やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストラン ( 137 ) タグの人気記事

Salk研究所

9月1日(火)

生まれ変わったら建築家になりたいという友達。

a0127398_115259.jpg

ユニークな建物で知られるSalk研究所を訪れました。ポリオのワクチンを開発したJonas Salkが1960年に建てた研究所で、現在でも生物学の研究所として世界的に有名です。

a0127398_115444.jpg

「希望は夢を現実にしようと挑む人々の夢と想像と勇気の中にある。」
とでも訳せば良いのでしょうか。

a0127398_116683.jpg

青い空と白い建物、中央を流れる水のコントラスト。

a0127398_1161884.jpg

打ちっぱなしのコンクリートと木材の組み合せは今でも斬新です。

a0127398_1163236.jpg

a0127398_1164488.jpg

ハンググライダーのポートがすぐそばにあるので、それも絵になります。

a0127398_1165769.jpg

無機質の建物の中にあって、カラフルなポスターが目をひきます。この広場で、毎年夏にサンディエゴ・シンフォニーのコンサートが催されるのだとか。その10年分のポスターです。

ここで軽くサンドイッチ(といってもアメリカのサンドイッチは大きいので一つ買って二人で半分こ)を食べ、お向かいの大学UCSD(University of California, San Diego)に寄りました。何故か写真は無しでごめんなさい。

夕食はラ・ホヤのレストラン、Eddie V’s

a0127398_1171778.jpg

私の前菜は海老と蟹のサラダ。

a0127398_1172841.jpg

彼女はトマトとモッツァレラのカプレーゼ。

a0127398_1173880.jpg

メインはオヒョウのグリルと茸のモレルのソース。

a0127398_1174989.jpg

デザートはクレーム・ビュルレー。

何回も来ているので、あまり目新しくなかったせいか、可もなく不可もなく。

こうして五日目の滞在も楽しく過ぎて行きました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-09-13 01:19 | サンディエゴ

オールドタウン

30日の日曜日はミュージカル、「Pippin」を鑑賞。ブロードウエーの全米ツアーが丁度サンディエゴで公演していてラッキーでした。歌は少ないもののマジックやアクロバット満載の楽しいミュージカルでした。

8月31日(月)

サンディエゴのダウンタウンにほど近い一角にオールドタウン州立歴史公園があります。18世紀後半から19世紀初頭にかけて入植したスペイン人の居住地として栄えた場所です。友達の滞在四日目はここを訪れました。

現在では当時のコミュニティーを再現した歴史公園になっています。

a0127398_1372627.jpg

Casa de Estudillo 1827年に建てられたメキシコの将軍のスペイン風の館。現在は博物館になっていますが、この日は閉館日で中には入れませんでした。

a0127398_1375027.jpg


a0127398_138286.jpg


近くの住宅街もユニークです。

車を無料の駐車場に入れて、公園へ。
a0127398_1383364.jpg


a0127398_138512.jpg


a0127398_139411.jpg


サンディエゴ各地から移築復元された大邸宅があるHerritage Park。ここも中には入れず。

またてくてく歩いてお店の建ち並ぶ一角へ。
a0127398_1394229.jpg


a0127398_140287.jpg


a0127398_140189.jpg


色鮮やかな民芸品が並ぶBazzar del Mundo。オールドタウンはメキシコの領地だったこともあるので、メキシコの民芸品やレストランが数多くあります。

a0127398_1404120.jpg


a0127398_1405921.jpg


オールドタウンのはずれにあるメキシコ料理のお店、El Agaveに車で移動してランチ。ディナーには何回か訪れていますが、ランチは始めて。セヴィチェは夕べの残りのような感じで、酢の味がきつ過ぎましたし、全体的にディナーの方が美味しいようです。(しかもコーンチップスの鮮やか過ぎる色!)

a0127398_141587.jpg

さて、気を取り直してオールドタウンを再度散策。

a0127398_1421420.jpg


a0127398_1422994.jpg


シェリフの部屋や、ゴールドラッシュ時代の分銅。

a0127398_1424284.jpg

現金輸送車。当時は現金輸送は命懸けだったのでしょうね。なお、Wells Fargoは今でも銀行として存在しています。

この日はとても暑かったです。但し、学校はもう始まっていたので、(こちらの学校は8月の末に始まります。)あまり混んでいなかったのがせめてもの救いでした。

夕食の様子は次回に。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-09-11 03:03

ラ・ホヤ(La Jolla)の海岸 コーンの冷製スープと蛸とポテトのサラダなど

8月29日(土

この日、今まで涼しかったサンディエゴは気温が30度近くの暑い日になりました。猛暑続きだった日本は雨模様で涼しいのだとか。世の中ままならないものです。

a0127398_0532476.jpg

ラ・ホヤの海岸で野生のアザラシを見ようと思っていたのですが、少し前までアザラシで一杯だった入り江は人で一杯。あのアザラシはどこへ行ってしまったのでしょう。

ペリカンが悠々と飛ぶ海岸
a0127398_0534485.jpg

Children’s Coveと呼ばれるこの入り江は長い間、人間かアザラシかで論争が続いていたのですが、遂に人間が勝ってしまったようです。

2013年月の写真2枚
a0127398_05487.jpg

a0127398_0542125.jpg

2013年3月28日にはこんなに沢山のアザラシを間近に見ることが出来たのですが、残念!

a0127398_0544526.jpg

a0127398_055391.jpg

青い海と青い空を見た後は、ラ・ホヤにあるHerringboneでランチ。海老のタコスとロブスターのサンドイッチを二人で半分ずつ。海老もロブスターも一杯入っていて美味しかった。

スーパーマーケット巡りが大好きだという友達。ランチの後はニジヤさんで松茸、マグロと蛸のお刺し身を調達。

a0127398_0551699.jpg

知野ファームのコーンは冷製スープに

a0127398_0553973.jpg

マグロはアボカドとミニトマト、香菜で柚子胡椒風味のセヴィチェ

a0127398_0555053.jpg

蛸と茹でたじゃが芋とスベリヒユのサラダ

a0127398_0575481.jpg

松茸はグリルして粒塩をかけただけのシンプルな一品。アメリカ産の松茸の香りは日本のものに劣るでしょうが、何しろお手頃価格なのが嬉しいです。

a0127398_0581140.jpg

デザートは自家製のバニラアイスクリームに無花果のコンポート。無花果はポートワインと蜂蜜で皮ごと煮ました。

5年ぶりに会ったので、積もりに積もったお喋りをしていると、あっという間に時間が経ちます。この日も特別なことはしなかったのに、一日がいつの間にか終わってしまいました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-09-10 01:07 | サンディエゴ

お洒落な街 ラ・ホヤの洒落たシーフードレストラン Herringbone

一昨日、メトロポリタンオペラのHD、夏のアンコールシリーズを見る前に、ラ・ホヤのレストランを訪れました。

a0127398_1204373.jpg

Herringbone(鰊の骨)という変わった名前のお店はラ・ホヤのダウンタウンのほぼ中心にありながら、十数台分の駐車場もある便利さです。

a0127398_1211658.jpg

5時から開くディナーにまたしても10分早く着いてしまいました。お店を入ってすぐの場所はバーで、4時から6時まではハッピーアワーでお安くなっています。

a0127398_1213029.jpg

店内は大きなオリーブの木が何本も植えられているユニークな雰囲気。高い天井、オープンキッチン、と今流行の造りです。

一番乗りだったので、店内をゆっくり写真に収めることが出来ました。

メニューもユニークで種類も豊富です。

a0127398_1215646.jpg

前菜はズッキーニの花の中に海老のすり身、豚肉を詰めた揚げ物。ちょっと塩辛いけれど美味しい。二人でシェアー。

a0127398_122916.jpg

友達はシーバス(スズキの一種)のグリル、クスクス、プラム、ナッツを添えたバルサミコ酢のソース。プラムと魚の組み合せはユニークで、これがとても合って、美味しかったそうです。

a0127398_1222384.jpg

私は丸のままのブランジーノ(シーバスより小さいけれどスズキの一種)のロースト。グリーンピースのピュレとさやえんどうの蔓、ベビーアーティチョーク、ヨーグルトソース。

a0127398_1223622.jpg

中骨は抜いてあり、お腹に入っているマイヤーレモンとオレンジ、ミントの香りがとても美味しい。

a0127398_1225129.jpg

そして、デザートはココナッツのフローズン・ムース。プラムのシャーベットとジンジャー・スナップを添えて。これもとても美味。花びらを散らして、プレゼンテーションも素敵です。

お店の雰囲気も良いし、駐車場もあるし(これは駐車料金が高いこの地域としては大事)、お料理も良かったし、また来ましょう、と約束してオペラの映画「アイーダ」へと向かったのでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-01 01:24 | レストラン

ラ・ホヤのお洒落なレストラン

サンディエゴの中で一番高級でお洒落な街として知られるラ・ホヤ。

夕べはメトロポリタン・オペラのHD、夏のアンコールシリーズ「椿姫」を見る前に、友達とラ・ホヤのEddie V’sで夕食をしました。

予約の5時より10分も前に着いてしまいましたが、バーは4時から開いています。私は今アルコールは控えていますし、友達もオペラ映画を見る前に飲んだら寝てしまいそうだというので、おとなしく待ちました。

受付の方が、時間になるまでどこにでも座ってお待ち下さい、という親切な対応。

案内された席に着いてほどなく、香ばしい香りと共にパンがやってきました。「いい香り」と言った友達に、「オーブンから出したばかりですから」とウエーターさん。

a0127398_2344360.jpg

なかなか美味しいパンを出す所が多くはないアメリカのレストランですが、ここは合格。

a0127398_2345919.jpg

まずは、二人とも蟹とコーンのチャウダー。ベーコンの塩味と生クリームの濃厚さ、やけどする程熱いじゃが芋。熱々のスープを出す所もなかなかないのです。前回来たときに頂いたロブスタービスクは、確かあまり熱々ではなかったような。これはとても美味しい!

a0127398_2351392.jpg

メインは友達はアヒマグロのシアー、グリーンパパイアサラダ。焼加減をミディアムレアーと頼んだのですが、出て来たのは全くのレアー。これじゃお刺し身。と言う友達に、もう少し焼いてきます、とウエーターさん。

焼き過ぎになったら困るな、と心配したのですが、次はパーフェクトなミディアムレアーで持って来てくれました。

a0127398_2352789.jpg

私の方は帆立のソテー。オレンジとピンクグレープフルーツ、ローストしたアーモンド、ブラウンバター。この焼加減はパーフェクトなミディアムレアーでした。

真ん中は火が通ったかどうかギリギリなので、ジューシー。帆立は柑橘類と相性がバッチリです。素材の良さと高度な技が光る一品でした。

a0127398_2354169.jpg

副菜に頼んだシュガー・スナップ・ピーのソテーもとても美味しかったです。野菜そのものの質の良さとアジアン・テイストのソースも良いコンビネーションです。

a0127398_2355883.jpg

デザート前の暫しの休憩。予約のときに希望した室内の窓際の席。希望通り海を見渡せる角の2面窓になった特等席でした。崖の下には岩の様に動かない何頭かのアザラシも見えます。

さて、かなりお腹が一杯になったものの、デザートは別腹。一つを二人でシェアーしました。(と言いながら殆ど私が食べてしまいましたが。)

a0127398_2362288.jpg

頼んだのはバタースコッチ・パンナコッタ。塩味のキャラメルに惹かれたのですが、ちょっと甘過ぎ。パンナコッタ自体の甘さは丁度良かったのですが。でも、滑らかさと柔らかさは私も真似したいものです。

ついて来たビスコッティは残念ながら、私の方が美味しいかな?

今回3回目の来訪でしたが、場所も食事もサーヴィスも素晴らしく、満足してオペラ映画へと向かったのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-10 02:39 | レストラン

サンディエゴのトレンディなレストラン

2日前の土曜日、美味しいレストランの情報に詳しい友達に誘われて、ダウンタウンに近いリトル・イタリーという地域にあるレストラン、Juniper and Ivyを訪れました。

a0127398_101173.jpg

さて、このレストラン、外観もメニューも今はやりです。オークランド、ロサンジェルスで訪れたレストラン、全てむき出しの天井です。きっとコストもかからないのでしょう。

a0127398_10254.jpg

アミューズの小さなパイ。ハーブの香りのする温かなホワイトソースのフィリングが美味しい。

スモールプレートを4つ頼んで友達とシェアー。一人二皿で充分とウエートレスさんはおっしゃいましたが、小食の私たちでもかなり軽め。

a0127398_104250.jpg

蟹(ストーンクラブ)とコーン(生)、ミニトマト、ネクタリンをマヨネーズで和えたもの。

a0127398_105795.jpg

ボタン海老のグリル。頭の部分の味噌も美味しく食べられます。

a0127398_111125.jpg

茸(シャンテレル)のソテーにロブスターのソース。ソースがとても美味。

a0127398_112689.jpg

銀ダラのソテー。銀ダラを野菜と一緒に洋風にソテーするのも美味しいものですね。これは真似が出来るかな?

a0127398_114857.jpg

最後は桃のムース。かなり想像とは違う物が出てきたのですが。。。甘さもアメリカとしてはくどくなく、そこそこ美味しいけれど、キャラメライズされたグラノーラが多すぎて少し邪魔。朝ご飯みたいになってしまいます。

ここはワインやカクテルの種類が豊富です。お酒を飲みながら色々な小皿をつまむのには最適でしょう。でも、お酒を飲まない友達と運転手の私なので、それが少し寂しい。

土曜の夜なので、お店は若い人たちで混み合っていました。サンディエゴにもようやくトレンディなレストランが出てきたようです。それはとても喜ばしいこと。今度は別の物を食べに来てみましょう。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-30 01:03 | レストラン

ロサンジェルス・フィル&ランチ

ロサンジェルス・フィルハーモニックを率いる話題の若き指揮者、Gustavo Dudamelのコンサートが聞きたくて、昨24日、ロサンジェルスまで行ってきました。

2003年に完成したロサンジェルス・フィルの本拠地であるWalt Disney Concert Hallもユニークな外観で知られる素晴らしい建物です。
写真は上記のwikiからお借りしました。

a0127398_328295.jpg

3階の中庭もちょっとしたオアシスになっています。

a0127398_328298.jpg

a0127398_3284686.jpg

a0127398_329135.jpg

音響の良いホールの内観も現代的で美しく、中央のパイプオルガンも装飾的で目を惹きます。

a0127398_329167.jpg

さて、プログラムはファリャとフラメンコのマチネーです。

a0127398_3292937.jpg

スペインで生まれ、サンディエゴ在住の有名な音楽一家の一員であるAngel Romeroがギターを弾くロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」を中に挟んだプログラムです。

最後のファリャの「El amor brujo」はクラシック音楽のオーケストラをバックに、フラメンコのダンサーと歌い手とギターが入るユニークな心揺さぶられるダンスと音楽でした。

a0127398_329484.jpg

マチネーは午後2時からですので、その前に近くで評判のBaco Mercatでランチ。

a0127398_3301355.jpg

お店の方が薦めて下さったように、フラットブレッドを一つ、サイドディッシュを二つ頼んで、4人でシェアー。

a0127398_3302616.jpg

ローストしたロマネスコのサラダ。若布が入って、ドレッシングは柚子と醤油入り。ユニークでとても美味しい。

a0127398_3303865.jpg

ベイクした茄子とモッツァレラ。これも美味しい。

a0127398_3305294.jpg

どれも美味しかったので、きっとデザートも期待できるのではと、私はピスタチオのチーズケーキ。

a0127398_331942.jpg

友達の一人はヘーゼルナッツ・チョコレート・クリーム。

やはり甘さが控え目で美味。皆満足して、コンサートに向かったのでした。

サンディエゴからロサンジェルスまでは車で約2時間の道のりです。丁度道半ばで、タイヤがパンクするというハプニングに見舞われました。友達と計4人乗った車を運転していたのは私です。

2週間前に車のメインテナンスをしていたので、まさかの出来事。ハイウエーの路肩に止めて、AAAに電話をして(友達が親切に私の代わりに電話してくれました。)40分後には全て終わり、無事予約していたレストランに向かうことが出来ました。

事故にもならず、本当に不幸中の幸いでした。友達と私のスマホ、2台で電話と位置の確認に大活躍でした。

思わぬ出来事がありましたが、美味しいランチも食べ、良いコンサートを聞き、楽しい一日になったことを心の底からありがたく、温かく私をサポートしてくれた友達に感謝の気持ちで一杯です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-26 03:34 | 音楽

韓国料理のランチとカルミナ・ブラーナ

何ヶ月か前にテレビジャパンで放映されていた「マークスの山」のテーマミュージックをとても気に入っていた友達。こんな音楽のコンサートがあったら教えてね、と言われていました。

このテーマミュージックはカール・オルフのカルミナ・ブラーナにそっくりです。この週末、サンディエゴ・シンフォニーが演奏するというので、友達と行ってきました。

日曜のマチネーなのでコンサートの前にまずは腹ごしらえ。ホールの近くには日曜のランチをやっている所が少ないので、アジアのお店が集まっているConvoyエリアの韓国料理店,Grandma Tofu and Korean BBQ,を訪れました。

まだ、11時半にもなっていないのに、お店は半分以上埋まっています。皆さんブランチなのでしょうか?

a0127398_2364099.jpg

8種類のパンチャン。韓国料理はこれが嬉しい。その向こうは友達が頼んだmediumの辛さの茸のスンドウブ。

a0127398_237214.jpg

もう一人の友達が頼んだビビンバ。沢山のお野菜とお豆の入ったご飯。

a0127398_2373328.jpg

a0127398_2375993.jpg

私は喉の調子が良くないので全く唐辛子の入っていない”White”のスンドウブ、シーフードが一杯入っている豆腐チゲ。柔らかなこのお豆腐が私は大好きです。

ビビンバがとても美味しかったとのこと。今度はこれにしてみましょう。斜め後ろの韓国人カップルが食べていたお鍋。丸のままの蛸を食卓の上でハサミで切り分けていました。興味があります。なんだかとても美味しそう。

お腹がくちくなったところでコンサートホールへ。

この日のプログラムの最初はショスターコヴィッチのピアノコンチェルト、第1番。ピアニストのConrad Taoはこの6月で21歳になる新進気鋭のピアニスト・作曲家です。

a0127398_2381776.jpg

ボタンダウンのシャツというカジュアルな格好で出てきたTao。このスタイルといい、指が恐ろしく良く回るところも、ちょっとランランに似ています。

何しろこの若さで、既に世界中で活躍し沢山の賞ももらっているのですから、今後がますます期待されます。

さて、お待ちかねのカルミナ・ブラーナ。私はこの曲を音大の学生だった頃、大学の定期演奏会でコーラスの一員として歌ったことがあります。声楽家の学生の授業の一環とは言え、週に4時間、3ヶ月練習をしたのですから、良く覚えています。

a0127398_2384075.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、この曲は大編成のオーケストラ、混声合唱、児童合唱、ソプラノ、カウンターテナー、バリトンの独唱者と大人数を要するスケールの大きな曲です。

指揮者はサンディエゴ・シンフォニーの副指揮者、Ken-David Masur。細身の身体でしなやかに、ダイナミックでエネルギッシュな指揮は出色でした。

今まで聞いたサンディエゴ・シンフォニーの中でかなり上位にランクする演奏でした。もちろん、曲自体の魅力に負うところも大きいでしょうが、とても素晴らしいコンサートでした。

美味しいランチの後の良いコンサート。この日も楽しい日曜日でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-05 02:42 | レストラン

Seasons 52 ーちょっと洒落たアメリカ料理のレストランー

2日続けてレストランでのランチになりました。

モールの中にあるレストランは大体はイマイチの所が多いのですが、ラ・ホヤのUTCにあるSeasons 52はなかなか美味しい料理を提供してくれます。

午前11時から夜の9時まで通しで開いており、ワインバーで簡単なつまみも頂ける便利さから、いつも混んでいるので、食事の際は予約が必要です。

a0127398_294381.jpg

さて、友達3人で訪れたこの日、私は最初にアスパラガスのスープ。レモンの酸味と風味がユニークです。

a0127398_295977.jpg

メインは私にしては珍しくローストチキン。外側の皮がパリパリで中はジューシー。とても美味しく焼き上がっていました。

a0127398_2101548.jpg

友達は二人ともキャラメライズした帆立のソテーがリゾットの上に。

a0127398_2103061.jpg

かなりお腹一杯になりましたが、友達とデザートを半分こ。様々なパルフェから、友達はピーカンを選びました。アメリカにしては甘さ控え目で、美味しかったです。

この日も話の種が尽きないガールズトーク。3時間くらい居座ってしまいました。美味しいランチを食べて、お喋り三昧。この日も楽しい一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-04-27 02:12 | レストラン

カフェ・シークレット ー友達とのお別れー

音楽仲間の一人がまた日本へ帰られます。この4月にも一人が帰ったので、四人の仲間が半分に減ってしまいます。

私の娘程の若い仲間ですが、同じ音楽という共通項で結ばれているので、年齢差を感じたことがありません。

3人で我が家にほど近いペルー料理のお店、Cafe Secret でお別れを兼ねたランチをしました。残念ながらこの日は肌寒い曇り空。(このお店は外にしかテーブルがありません。一応屋根はついていますし、ストーブがあるので、冬でも寒くありません。何と言っても南カリフォルニアは暖かなのです。)

3人で色々頼んでシェアーしました。カメラを持っていくのを忘れたので、iphone での撮影です。

a0127398_849581.jpg

エンパナーダ。私の中味はポルタベッロ、友達はチキン、もう一人の友達はビーフ。ビーフのエンパナーダには粉砂糖が降り掛かっていて、これがビーフと合って美味しかったそうです。

私のは少し塩辛かったけど、お味は良かったです。

a0127398_8492377.jpg

刺し身スタイルの白身魚のセヴィチェ。パッションフルーツのソースとのコンビネーションが抜群。これはそのうち真似してみましょう。

a0127398_8493995.jpg

魚介類のミックスのセヴィチェ。帆立、グリーンマッセル、蛸、烏賊、海老、大きな粒の二種類の玉蜀黍。複雑な唐辛子と香菜とライムの香りが美味しい。

a0127398_8495074.jpg

鶏肉と香菜のスープ。ご飯が沢山入っていて、スープというよりはお雑炊。香菜の香りが効いていて、これも美味。

a0127398_8583698.jpg

マッシュしたポテトとアボカドとガーリック・シュリンプをタワーのように積み上げたお洒落な一品。ポテトがとても美味しい。ポテトが黄色いのは何故でしょう。これもピリッと辛いから、唐辛子の色?

気取らないお店なのに、出てくる料理は洒落ていて美味しいし、お値段も一人32ドルとリーズナブル。

皆さんもとても気に入ってくれました。

帰りは我が家によってコーヒータイム。いつか、どこかでの再開を約束して、その日まで、皆元気でいましょうね。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-04-26 01:45 | レシピ