあったレシートも間違って捨ててしまったので、名無しの権兵衛。

欲張って色々な物を入れた割りには良いハーモニーでした。(去年の桃のパスタはこちらです。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-01 01:42 | レシピ

イカスミパスタ たらこのソース

ひと月程前のことです。私がイカスミパスタを探していることを知っている友達が、近くのお店で見つけた、と教えてくれたので、早速行ってみました。小さな自然食品のお店には、確かに乾燥のイカスミタリアテッレが置いてありました。

a0127398_1494918.jpg

イタリア、トスカーナ地方のものなので、少し高目のお値段でしたが買ってみました。しばらくキッチンのテーブルの上に置きっぱなしになっていましたが、夕べはやっと日の目を見せてあげました。

パスタを茹でている間(パッケージには7ー9分とあり、私には8分が最適でした。)ソースを作って置きます。バター(大匙1/2)にパスタの茹で汁をお玉に1/3程加え、タラコ(小さめのもの1本)を薄皮から取り出して、パルメザンチーズ(大匙1)と一緒に加えます。(これで約一人分です。)

a0127398_150713.jpg

茹で上がったパスタをソースに絡め、お皿に盛ってから青紫蘇の千切りをのせて出来上がり。バターとパルメザンチーズの香りがタラコと相まって、イカスミパスタにとても良く合いました。

このパスタにはdurum wheatという種類の麦が使われています。durum wheatは高蛋白でグルテンの含有量が低いそうで、もっぱらパスタ類に使われるそうです。そのためか、パスタもモチモチして美味しかったです。

a0127398_1502426.jpg

さて、これだけでは夕食にならないので、他に二品作りました。一つはスパイシー(今回使ったのはカエンヌペッパー、クミン、コリアンダー、胡椒)な海老のソテーとほうれん草のレモン風味のソテー。

a0127398_1503987.jpg

サラダはキノアと洋梨。ドライのクランベリーと胡桃、アーモンドをたっぷり散らして、ヨーグルトに生姜とレモンの皮の擂り下ろしを入れたドレッシングです。

a0127398_1505342.jpg

残るかなと思ったのですが、完食してしまいました。お陰でお腹一杯。滅多に夕食にパスタを食べないのですが、たまには良いものと思いました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-03-27 01:56 | レシピ

無花果のヴィンコットでサラダ

友達から無花果のヴィンコットを頂きました。ヴィンコットの元々の意味はワインを煮詰めたもの。私も随分前ですが自家製ヴィンコットで鶏肉を料理したことがあります。

a0127398_365889.jpg

バルサミコ酢は発酵させたもの、ヴィンコットは発酵する前の状態で自然の奥深い甘味があります。

頂いたものを少しなめてみたら、トロッとして、とても美味しい。使い初めは苺のサラダに。鉢植えの春菊と地物の苺、マイルドなブルーチーズ、ローストしたアーモンドスライスにヴィンコットをたらたらと。酸っぱい苺も美味しく変身。とても美味しいサラダになりました。

a0127398_371581.jpg

この日の他のメニューは30年以上の十八番のハムスープ。正式な名前はカタラニア・スープで、玉葱、ハム、セロリ、トマト、じゃが芋、白ワインの入る実だくさんのスープです。とろみは卵の黄身ですが、パルメザンチーズを入れても美味しいです。これにバゲットとサラダがあれば軽いランチにもなります。

a0127398_3141497.jpg

もう一品はパスタ。冷凍してあった自家製ジェノベーゼ(アメリカ的にはペスト)をパスタに絡めて、到来ものの美味しいスモークサーモンをのせました。

a0127398_374574.jpg

a0127398_38850.jpg

ヴィンコットがとても美味しかったので、アイスクリームの上にかけてデザートに。苺と前日作った緑茶サブレーを添えて。

a0127398_3115462.jpg

お腹一杯、とても満足した夕食でした。ヴィンコット、まだまだ使い出がありそうで、楽しみです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-19 03:16 | 食材

生ハムと柿と石榴のパスタ

2週間ほど前のランチのことです。少しばかり残っていた生ハムに柿と石榴、ローストした胡桃、パルメザンチーズ、バジルを組み合わせてみました。

頭の中には夏に作った桃の冷製パスタがあったのは勿論です。但し、もう秋ですから冷製ではなくパスタは温かいまま、後のものは室温です。

a0127398_1402420.jpg

今回作ったパスタは女性や子供向きで、あまり男性は好みではないかもしれません。もう少しパンチのあるもの、生姜とかパスティスなどの甘くないリキュールで香り付けをすれば良かった、と反省。

a0127398_1403783.jpg

そのうち誰もが美味しいと感じるように再度挑戦しますので、それまでレシピはお預けです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-08 01:42 | レシピ

御所柿 & おねだりリングイーネ(ナッツと無花果のパスタ)

友達から庭になったという御所柿を頂きました。
始めて聞く種類で、友達も実がなるまでどのような柿なのか分からなかったそうです。

ネットでは甘柿のルーツで小ぶりとありますが、なかなかどうして直径数センチはある大きさで、富有柿よりずっと大振りです。

a0127398_1494330.jpg

一晩室内に置いていたら、ずいぶん柔らかになってしまいました。柿は冷蔵庫に入れても柔らかになります。へたのところを水で濡らしたペーパータオルで覆い、ラップできっちり包み、冷蔵庫へ。こうすると柔らかになるのを遅くすることが出来る、ということを教えて下さったのは、ヴァージニア在住の「セラマダタンキッチン」のnyonyamammyさんです。

鮮やかな赤い色で、ジューシーで甘く、とても美味しい柿です。

a0127398_150177.jpg

夕べは残っていた生ハムと合わせました。丁度買ってあった石榴も添えて、素敵な前菜になりました。

もう一品の英語のレシピ名はBeggar’s Linguine。Beggarには乞食という意味があるので、私はずっと「乞食のリングイーネ」だと思っていました。先日作った「貧乏人のキャビア」のように高級食材の代わりに安価な食材でそれらしく作ったものかと、勘違いしていたのです。

ところが、ここで言うbeggarはあまりに美味しいので、また作って、というおねだりの意味だったのです。

a0127398_1502130.jpg

本来はナッツ類とレーズン、ドライ無花果なのですが、フレッシュな無花果があったので、使いました。確かに、レシピ名のように何度でもおかわりしたくなるような美味しいパスタです。オレンジの皮やパルメザンチーズ、パセリなどの香りも良い働きをしています。

a0127398_1504077.jpg

始めての柿と新しいレシピのパスタ。美味しくて幸せを感じた夕食でした。

一昨日の夕食時に写した鷹。時々見かけますが、写真に撮ることが出来たのは始めてです。

a0127398_151561.jpg

恐らく東の一部とカリフォルニアの海岸沿いにに生息している「Red Shouldered Hawk」でしょう。枯れ木の上から睥睨している姿には威厳があります。


おねだりリングイーネ(ナッツと無花果のパスタ)
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」参考
材料(副菜として2ー3人分、主菜として一人分)


リングイーネ 70g
ピスタチオ 12ー15粒 粗みじん切り
アーモンド 約10粒 粗みじん切り
レーズン(又はサルタナ) 大匙1
無花果 (ドライでも良いです) 小5ー6個 ドライの場合は粗みじん切り、フレッシュなものは縦半分に切る。
パルメザンチーズ おろして大匙1
オレンジの皮 擂り下ろし又は千切り 大匙1 (オレンジの皮は実だけ使うときに冷凍しておくと便利です。)
パセリのみじん切り 大匙1
バター 大匙1
塩 胡椒  適宜

1. パスタはパッケージの指示に従って塩茹でする。

2. パスタが茹で上がる5分前にフライパンにバターを溶かし、ナッツ類とドライフルーツを入れる。フレッシュの無花果の場合は最後の方で加える。全体が狐色になるまで炒め、塩胡椒する。

3. 茹で上がったパスタを2に加えて混ぜる。皿に盛り、パルメザンチーズ、オレンジの皮、パセリを散らす。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-09-21 01:57 | レシピ

名残の青紫蘇と紫蘇の実の塩漬け

真夏の暑さと共に段々元気が無くなり、穂紫蘇が出て、遂に今年の紫蘇も終わってしまいました。

案外沢山出てきた紫蘇の実は塩漬けに。色々な方法がありますが、私は婦人之友社出版の「おいしい漬け物」のレシピを参考にしました。

a0127398_1275490.jpg

紫蘇の実を一晩水に漬け、汚れなどを取り除き笊に取り、紫蘇の実の約10%(本には15ー20%とあります。)の塩をまぶし、笊に入れたまま一晩重石をして水分を取って、瓶に詰めました。食べるときは水に漬けて塩を抜きます。

a0127398_128775.jpg

最後に残った小さな紫蘇の葉は前の日に食べきれなかった蛸とパスタに。

指先大に切った蛸をオリーブオイル(バターでも良いでしょう)で炒め、白ワインと胡椒を振りかけ、醤油をたらし、パスタに絡めます。最後に千切りの青紫蘇。ガーリックを入れても良いのですが、午後に生徒さんが来るのでやめました。

a0127398_128322.jpg

前年の種がこぼれて自然に生えてきた青紫蘇。今年もずいぶん役に立ってくれました。紫蘇の終わりは夏の終わり。なんだか寂しい気がしますが、紫蘇さん、来年もまた生えて来ることを期待していますよ。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-09-12 01:30 | レシピ

リキュールを使って 〜メロンと生ハム&無花果とゴートチーズ〜

生ハムとメロンは出会いのもの。キッチンに数日間放置していたメロンの香りが家中に漂い始めたので、食べごろと思い生ハムを合わせました。

この生ハム、プロッシュート・ディ・サンダニエルはいつものチーズ屋さんでスライスしてもらったものです。イタリアやスペインで食べた生ハムにはほど遠いですが、パック入りとは違い、やはり美味しいです。

a0127398_205384.jpg

そして、メロンの方も少し手を入れました。フェンネルシード(あればアニスシード)とサンブーカというリキュールに漬けておいたのです。サンブーカはアニス系のイタリアのリキュールです。たまたまあったので使いましたが、パスティス、ポートワイン、普通のワインでもちょっと漬けておくと、味が複雑になり美味しくなります。

無花果の方はシェリーヴィネガーとスイート・シェリーに漬けました。甘いシェリー酒の代わりはポートワインか、もしかしたら梅酒に漬けても面白いかもしれません。

a0127398_212022.jpg

そして、こちらはバジルの葉の上に置き、クリーミーなゴートチーズ(私が使ったのはピエモント産の熟成したbrunet)をのせました。このために買ってきたチーズではありませんが、無花果とゴートチーズも相性が良いです。

フレッシュな果物をただ切っただけでなく、リキュールに10分でも漬けて置くと、味わい深いものになります。

メロンはJudy Rodgers著「The Zuni Cafe Cookbook」、無花果の方はGerald Hirigoyen著「Pintxos」を参考にしました。

美味しい二つの前菜を頂いている間にパスタを茹でます。バターとオリーブオイル、少量の水で茹でた青ネギ、コーン、トマト、ズッキーニのカラフルな夏野菜たち。この他、あればマッシュルームやブロッコリを入れても良いです。リングイーネは冷凍しておいたバジルのジェノベーゼ(パスタの茹で汁でのばして)を絡めました。

a0127398_212523.jpg

詳しいレシピは以前のサイトをご覧下さい。

夏らしく美味しい夕食でした。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-22 02:04 | レシピ