やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フュージョン ( 14 ) タグの人気記事

スパイシー スィート チキンウイング

蜂蜜と唐辛子ソース、魚醤、レモンのゼストと汁にマリネした鶏手羽を厚鍋でソテーしたフュージョンの一品です。

これは私が持っているスペインのピンチョスの本に載っていたレシピですが、ベトナム料理にとても良く似たものがあります。

a0127398_142477.jpg

ベトナム料理より砂糖もナンプラーの量も少なく、全体にマイルドに仕上がりますが、私としてはベトナムのレシピの方が好みです。こちらの方は甘さが控えめなので、幾分安心して食べられるのが良い所かもしれません。

付け合わせは茄子をバルサミコ酢でソテーしたものと、エリンギのバター炒め。

a0127398_142202.jpg

サラダは白桃とブリチーズ、胡桃、、ドライクランベリー、鉢植えからソレルとレモンバームと球根ベゴニアの食べられる花。球根ベゴニアは水やりが少なくて済むので、干ばつのカリフォルニアでは大助かりな花です。

a0127398_1425521.jpg

昨日は珍しく午前中少し雨が降りました。今日は植物もいくらか元気に見えます。


スパイシー スィート チキンウイング
レシピ:Geraldo Hirigoyen著「PINTXOS」を参考
材料 (二人分)

生姜 みじん切り  大匙1
ガーリック  みじん切り 大匙1
レモンのゼストと汁 半個分
醤油  大匙1
ナンプラー  小匙1−2
チリソース 小匙1(お好みで増減)無ければ豆板醤やタバスコで代用できます
蜂蜜  小匙2 
鶏手羽 8−10本
サラダオイル  小匙2

サラダオイルを除いて全ての材料を混ぜ合わせて室温で30分、冷蔵庫なら2時間くらいマリネする。

厚鍋(はねるのでフライパンでない方が良い、私はルクルーゼを使用)にサラダオイルをしいて、中火でひっくり返しながら20分くらいソテーする。

最後に火を強め、汁を煮詰めて、照りを出す。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-27 01:45 | レシピ

赤海老のカルパッチョ

最近日本の食料品店で売られている頭付きの赤海老のお刺し身。生きているボタン海老が手に入るサンディエゴですから、冷凍を融かしたものには興味が湧かずにいました。

昨日は丁度、本日の目玉商品で大きめの4尾が3ドルちょっと。買ってみようと遊び心が出ました。

但し、そのままお刺し身で食べてはきっとそれほど美味しくないだろうと思い、タイ料理のようなパンチのあるソースにしようか、と考えているうちに、思いついたことがあります。

6年前、ロサンジェルスのイタリア料理のお店で頂いた、海老(ランゴスティーノ)のカルパッチョを真似してみることにしたのです。

a0127398_222387.jpg

殻を剥き、観音開きにした海老をラップに挟み、肉叩きで薄くのばします。それをそのままお皿に移し、鉢植えからハーブ(タイム、オレガノ、イエローオレガノ、チャイブ)とライムのゼストを散らし、オリーブオイルをかけます。粒塩をパラパラと最後にライムの汁を絞りました。

思った通り、ハーブとマッチした美味しいカルパッチョになりました。6年ごしの再現料理がうまくいって嬉しかったです。

a0127398_223954.jpg

頭と殻はお味噌汁。(殻はお茶パックの中に入れると後で取り出しやすく便利です。)最後に入れたオクラのせいでトロッとして美味しいお味噌汁になりました。

a0127398_225324.jpg

シマスズキは塩で締めた後、酢で塩を洗い流し、板ずり胡瓜と今年始めて採れた茗荷と共に、土佐醤油で。

a0127398_23832.jpg

野菜の副菜はほうれん草と半分余ったライムのゼストと汁、塩胡椒で蒸し煮。

夏の夕べに相応しい夕食になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-12 02:06 | レシピ

烏賊のお刺し身の味噌漬け & シマスズキのお刺し身サラダ

鱸のお刺身を美味しそうな味噌漬けになさったのはtanaさんです。私はお刺し身に一仕事したものが大好きです。塩麹に漬けたり、昆布締めにしたり。でも、味噌漬けというのは作ったことがありません。

鱸は手に入らないけれど、烏賊も良いのではと思い、早速作ってみました。
赤味噌にみりんと酒を加えて混ぜジップロックに入れ、烏賊のお刺身を1時間半程漬けました。

a0127398_148487.jpg

味噌は丁寧にペーパータオルで拭き取り、拍子木切りにしてアイスプラントをあしらいに。ねっとりとして、とても美味しかったです。思いついてオリーブオイルをかけてみましたが、これも良く合いました。

日本食料品店で買う烏賊のお刺身は保存のためか、薄味がついていて、いつもこれが気になっていました。でも、味噌漬けにするとその味も消えました。

tanaさん、素敵なアイディアをありがとうございました。

さて、シマスズキのお刺し身はサラダに。スズキと言う名がついていますが、所謂鱸とは違う種類のようです。アメリカ産なので、値段もお手頃。

a0127398_149184.jpg

塩で締めてから酢で洗い、きっちり水分を拭いて削ぎ切りにします。合わせた野菜は、スベリヒユ、水に晒した紫玉葱、トマト。ドレッシングはレモン、柚子胡椒、醤油、オリーブオイルです。

a0127398_1493575.jpg

トレヴィーゾはオリーブオイルを塗ってさっと炙ります。赤紫色が緑に変わったら皿にとって、粒塩を振りかけます。一緒にベビーコーンも焼きましたが、1日冷蔵庫に入れたベビーコーンは朝どりのものとは大違い。

a0127398_1494844.jpg

薄皮も固くなり、フレーバーも落ちていました。1日でこれ程も違うのにショックを受けるほど。ベビーコーンは買ったその日に全部食べ切らねば、というのがこの日の教訓でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-16 01:51 | レシピ

ポルチーニご飯&ネギトロ用マグロとアボカドの柚子胡椒和え

日本食料品店、ニジヤさんで珍しい高級茸が三種類売られていました。一つは黒トリュフ。10円玉の大きさで30ドル。幾ら何でも高すぎて手が出ません。

二つ目はアミガサ茸。それほど好きな茸ではないのでパス。三つ目がポルチーニ茸。小中数本と屑を取り混ぜて12−3ドル。良いお値段ですが、これで炊き込みご飯にしたら、ということが頭をよぎり、買い物かごへ。

a0127398_1524790.jpg

ポルチーニご飯は松茸ご飯と同じ要領で炊きます。研いだお米に日本酒と塩、昆布を入れて炊けたら、適当に切ったポルチーニを入れて蒸らし、器に盛る前にバターを一かけ入れてかき混ぜます。

ポルチーニの香りと食感がたまらない洋風炊き込みご飯です。

ネギトロ用のメバチマグロは比較的安価ですが、美味しいので色々に使えます。

夕べはアボカド、マンゴー、青葱、香菜と一緒にセヴィチェ風の柚子胡椒和えにしました。秋にはマンゴーの代わりに柿を使いますが、この甘さがとても合います。

a0127398_153723.jpg

柚子胡椒にレモンのゼスト、レモン汁、醤油、オリーブオイルを加えて上記のものを和えます。最後に白又はライトな色のラム酒を加えると生臭さが消え、風味が増します。

a0127398_1532329.jpg

もう一品は帆立の巣ごもり。時々作る私の定番ですが、夕べの青葱は少し固く、もう少し茹でれば良かったです。

帆立はお刺し身用なので表面をさっとシアーしただけです。ソースはディジョンマスタードに青葱の茹で汁とオリーブオイル。

a0127398_1533862.jpg

白や軽めの赤ワインに合うフュージョンの献立でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-04 01:55 | レシピ

シマスズキのカルパッチョ・キウイソース

金曜日にレストランで頂いた白身魚のパッションフルーツのソースのセヴィチェを真似したくて、シマスズキのお刺身を買ってきました。ところが、生憎パッションフルーツは見当たらず、キウイを使ってみました。

以前、鯛のカルパッチョにキウイを合わせたことはありますが、シマスズキは始めて。

シマスズキはきつ目の塩で10分程締め、水で塩を洗い流し、きっちりペーパータオルで水分を拭き取り削ぎ切りに。

a0127398_205463.jpg

一方キウイ(大1個)はフードプロセッサーでピュレにし、酸っぱかったので小匙1/4の蜂蜜を加え、オリーブオイル(小匙1/2程)を加えてドレッシングにしました。(お魚を塩で締めたのでドレッシングには塩は入れません。)

お皿に盛ってからレモンバームと潰したピンクペッパーをのせ、真ん中に冬のスベリヒユ。とても美味しく出来ました。

a0127398_211335.jpg

さて、もう一品もセヴィチェ風。ネギトロ用の鮪のタタキを生姜と青葱のみじん切り、柚子胡椒、塩、醤油、オリーブオイル、ライムのゼストの擂り下ろし、ライム汁、香菜のみじん切り、ラム酒とアボカドを一緒に和えました。

a0127398_212559.jpg

お皿に盛ってからチェリートマトを飾って出来上がり。色々な味が複雑に絡み合ってこれも美味しい出来上がりでした。ラム酒は隠し味というより、生臭さを消してくれます。Dorie Greenspanさんのセヴィチェからヒントを得た私のヴァージョンです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-04-28 02:03 | レシピ

鮪とアボカドと柿のセヴィチェ&ローストパプリカとスモークサーモン

先日友達から御所柿を頂きましたが、その前日、お店で出たばかりの富有柿を買っていました。

頂いた御所柿はとても美味しいので、そのまま食べるのが最高ですが、富有柿は色々と料理に使えるので、それがこの季節の楽しみでもあります。

まずは、マグロのお刺身とアボカドなどと一緒にセヴィチェに。本来は柿ではなくマンゴーなのですが、柿のオレンジ色と甘さがマンゴーに勝る美味しさです。

a0127398_1239272.jpg

お彼岸を過ぎても真夏のような暑さのサンディエゴ。もう一品もサラダのような一品になりました。

ローストした赤いパプリカとスモークサーモン、アップルキューカンバーの組み合わせです。レモン、イタリアンパセリ、ロズマリー、ケイパー、オリーブオイルをかけました。

a0127398_12392275.jpg

アップルキューカンバーの代わりに、普通の胡瓜をピーラーで薄く剥いても良いと思います。

a0127398_12393558.jpg

一人分としては少し量が多過ぎたかしら、と思ったのですが、美味しくて完食してしまいました。

鮪とアボカドと柿のセヴィチェ
材料(前菜として二人分、メインとしては一人分)


マグロのお刺身  約100g
柿 小1個
アボカド 小1個
紫玉葱  薄切り 適宜
ライムの皮の擂り下ろし 半個分
ライムジュース  1個分
香菜 みじん切りで大匙2
ハラペニョ  粗みじん切り 小匙2
オリーブオイル  小匙2
塩 適宜
ホワイトラム  小匙1

マグロのお刺身、柿、アボカドは同じような大きさの角切りにする。
すべてを混ぜて、冷蔵庫で1時間は冷やす。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-09-26 02:00 | レシピ

蛸のセヴィチェ

私はセヴィチェが好きだな、とつくづく思います。胡瓜と酢の物にしようと思って買った蛸ですが、材料もあることなので、セヴィチェにしてしまいました。

a0127398_1362766.jpg

冷えた白ワインと共にボウルに一杯作ったセヴィチェ、全部食べてしまいました。

a0127398_1363151.jpg

飾りも兼ねたアップルキューカンバーの2ー3枚が苦かったのが、玉に瑕でしたが、夏はさっぱりとした味は食欲が増します。


蛸のセヴィチェ
材料 (一人分)


茹で蛸  120g 角切り
スィートオニオン みじん切りで大匙2(普通の玉葱の場合は水で洗って 水分を取る。)
ハラペニョなどのフレッシュな唐辛子  種を除いて粗みじん切り 小匙1ー2  (フレッシュなものがない場合はタバスコを適宜)
トマト 中1個 角切り(私はたまたまあった黄色を使いましたが、普通のものでもミニトマトでも良いです。)
香菜 みじん切り 大匙2ー3 (イタリアンパセリでも良いです。)
ライムのゼスト 擂り下ろして1個分
ライムジュース 1個分 (ライムがない場合はレモンでも良いですが、ライムの香りがセヴィチェらしくなります。)
塩 適宜
オリーブオイル 大匙1
ホワイトラム酒 小匙1 (入れなくとも良い)

上記のものを全部合わせて、30分から1時間冷蔵庫で冷やす。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-26 01:38 | レシピ

コーンのサラダ&鯵の酢油漬け、なめろう風など

ワールドカップの日本とコロンビア戦を見ながらランチをしましょう、というお誘いを受けました。

日本にサッカーのプロチームが出来たのは私の渡米後のことですし、アメリカはサッカーの後発国ですから、ワールドカップの盛り上がりもヨーロッパや中南米の諸国に較べたら、イマイチです。

でも、最近の日本の盛り上がりをニュースで見聞きし、皆でワイワイのランチは大好きですので、喜んでサッカーのテレビ観戦ランチをお受けしました。

結果は皆さんご存知の通り、力の差を見せつけられてしまいましたが、観戦したお友達の家には毎週日本人のお魚屋さんがトラックでやって来ます。この日も丁度お魚屋さんがやってきましたので、冷凍物ですがタタキにできるという鯵を買ってきました。三枚におろしてあり、骨も皮も取ってあります。

この半分はなめろう風に味噌、柚子胡椒、生姜の擂り下ろし、青ネギのみじん切り、木の芽と一緒に叩き、最後にオリーブオイルを加えました。まわりにアップル・キューカンバーのスライスを置いて。このスライスの上になめろうを載せて頂きました。

a0127398_1361912.jpg

アップル・キューカンバー。瑞々しくマイルドな味です。皮が薄く、種も気になりませんし、切り口がきれいですね。

a0127398_1363258.jpg

もう半分は削ぎ切りにして、塩、胡椒、米酢、醤油、オリーブオイル、紫蘇の葉の千切りとのマリネ。さらし玉葱と一緒に。こちらの方が私の好みでした。

a0127398_1364839.jpg

知野ファームで買ってきた朝採りコーンは1本は蒸しましたが、1本は生のままサラダです。やはり知野ファームのネクタリンと苺とレタス、我が家の桃とバジル、レモンバームでカラフルに。ドレッシングはライムのゼストと汁、塩、胡椒、オリーブオイルです。ライムの香りがコーンや果物に良く合います。

a0127398_1371194.jpg

お魚屋さんで求めたホッキ貝のサラダも。これは出来合いなのですが、美味しい一品でした。

a0127398_1373814.jpg

冷たい白ワインが冷蔵庫にあったので、それに合うように少しばかり洋風にアレンジしましたが、お腹一杯になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-26 01:42 | レシピ

烏賊料理二品 ー炒め物とサラダー

日本のスーパーから買って来た冷凍物の烏賊。最初は大根と煮付けようと思っていたのですが、急遽変更。洋風の炒め物にしました。

烏賊の皮はむかなくともよいのですが、菜の花と一緒に炒めるので白く仕上げたく皮をむきました。

つぶしたガーリックと鷹の爪(半分に切って種を出す)をオリーブオイルで炒め香りを出し、リングに切った烏賊を加えます。白ワインを50ml 程加えて、煮立ったら茹でておいた菜の花を投入。手早く全体をかき混ぜます。調味は塩と白胡椒です。

a0127398_2175364.jpg

烏賊の足(ゲソ)は水に白ワインを入れて茹でておきます。一方、ネギは柔らかに茹でて、軽く絞ってからゲソと同じ長さに切りそろえます。

a0127398_2184518.jpg

ディジョンマスタード(小匙1)、赤味噌(小匙1/2)、米酢(小匙1)ネギの茹で汁(大さじ1)、オリーブオイル(小匙2)でドレッシングを作りました。

a0127398_219469.jpg

コリコリしたゲソと柔らかな青ネギ、お味噌が入ったドレッシングのコンビネーションがとても美味しいフュージョンのサラダです。



「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-22 02:19 | レシピ

タコとアボカドの柚子胡椒和え&鮭のホイル焼き  3・1・2013

昨日の2月28日、下の姉が日本のスギ花粉から逃れるためにサンディエゴにやってきました。この日はランチを取りながらのミーティングの後空港に姉を迎えに行き、夜は合唱の練習だったので簡単に出来る夕食にしました。

蛸を指先大に切り、アボカド、皮をつけたままのレモンのみじん切り、シャロットのみじん切り、チェリートマト、香菜のみじん切りを柚子胡椒と醤油で和えて和風セヴィチェに。

a0127398_3151171.jpg

鮭の切り身はオリーブオイルを塗ったホイルに紫蘇の葉を置き、塩をした鮭の上にまた紫蘇の葉、レモンの輪切りをのせます。チェリートマトはオリーブオイルで皮が破けるくらいまでソテーし、鮭の脇におきます。上からオリーブオイルをたらし、青葱を散らし、450度F(230度C)のオーブンで15分。(時間は切り身の厚さによって調節してください。)

a0127398_315346.jpg

トマトは大きなトマトを串切りにすると水分が出すぎますので、チェリートマトかグレープトマト。そして事前にソテーすると甘さが増します。また、紫蘇でなくバジルが本来のレシピですが、夕べは和風にしてみました。

両方とも簡単ですが、見栄えもして美味しい一品です。もう一品はアスパラガスとガーリックの炒め物も作りましたが、あまりにも普通なので写真は撮りませんでした。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-03-02 03:17 | レシピ