やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フレンチ ( 126 ) タグの人気記事

八月のお料理会 ♪フレンチ♪

この数日、サンディエゴも大分暑くなりました。とは言え最高気温は30度を少し下回っており、時折涼しい海風が窓辺から心地良く入ってきます。猛暑にお悩みの日本の方々に較べれば、何の文句も言えません。

さて、昨日の土曜日は暑い夏に相応しいメニューで、いつもの仲間が集まってお料理会を開きました。

お題はフレンチ。

a0127398_1473437.jpg

この日使った全部の食材、4人分です。レシピはまとめて全部下にある「つづき」に書きました。

a0127398_1475439.jpg

テーブルにも夏の花、向日葵をアレンジ。

まずは、赤いパプリカとラズベリーの冷製スープ。パプリカだけでも良いのですが、ラズベリーを入れると酸味が加わり、色も濃くなります。今回は茅の舎の野菜だしを使いました。

a0127398_148216.jpg

勿論、チキンストックやブイヨンでも構いません。出汁パックには塩が含まれているので、調味料は全く入れません。最後にプレーンヨーグルトとピンクペッパーを振りかけて、アクセントを付けるので充分です。

a0127398_1591097.jpg

パプリカの自然の甘味とラズベリーの酸味が相俟って、とても美味しいスープです。

ポーチした鮭・ラヴィゴットソース グリーンクスクス添え

a0127398_1485946.jpg

ワイルドなキングサーモンのフィレをお水で蒸し煮にしただけです。鮭には味をつけないので、パンチのあるラヴィゴットソースで。ラヴィゴットは元気になる、という意味ですから、暑い夏にピッタリです。

クスクスはバターと塩で炒めた後、イタリアンパセリ、タラゴン、バジル、ガーリックをピュレにしたものと一緒に炊きます。爽やかなハーブの香りが鮭に良く合いました。

副菜はカリフラワー・グリビッシュ

a0127398_1491842.jpg

ピクルス、紫玉葱、パセリ、アンチョビを入れたドレッシングでカリフラワーと和えます。カリフラワーは少ない水で蒸し煮のようにします。沸騰してから2分で火を止め、シャキシャキ感を出します。柔らかに煮てしまってはカリフラワーの美味しさが半減します。

最後にゆで卵を潰したものをかけてミモザ風に。鉢植えのチャイブを散らして。

お待ちかねのデザートはピーチメルバ。

a0127398_149396.jpg

運良くとても美味しい桃が木曜日に届きました。婿さんのご両親からの贈り物です。

ポーチした桃に自家製のカスタード・バニラアイスクリーム、ラズベリー・ソースをたっぷり添えて。

桃とラズベリーは出会いのもの。暑い夏がもたらしてくれる至福のコンビネーションです。

そして、ホームメードのアイスクリームは甘さがパーフェクト。3回目のアイスクリームメーカーの使用で、やっとコツがつかめたようです。

a0127398_1501418.jpg

最後はカプチーノとバスク風マカロン。アイスクリームには卵の黄身を5個使ったので、白身が余りました。その白身を使ってサンドイッチにしないマカロンを金曜日のうちに焼いておきました。

久しぶりに冷たい白ワインを飲みながら、お喋りも弾みます。

いつもの仲間と言いたいことを言いながらお料理をし、食べ、お喋りをし、最高に楽しいひとときでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog

つづき
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-17 02:21 | レシピ

金目鯛のアーモンド風味のムニエル

英語でRed Snapperと呼ばれる金目鯛のような魚は比較的安価です。大体は皮も骨もとった、フィレの状態で売られています。1枚が220gほどの大きなフィレは半分に切り、アーモンドプードルをたっぷりまぶしたムニエルにしました。

水分をしっかり拭き取ったフィレに卵の黄身を塗り、アーモンドプードル(1/3ー1/2カップ)、小麦粉(大匙1)、レモンゼスト(半個分)、塩胡椒を混ぜたものをまぶし、焦がしバター(塩入)でソテーします。

出来上がってから、パセリのみじん切りとローストしたアーモンドのスライスを散らして出来上がり。(レモンを添えて写真を撮るのを忘れました。)風味の良い美味しいムニエルです。あまり身の厚くない白身魚なら、どれでも良いでしょう。但し、骨はしっかりとった方が口当たりが良いです。(これは私の大好きなDorie Greenspanさんのレシピです。)

a0127398_2434680.jpg

付け合わせはインゲンのバター炒めと甘栗の赤ワイン煮。甘栗をひたひたの赤ワインで水分が殆どなくなるまで煮詰めた簡単ですが、ちょっと洒落た付け合わせです。

a0127398_244075.jpg

サラダは鉢植えから採って来たソレル、春菊、ルッコラとグレープフルーツと苺。

a0127398_2441240.jpg

この日のサラダも果物入りになりましたが、見た目もきれいだし、やっぱり私は果物が好きなんですね。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-02-27 02:45 | レシピ

鴨のマグレのソテー 金柑と赤ワインのソース

桃、チェリー、ブラックベリーそしてオレンジと色々な果物と相性の良い鴨のマグレ。金柑との組み合せのレシピを見つけ,季節が終わってしまわないうちに作ってみました。

結果は,今まで作った鴨のマグレ料理の中でも上位に入る美味しさでした。金柑を甘く煮てそのシロップを使ったり,赤ワインをバルサミコ酢やチキンストック、オレンジジュースと煮込んでソースを作ったリと,他の鴨のマグレ料理に較べると多少手間はかかりますが,それに十分見合う価値があります。(レシピは下に書きました。)

a0127398_212557.jpg

副菜はローストしたビーツのマリネ。何回ものせていますので,レシピは以前のサイトをご覧になって頂きますが,今回使ったハーブはミント。これも美味しかったのですが,鴨とサラダの前には美味しさが少し霞みました。

a0127398_2122527.jpg

サラダは紫のレタスと春菊、ローストした洋梨(スライスしてレモン汁をかけ、200度のオーブントースターで数分)、クリーミーなチーズ(la tur)とカエンヌペッパーと一緒にキャラメライズしたピーカン。この甘辛がとても良いアクセントです。(キャラメライズのレシピは以前のサイトをご覧下さい。)

a0127398_2125039.jpg

友達と二人、美味しい料理とお喋りで楽しい夕食でした。デザートは明日のお楽しみに。

a0127398_2134820.jpg


鴨のマグレのソテー 金柑と赤ワインのソース
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」参考
材料:二人分 (カップはアメリカサイズの250ml、量は私流に変えてあります。)

金柑とそのシロップ
水  1カップ
砂糖 1/4カップ
金柑 12個  3ミリくらいに横にスライスして、種を取る

赤ワインソース
赤ワイン 1カップ強 (フルーティーなものが良い)
バルサミコ酢  大匙2
シャロット  小2個 みじん切り
黒粒胡椒  10個 潰す
コリアンダーシード  数粒 潰す
オレンジの絞り汁  3/4カップ
チキンブロス  1ー1と1/2カップ
金柑シロップ (上記の金柑を煮たときのシロップ)大匙3ー4
塩、胡椒 適宜

鴨のマグレ
鴨のマグレ 小2枚 又は大1枚 室温にする はみ出た皮や余分な脂、筋はきれいに取り除く
塩胡椒 適宜

金柑
1. 水と砂糖を火にかけ、砂糖が溶けたら金柑を入れ、10分ほど、柔らかになるまで煮て、そのまま冷ます。(5日前までに作って冷蔵庫で保存できる。使うときは室温に戻す。)

赤ワインソース
1. 赤ワイン、バルサミコ酢、シャロット、粒胡椒、コリアンダーシードを火にかけ、半分の量になるまで煮詰める。オレンジジュースを加え、更に5分煮る。

2. チキンストックを加え、トロッとして約半量になるまで煮詰める。(タッパーなどに入れて冷蔵庫に入れれば2日保存できる。)


1. 皮目に格子状の切り込みを入れ、しっかり水分を拭き取る。両面に塩胡椒する。

2. 厚鍋(私はルクルーゼを使用)を非常に熱くし、鴨の皮目からソテーする。皮目は7ー8分、大体中火で焼く。あまり焦げそうだったら火を少し弱める。

3. ひっくり返して約3分。大きさによって時間は変わります。焼きすぎると美味しくないので注意。皿にとり、アルミホイルをかぶせておく。

4. 鍋の中の大匙1の脂を残して後は捨て、(ペーパータオルに吸い込ませると良いです。)赤ワインソースを加えて煮立て、金柑シロップを加える。(味見をしながらシロップの量を加減する。)鴨から出た汁も加え、必要なら塩胡椒も加える。

5. 鴨をソースの中に入れて絡める。取り出して、削ぐようにスライスして、扇状に皿に並べる。

6. スライスした鴨の上にソースをかける。(ソースが熱いので丁度良い焼き具合のスライスにはかけない。)金柑を鴨の上に飾って食卓へ。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-02-17 02:19 | レシピ

鱈とズッキーニとトマトの蒸し煮

前にも書いたことがありますが,アメリカのスーパーで買う魚は肉類よりずっと高いです。しかも,鮮度がイマイチ。魚離れに拍車がかかるというものです。

日本のスーパーのお魚の方が鮮度も良く、値段もそう高くないのですが,買い物を近場で済ませたい時もあります。昨日も近くのオーガニックのスーパーで比較的安く鮮度も悪くなかったので,鱈のフィレを一切れ買ってきました。それでも,一人分で5ドル近くしました。

a0127398_2354976.jpg

鱈は崩れやすいお魚です。崩れても良いような調理法で玉葱、ズッキーニ、白ワインと一緒に蒸し煮。その後トマトとオリーブ、タラゴンを加えて彩りの良い一品になりました。

a0127398_2364234.jpg

サラダはミックスリーフにブラッドオレンジと苺。この日もヴィンコットをかけて頂きました。ヴィンコットは本当に美味しい!苺もやっと甘くなってきました。

a0127398_2362196.jpg

一足早く春になったサンディエゴです。食卓も色鮮やかに春の装いになりました。


鱈とズッキーニとトマトの蒸し煮
レシピ:Jacques Pepin著「Jacques Pepin’s Table」を参考
材料(一人分)


オリーブオイル 小匙1
無塩バター  小匙1/2
玉葱 中1/4  みじん切り
鱈の切り身 (皮、骨無し) 約150g
ズッキーニ  小 半本 角切り
塩胡椒  適宜
辛口白ワイン 約1/2カップ
トマト (私が使ったのはミニトマト10個) 小1個 角切り
黒オリーブ (出来ればオリーブオイルでキュアーしたもの)4個(種を取って粗みじん切り)
タラゴン 小匙1/2
パセリ  みじん切り 小匙1

1. 鍋にオリーブオイルとバターを熱し,玉葱を1分ほど炒める。鱈,ズッキーニを入れ,塩胡椒し,白ワインを加え,蓋をして火を弱め3分ほど蒸し煮にする。鱈を皿に移す。冷めないようにアルミをかぶせる。

2. 鍋にトマト、オリーブ、タラゴンを加えてかき混ぜ,1分ほど煮る。鱈の上に野菜類とソースをのせて,パセリを散らす。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-02-06 02:39 | レシピ

ラ・ホヤのフレンチ タプナード

私と誕生日が一日違いの友達とのお祝いランチを、いつものお料理仲間4人で開きました。場所は昨年訪れて気に入ったラ・ホヤのフレンチレストラン、タプナード

a0127398_2461373.jpg

ラ・ホヤ(La Jolla)は海に面した洒落た街として名高い観光地です。景色の良いレストランも沢山ありますが、タプナードは全く景色は望めませんが質の良い料理を提供します。

a0127398_24627100.jpg

店内は幾分レトロな落ち着いた雰囲気です。

a0127398_2464476.jpg

ここの店名にもなっているタプナードがバゲットと一緒に。塩加減も程よく美味しいタプナードです。

a0127398_2465742.jpg

前菜として私を含む3人が選んだじゃが芋とポロ葱のスープ。昨年は南瓜とスクワッシュのスープでした。今回も美味しかったのですが、去年の方がサプライズでした。

a0127398_2471179.jpg

後のお一人はグリーンサラダ。

メインは友達の一人と私は今日のスペシャルのリゾットと鴨。リゾットの上にかかっているデミグラスソースがとても美味しい。リゾットと一緒に煮てある野菜(ルッコラ?)もたっぷりで、なかなか良いアクセント。鴨はちょっとパサついていて、まぁまぁ。

a0127398_2474585.jpg

後のお二方はコッカーヴァン(鶏肉の赤ワイン煮込み)。これは去年食べましたので。

a0127398_248154.jpg

デザートは友達と私はグランマルニエのアイスクリーム・パフ。出て来たときは全部食べられるかしら、と一瞬心配しましたが、ほとんどがアイスクリームなので軽くクリアー。チョコレートもビターが使われていたので甘さも程よくとても美味しかったです。

a0127398_2482159.jpg

もう一人が頼んだクレーム・ビュルレー。結構濃厚だったらしいですが美味しかったそうです。

a0127398_2483355.jpg

後のお一人はベリー類のメルバ。一番甘くないデザートは?と聞いた彼女。ウエーターさんは、デザートだから甘くないものは。。。と返答に困りながら、これを薦めたのでした。

a0127398_2484557.jpg

サーヴィスが遅かったのを除けば、サンディエゴにしてはかなり美味しい部類に入る良いレストランです。

お喋りしながら2時間以上もかけてランチをし、その後街の中のお店を少しばかりひやかし、我家へ寄ってカプチーノを飲みながらまたお喋り三昧。

この仲間、一月に一回は会っていますがお喋りは尽きることがありません。沢山お喋りし、沢山笑って、本当に楽しいひとときでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-16 02:55 | レストラン

こじんまりして美味しいフレンチ・La Bonne Table

「地球交響曲第1番」の無料上映会に行く前に、女友達と二人、夕食を食べにいきました。

友達の家から歩いて2分のこじんまりとしたビストロ風のお店、La Bonne Tableはパリ出身のオーナー兼シェフがこの3月に開いたばかりです。出迎えてくれたのはハワイ出身の日系人マネージャー。

a0127398_1455339.jpg

4時から開いていますが、4時半に着いた私たちは一番乗り。気取らない、感じの良い店内と丁寧な日本語の応対で、お料理にも期待がもてます。

a0127398_1461876.jpg

熱々のパンも美味しくて、ついつい後を考えずに食べてしまいました。

a0127398_147151.jpg

前菜はフリッセ(カーリー・エンダイブ)のサラダを二人でシェアー。予め一人ずつに分けて、ドレッシングも別に持って来てくれました。黄色い花が可愛らしい。ローストしたアーモンドが香ばしく、ゴートチーズをのせてグリルしたバゲットと共にとても美味しいサラダでした。

a0127398_1471686.jpg

メインは二人ともブイヤーベース。これが人気があるらしいの、という言う友達の言葉通り、とても美味しかったです。新鮮な鱈、ムール貝、アサリ、蛤、海老、ロブスターのハサミ。塩加減も抜群。私は最後の一滴まで飲み干しました。

a0127398_1472947.jpg

かなりお腹が一杯になりましたが、デザートも試してみたく、マネージャーさんに一番甘くないのはどれですか?ときくと、日本人の舌には「クレーム・ビュルレー」が良いのでは、というお答え。

仰る通り、甘さも丁度良く、美味しいクレーム・ビュルレーでした。

ダウンタウンにほど近いHillcrestという場所は沢山のレストランがあるお洒落な街です。私たちが食べ終わった5時半すぎには、少し着飾ったお客さん達でテーブルはほぼ埋まっていました。

メニューの数は多くありませんが、ここのお料理は全制覇してみたくなるようなお店です。

映画もとても良かったですし、友達と素敵な週末の夕べを過ごし、幸せな気分になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-20 01:50 | レストラン

チョリソーとムール貝のマリニエール & 南瓜と柿と葡萄のサラダ

昨年、ダウンタウンにあるビストロ、Café Chloeで食べたチョリソー入りのヴァレンシア・ムール貝が美味しくて、いつか作ってみようと思っていました。

あれから1年。やっとチャンス到来です。白インゲン豆とシチューにしたときのチョリソーと、ニジヤさんで売られていたムール貝で作ってみました。想像通り、チョリソーとムール貝の両方から良いお出汁が出て、とても美味しく出来ました。

a0127398_145936.jpg

ドーンとお鍋のまま食卓に出し、お皿に取り分けます。といっても一人分ですが。

a0127398_1452925.jpg

少し残ったので、これをパスタに添えて、翌日のお昼に決定です。

a0127398_14550100.jpg

サラダは少しボリューム感のある南瓜。合わせたものは柿、種無し葡萄、ローストした胡桃、バジルの千切り。ドレッシングはプレーンヨーグルト、塩、レモンのゼスト、レモン汁、オリーブオイルです。

a0127398_146451.jpg

南瓜は適当な大きさに切ってからフワッとラップをかけて電子レンジで3分ほど。皮をむいてから更に親指の先大に切ります。柿も指先大、皮も食べられる葡萄は半分に切ります。レモンの香りの良い美味しいサラダです。


チョリソーとムール貝のマリニエール
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」参考
材料(二人分)


オリーブオイル 適宜
赤パプリカ  半個 みじん切り
玉葱  中半個 みじん切り
ガーリック  2片 みじん切り
タイム 少々
胡椒 少々
トマトの缶詰 3/4カップ
チョリソー 薄切り10ー12枚
辛口白ワイン  100ml
ムール貝  約600g  足糸(糸くずのようなもの)を取り、きれいに洗う

1.厚鍋にオリーブオイルを熱しパプリカ、玉葱、ガーリック、タイムを入れて野菜が柔らかになるまで炒める。胡椒を加える

2.トマトの缶詰とチョリソを加え、2ー3分煮る。

3.ムール貝と白ワインを加え、蓋をして中火で貝が開くまで煮る。すぐにサーヴする。

チョリソーやムール貝は塩気があるので、塩は入れません。
また、バゲットやパスタを添えるのも良いでしょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-17 01:48 | レシピ

シアーしたマグロのサラダ ニソワーズ

800gを超えるマグロは食べがいがあります。塩麹に漬けて二日目のマグロのサクは全面をさっとフライパンで焼き色を付けてスライスし、サラダニソワーズにしました。

一番下にレタス、その上に茹でてスライスしたじゃが芋、胡瓜、茹でたインゲン、ゆで卵、パプリカ、青ネギの薄切り、ミニトマト、オリーブ、アンチョビそしてシアーしたマグロ。最後にバジルをのせて、具沢山のメインになるサラダです。

a0127398_1573021.jpg

ドレッシングはガーリックのみじん切り、塩胡椒、赤ワインヴィネガーとオリーブオイル。これにディジョンマスタードを入れても良いのですが、この日は他のものとかぶるのでマスタードは無しにしました。

彩りも華やかで、昔はよくお客様にお出ししたものです。ふと思い出して作ってみましたが、塩麹に漬けたマグロはしっかり味がついているのに塩辛い訳ではなく、美味しく頂きました。

メインになるとは言え、サラダだけでは寂しいので、もう一品は帆立と青ネギの巣ごもり。

a0127398_1583338.jpg

これも良く作る私の前菜の一つです。お刺し身用の帆立はオリーブオイルをまぶし、非常に熱くしたフライパンで片面1分ずつ。後でパプリカをふりかけます。

ドレッシングはディジョンマスタード、青ネギの茹で汁、塩胡椒、オリーブオイルです。

a0127398_15897.jpg

残っていた赤ワインにオレンジとオレンジリカーを入れ、冷蔵庫で冷やし、飲む前に炭酸水を加えてサングリアに。夏にピッタリの食卓でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-18 02:00 | レシピ

塩レモンと鶏肉とガーリックと野菜の蒸し煮

塩レモンの存在を知ったのは約1年前。今までは塩レモンとその汁でマリネした料理ばかりでしたが、夕べは塩レモンのゼスト(皮)を隠し味のように使った鶏肉料理を作りました。

塩レモンも色々な作り方がありますが、今回使った塩レモンは縦に十字に深い切り込みを入れ、レモンの重さの10%の塩を入れて混ぜ、プレッシャーをかけるものです。漬け物器を使っても良いでしょうが、私は小さめの器にギュウギュウに押し込めて、器の上から飛び出しているレモンを蓋で押さえ込んでプレッシャーをかけました。

大分使った後の写真で恐縮ですが。

a0127398_214894.jpg

冷暗所で一月くらい置いておくとトロッとしたレモンの汁が上がってきます。後は冷蔵庫でプレッシャーをかけずにタッパーなどに入れて保存します。

さて、この塩レモンの皮を薄くナイフではぎ取り、1センチくらいの角切りにし、一旦砂糖水でさっと茹でます。マイルドになった塩レモンを隠し味のように使うのです。(ほとんどの塩レモンは皮と出て来た汁とを使い、実は捨てます。)

人参、エシャロット、皮付きのままのガーリック、じゃがいもと一緒に骨付き鶏のもも肉をチキンストックと白ワインで蒸し煮にしたものです。ほのかなレモンの香り、時々口の中に入る塩レモンの味がアクセントになる美味しい料理です。

a0127398_221225.jpg

オリジナルは鶏一羽を使ってオーブンで煮込みますが、夏はなるたけオーブンを使いたくないのと、少人数でも気軽にできるように厚鍋で煮込んでみました。

a0127398_22312.jpg

野菜もたっぷりなので後は簡単なサラダがあれば充分です。

a0127398_224850.jpg

デザートは安売りだったラズベリー。ラズベリーに赤ワイン、シャンボール(ラズベリーのリキュール)、メープルシロップ、千切りのミントを加えてかき混ぜ、冷蔵庫で冷やしたものです。

a0127398_23292.jpg


塩レモンと鶏肉とガーリックと野菜の蒸し煮
レシピ:Dorie Greenspan著「Around my french table」を参考にしてアレンジ
材料 (2人分)


鶏肉 骨付きもも肉 2本
塩レモン 半個分
オリーブオイル 適宜
人参 大1本 皮をむいて大きめに切る
エシャロット(又は小玉葱)6個
ガーリック 丸のまま1個 薄皮をむいてバラバラにする 実についている皮はそのまま
じゃが芋 大1個 又は小4個 皮をむいて大きかったら適当に切る
パセリ 2ー3本
タイム 2本
ロズマリー 2本
チキンストック  1/2カップ
辛口白ワイン  1/2カップ
塩、胡椒

1.水1カップに砂糖1/4カップを入れて煮立ったら、塩レモンを入れて1分、笊に取る。(砂糖水は捨てる。)

2.フライパンにオリーブオイルを熱し、野菜類とガーリックを入れて全面が狐色になるように炒め、塩胡椒し、厚鍋に移す。

3.同じフライパンにオリーブオイルを足し、鶏肉の両面を狐色になるまで焼き、塩胡椒し、野菜類と同じ厚鍋に移す。

4.ハーブ類、チキンストック、白ワインを加えて煮立ったら弱火にして蓋をし、煮込む。大体20分くらい。

5.お皿に鶏肉、野菜類、スープと共に盛りつけ、ハーブ(分量外)を飾る。


*私はなかったので入れませんでしたが、オリジナルではセロリも入っています。

*今日のお昼、残り物を頂きましたが、前日よりレモンの香りと味が濃くなっていました。スープもしっかり塩レモンの酸味のある味付けで美味しくなっていました。

ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun | 2014-06-18 02:06 | レシピ

ブログ5周年&はじめての「こんだてnote」

早いものでブログを始めて今日で丁度丸5年を迎えました。当初は時々更新する軽い気持ちだったのですが、気がつけば毎日のように更新して、私の生活の大事な一部になりました。

これもひとえに読んで下さる皆様の支えがあってこそのことと、感謝の気持ちで一杯です。特に長年コメントをやり取りしている方々は、ほとんどがお会いしたことがないのですが、まるで旧知の友のように親しく感じています。改めて、ありがとうございます。

さて、5周年を記念した訳ではありませんが、「レシピブログ」の「こんだてnote」というものをはじめて作ってみました。

「レシピブログ」に登録なさっている方はご存知だと思いますが、他の方々や自分のレシピを組み合わせて、献立を作り応募するものです。

今回は「夏のホームパーティーこんだて」に二点応募しました。図々しくも全部自分のレシピから選びました。「洋風」と「アジア・エスニック」です。よろしかったら訪れてみて下さい。

洋風のホームパーティー献立
夏色を食べて元気に
爽やかに♪



元々の私のブログは下記のサイトです。


ポーチした鮭・ラヴィゴットソースとクスクス
パプリカとラズベリーの冷製スープ
チェリークラフティ

アジア・エスニックのホームパーティー献立

フルーツたっぷりで気
分はトロピカル




私のブログは
鶏肉とパイナップルとカシュウナッツの炒め物
タイ風セヴィチェ
白木耳とフルーツのスィートスープ

沢山ある中から献立を決め、タイトルやコメント、背景などを決めるのは少し大変でしたが、楽しくもありました。

皆様もこれから夏に向けて、美味しいものを沢山召し上がって元気にお過ごしなさいますように。そして、今後ともよろしくお願いいたします。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-15 02:38 | レシピ