やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロサンジェルス ( 7 ) タグの人気記事

ロサンジェルス・フィル&ランチ

ロサンジェルス・フィルハーモニックを率いる話題の若き指揮者、Gustavo Dudamelのコンサートが聞きたくて、昨24日、ロサンジェルスまで行ってきました。

2003年に完成したロサンジェルス・フィルの本拠地であるWalt Disney Concert Hallもユニークな外観で知られる素晴らしい建物です。
写真は上記のwikiからお借りしました。

a0127398_328295.jpg

3階の中庭もちょっとしたオアシスになっています。

a0127398_328298.jpg

a0127398_3284686.jpg

a0127398_329135.jpg

音響の良いホールの内観も現代的で美しく、中央のパイプオルガンも装飾的で目を惹きます。

a0127398_329167.jpg

さて、プログラムはファリャとフラメンコのマチネーです。

a0127398_3292937.jpg

スペインで生まれ、サンディエゴ在住の有名な音楽一家の一員であるAngel Romeroがギターを弾くロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」を中に挟んだプログラムです。

最後のファリャの「El amor brujo」はクラシック音楽のオーケストラをバックに、フラメンコのダンサーと歌い手とギターが入るユニークな心揺さぶられるダンスと音楽でした。

a0127398_329484.jpg

マチネーは午後2時からですので、その前に近くで評判のBaco Mercatでランチ。

a0127398_3301355.jpg

お店の方が薦めて下さったように、フラットブレッドを一つ、サイドディッシュを二つ頼んで、4人でシェアー。

a0127398_3302616.jpg

ローストしたロマネスコのサラダ。若布が入って、ドレッシングは柚子と醤油入り。ユニークでとても美味しい。

a0127398_3303865.jpg

ベイクした茄子とモッツァレラ。これも美味しい。

a0127398_3305294.jpg

どれも美味しかったので、きっとデザートも期待できるのではと、私はピスタチオのチーズケーキ。

a0127398_331942.jpg

友達の一人はヘーゼルナッツ・チョコレート・クリーム。

やはり甘さが控え目で美味。皆満足して、コンサートに向かったのでした。

サンディエゴからロサンジェルスまでは車で約2時間の道のりです。丁度道半ばで、タイヤがパンクするというハプニングに見舞われました。友達と計4人乗った車を運転していたのは私です。

2週間前に車のメインテナンスをしていたので、まさかの出来事。ハイウエーの路肩に止めて、AAAに電話をして(友達が親切に私の代わりに電話してくれました。)40分後には全て終わり、無事予約していたレストランに向かうことが出来ました。

事故にもならず、本当に不幸中の幸いでした。友達と私のスマホ、2台で電話と位置の確認に大活躍でした。

思わぬ出来事がありましたが、美味しいランチも食べ、良いコンサートを聞き、楽しい一日になったことを心の底からありがたく、温かく私をサポートしてくれた友達に感謝の気持ちで一杯です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-26 03:34 | 音楽

ロサンジェルスの美術館&中華のシーフードレストラン

クリスマスの翌日の12月26日、娘夫婦と一緒にロサンジェルス郡の美術館(Los Angeles County Museum of Art 略してlacma)を訪れました。ロサンジェルスにはいくつか良い美術館がありますが、ここもその一つです。でも、訪れるのは始めてのことです。

いくつもの建物があり、色々な催し物が同時に開催されています。神社の回廊のような柱の色と長い廊下。

a0127398_35850.jpg

工場のような建物。

a0127398_352410.jpg

1962年生まれのフランス人アーティスト、Pierre Huygheの作品。

a0127398_353764.jpg

皆子供に帰ったように見飽きない高速道路を走る車のアート。

a0127398_35521.jpg

a0127398_362765.jpg

アメリカの現代写真家、Larry Sultan(1946ー2009)。

1984年の有名な作品、My Mother posing for me。

a0127398_365550.jpg

ホームビデオからの写真集。日常のさりげない風景を切り取ったこの写真集に、なぜか感動しました。

a0127398_37175.jpg

ドイツの1920年代の映画のポスター。

a0127398_373935.jpg

この他写真を撮ってはいけないJames Turrell の不思議な光の空間、 Breathing Lightなど。

時として現代アートには心動かされないものが多いのですが、この美術館のこの日の展示はとても楽しむことが出来ました。

さて、お待ちかねの夕食です。彼らが調べておいた中華のレストラン、Sea Harbour Seafood Restaurantへ。

魚の浮き袋と蟹のスープ。

a0127398_382013.jpg

ローストチキン。ブラインしてからローストしたようです。

a0127398_385572.jpg

チャイニーズブロッコリと椎茸

a0127398_394583.jpg

蟹の揚げ物。

a0127398_310010.jpg

ロックコッド(Rock Cod:カサゴの一種)の蒸し物。

a0127398_3101671.jpg

蟹もロックコッドも生け簀から生きたまま持って来て見せてくれました。ロックコッドのお値段に吃驚しましたが、とても美味しかったです。

ついて来たデザートは甘さ控えめのお豆のスープ。

a0127398_3103472.jpg

どれもとても美味しく、7時過ぎには中国人ばかりで満席。この日は娘夫婦がご馳走してくれたので、余計美味しかったのかも。一日中運転の婿さん、お疲れさまでした。そして、二人ともご馳走さまでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-04 03:12 | レストラン

バリトン・ドミンゴ  3・6・2012

普通、人は年とともに声の質が低くなります。でも、それを利用して新たな声質のキャリアに挑戦したオペラ歌手が今までにいたのかどうか、私は寡聞にして知りません。テノールからバリトンへ見事に変身したプラシード・ドミンゴは、まさに稀有なオペラ歌手でしょう。

当日のプログラム
a0127398_2575243.jpg

1941年1月生まれのドミンゴは71歳を迎えた今年も艶と張りのある美しい声で、観客を魅了しました。3月4日、ロサンジェルスオペラ劇場でのヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」にバリトンの主役として登場したドミンゴは、圧倒的な存在感と貫禄を見せてくれました。高音はテノールの輝きをいまだに持っています。

a0127398_2583358.jpg

若い人に一歩も引けを取らないドミンゴの美声がいつまで続くのか、私自身の声とも重ね合わせて、一ファンとして、応援しながら見守りたいと思っています。

吹き抜けのロービーには巨大なシャンデリアが三つ。
a0127398_2585393.jpg

窓からは遠くの山が眺められる絶景です。
a0127398_2591517.jpg

オペラの前に劇場の近くのFirst & Hopeで頂いたランチ。野菜のフリッタータは見た目よりボリュームもあり、美味しかったです。

a0127398_2594171.jpg

デザートに自分の作ったものと比べたくて、エスプレッソ・パンナコッタを頼みましたが、残念ながら私が作ったほうが美味しいと思いました。

a0127398_30317.jpg

夕食はサンディエゴに帰り着いてから頂いたのですが、お腹がすいていたのと、友達4人の話に夢中だったのとで、すっかり写真を撮るのを忘れました。ロサンジェルスまで片道2時間のドライブも、友達と一緒でしたので、楽しいドライブでした。また来年も来ましょうと、皆で約束しました。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-03-07 03:03 | 音楽

はじめてのオフミ       11・18・2010

ブログを始めて、オフミという言葉を知りました。オフライン ミーティングを縮めてオフミ。最近の日本語らしい使い方です。言葉の斟酌はともかく、昨日は、このオフミというのを始めて経験しました。お相手は以前に紹介したことのある「ヤブ姉さん」です。(青字をクリックするとヤブ姉さんのブログにいきます。)

同じカリフォルニアに住む同士、いつかお会いしたいですね、とブログ上でやり取りしていましたが、それが遂に実現したのです。カリフォルニアは広いので、ロサンジェルスとサンディエゴでは、車で2時間かかります。なかなかおいそれとはいきません。ところが、夫がどうしてもロサンジェルスへ行く用事が出来、「ヤブ姉さん」とのオフミとあいなったのです。

ロサンジェルスに詳しいヤブ姉さんにランチにふさわしい美味しいレストランを紹介していただき、そこでお会いしました。レストランの名は「South Beverly Grill」。名前が示すとおり、かの有名なビヴァリーヒルズの おしゃれな一角にあります。店内もトレンディで、出てきたお料理もファンシーでとても美味しく頂きました。

私が頼んだ帆立貝のサラダ。帆立貝の焼加減も丁度よく、白いんげん豆のシチュウもとても美味しかったです。

a0127398_2214278.jpg

夫が頼んだ軽くくソテーしたマグロのニソワーズサラダ。これもとても美味しかったそうです。

a0127398_2221913.jpg

始めてお会いしたのに、なんだか旧知の友だちのように、とても楽しくおしゃべりし、あっという間に時間が経ってしまいました。「ヤブ姉さん」はブログで拝見していた通りの素敵な方でした。礼儀正しく、行動的で、爽やかで。

御自分の専門のアンティークの話をするときの、キラキラした眼の輝き、情熱的な話し振りはとても魅力的でした。私は自分がしていることにパッションを持って、ひたむきに取り組んでいる方が大好きです。お喋りをした後、とても清清しい気持ちになりました。

ブログをしていなかったら、こんなに素敵な方との出会いは無かったでしょう。今度は、サンディエゴでヤブ姉さんのご家族も交えてお会いしましょうね。

a0127398_224654.jpg

お土産に頂いたパンプキンケーキ、しっとりして甘さもひかえめで、とっても美味しかったです。ご馳走様でした。

a0127398_225022.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-11-19 02:27 | ともだち

ポーク・パンプ(Mei Long Village レストラン)      1・3・2009

友達のいるサンフランシスコまで運転すると言う娘たちと一緒にロサンジェルスの東、サン・ガブリエル(San Gabriel)にあるチャイニーズ・レストランまで、ポーク・パンプを食べに行きました。

サン・ガブリエルの街に入ると、台湾のどこかの街に入りこんだ様な錯覚を起こすほど、中国語の看板が溢れています。この街にあるMei Long Villageというレストランがお目当ての場所です。ここを訪れるのはこれで3回目。いずれもポーク・パンプを食べに来たのです。もちろん、ロサンジェルスに用事があるときにかこつけて訪れたのですが、今回は娘たちがここの名物、ポーク・パンプとスープ・ダンプリング(Xiao Long Bao)を食べたいと言うので、連れて来ました。

ポーク・パンプ(Pork Pump)は骨付きの豚肉の足を長いこと蒸すか煮るかしたものだと思うのですが、お箸で簡単に崩すことができるほど柔らかく、皮もとろとろで、とてもおいしかったです。

ウエイトレスさんが親切にも写真を撮る間、待っていてくれたにもかかわらず、
ちょっとピントがずれてしまいました。

a0127398_2284465.jpg

ウエイトレスさんが切り分けてくれました。
a0127398_2301424.jpg

ライオン・ヘッドと言う変わった名前です。白菜しか見えませんが、中には大きな肉団子が入っています。これがやわらかくて、とてもおいしいのです。

a0127398_2303512.jpg

魚のフィレと海草のフライ。海草は青海苔です。衣がサクサクとして、青海苔の香りがとてもおいしい一品です。
a0127398_231789.jpg

チャイニーズ・オクラとビーンカーネル。きゅうりの感触に似ていますが、何の野菜か良く分かりませんでした。豆は枝豆でした。これもとてもおいしかったですよ。

a0127398_2313960.jpg

そして、もうひとつのここの名物、スープ・ダンプリング(Xiao long bao;スープ入り餃子)。かにと豚肉入りを頼んだのですが、これも非常においしかったです。鼎泰豊(ディン・タイ・ファン) よりおいしいと言う人も沢山います。私は10年くらい前に始めて、まだどこにも支店がないとき、台北の鼎泰豊で食べたスープ・ダンプリングが衝撃的なおいしさでしたので、それと比べることはできません。

a0127398_2322081.jpg

味の記憶というのは味そのものだけでなく、雰囲気とか期待度とか色々な条件で変わってきます。ですから、この古い記憶とは単純に比較できないのです。でも、メルボルンで食べたスープ・ダンプリングよりは、はるかにおいしいと言うことで、夫と意見が一致しました。

娘たちと別れて、ハイウェーをひた走りました。今回はI-15を通りました。我が家からですと少し遠回りですが、道中がシニック・ロードのようにきれいなところを通りますので、気持ちの良いドライブです。

遠くの山に雪がかぶっているのが見えますでしょうか。
a0127398_2343569.jpg

いかにも南カリフォルニアらしい景色。
a0127398_2352266.jpg

a0127398_2353920.jpg

往きは私が運転しましたが、帰りは夫。お腹が一杯でしかもこの日は内陸は摂氏28度まで気温が上がり、気持ちよすぎて、ついウトウトしてしまいました。

Mei Long Village (左の字をクリックするとYelpのページに行きます。このレストランはホームページがありませんので、Yelpのページにリンクしました。)
[PR]
by Mchappykun | 2010-01-04 02:39 | レストラン

LAのイタリアン・レストラン:Drago Centro        11・23・2009

21日の土曜日、オペラの前に夫が予約しておいたイタリア料理のお店Drago Centro に行きました。オペラ劇場の近くとあって、食後にオペラを見に行くような着飾った熟年のお客さんばかりでした。アメリカでもヨーロッパでもオペラの観客の年齢層はかなり高いですね。私が学生だったころの日本では、オペラもクラシックのコンサートも若い人が中心でしたが、今はどうなっているのでしょう。

最初に出てきたアミューズはスプーン料理。スプーンの上に一口大のモッツァレッラ。ローストした松のみが香ばしいおいしい一品でした。モッツァレッラと松のみが合うというのを始めて知りましたが、残念ながら、写真を撮り損ねました。

アンティパストは夫はLa Pancetta Brasata:豚の三枚肉とファッロ(麦の一種)、ぶどうの汁。私はランゴスティーノのカルパッチョ。カルパッチョの上のラズベリーとハーブの香がマッチしていました。恐らくカルパッチョは肉たたきのようなもので叩いて厚さを均等にしたのではないかと思われます。

a0127398_1305266.jpg

a0127398_131746.jpg

次は夫はプリモ(Primo)からローストした雉ときのこのパッパルデッレ(パスタの一種)を頼みました。私も少しもらって食べましたが、自家製のこのパスタは腰があり、とてもおいしかったです。味は少し濃い目でしたが、雉とモレルという種類のきのこの歯ざわりのコンビネーションが素晴らしかったです。

a0127398_1313791.jpg

セコンディは夫はスズキとニョッキ、私はアンコウとオリーブのソース。この時点で夫は三皿頼んだことを後悔しました。それぞれ一皿が大きくとても食べきれないからです。私も自分の頼んだもので精一杯です。

a0127398_1321152.jpg

a0127398_1322811.jpg

それでも私はしっかりドルチ(Dolci)も頼みました。パンナコッタとイチジク、ポートワインのシャーベット。これも写真を撮るのをすっかり忘れて食べてしまいました。シャーベットはとてもおいしかったのですが、パンナコッタは私が作ったほうがおいしいかな。

ここはお値段がリーズナブルだったので、また来ても良いレストランです。次は今回は時間がなくて頼めなかった、Tasting Menuを頼みたいものです。サーヴィスは素晴らしく、私は黒っぽいドレスを着ていたのですが、ナプキンを白から黒に変えてくれました。白いナプキンは時に毛羽が黒っぽい洋服について困ることがあるのですが、このような気配りをしてくれたのをとても嬉しく思いました。

パンと一緒にサーヴしてくれたオリーブオイルは香が高く、優れたオイルでした。

サンディエゴではこのようなレストランでも着飾った方々にお会いすることはあまりないのですが、男性もネクタイ着用の方がほとんどで、ロサンジェルスはサンディエゴとは違った雰囲気があると思いました。
[PR]
by Mchappykun | 2009-11-24 01:35 | レストラン

ソニー・ピクチャーズ・スタジオ     11・9・2009

先週の金曜日、ロサンジェルスで時間をつぶすために行ったところは、Sony Pictures Studio。夫がインターネットで見つけた映画のスタジオ見学です。一日3回で見学時間は2時間とありましたので、午後2時半のツアーに参加するつもりで、2時にスタジオに着きました。

ティケットを買おうとカウンターに並んでいますと、なにやら前の方二人が係りの方とやり取りをしています。どうも前の方は飛行機の時間が気になるらしく、ツアーを途中で抜け出せないかという交渉をしているようでした。最後に係りの方に「私だったら、心の平和のために残念だけれどツアーは諦めるわ。」と言われて、お二人は諦めていました。そこで私たちの番です。

大人2枚下さい。と言いますと、「予約は?」と聞かれました。予約をしていないと言いますと、「ラッキーね。丁度2枚分空いているわよ。」と言う返事です。ティケットを待つ間、夫と本当に2枚空いていたのだろうか、それともリップサーヴィスだろうか、と話しておりました。切符を渡されるときに夫が聞きました。「私たちは本当にラッキーだったのですか?」すると係りの方は「ええ、もちろんよ。あなた方の前の方は飛行機に乗り遅れると困るから、キャンセルしたの。」

こんなこともあるのですね。このスタジオに着く前に少し道を間違えて時間を費やしたのが、結果的には吉と出たようです。キャンセルをした方々の前に着いていたら、切符を買うことが出来ずに、諦めたでしょう。ちょっとしたことですが、何がどのように幸いするか分からない出来事でした。

ツアーが始まる前に20分の映画を見ました。往年の映画のワンシーンや撮影現場のシーンをうまくつないだものです。プラザ(Sony Pictures Plaza)の大きなビルディングから道路を隔てたSony Pictures Entertainmentの敷地に移動して、映画のセット等の見学をしました。

切符売り場の前には恐竜とスパイダーマンがお出迎え。
a0127398_211036.jpg

a0127398_2111935.jpg

プラザ内には映画で使われたコスチュームが飾られています。これは「Geisha」で使われた衣装。
a0127398_2131975.jpg


金曜日の午後とあって、あまり仕事をしている人たちは多くありませんでした。残念ながら現在撮影中のものは見る事が出来ませんでしたし、当然スターにも会うことはありませんでした。

スタジオ内の町並み。実際にお店として使われているものもあり、どれが本物でどれがセットなのかちょっと見ただけでは分かりません。

a0127398_2155970.jpg

a0127398_2161660.jpg

a0127398_2163426.jpg

a0127398_2165461.jpg

a0127398_2171782.jpg

ツアーガイドのWさんはきっとヴェテランなのでしょう。スタジオセットの中で、見学者を何人か選んで即席のスキットを演じさせ、映画つくりの仕組みのようなものを分かりやすく説明して下さいました。私が感じたことは、映画作りには膨大な人数と手間とお金が必要だと言うことです。そして、この膨大な費用の大部分は映画スターと呼ばれる数人の人たちに支払われるギャラなのですね。このように膨大な費用をかけながらも、いえ、きっとかけるからこそ、お金をセーヴするための努力もまた惜しまない、と言うことも分かり興味深かったです。

2時間の見学と思っていたのですが、終わったのは5時15分過ぎ。45分も余計にかかり、広い敷地をずっと歩きましたので、相当疲れました。写真撮影禁止の部分が半分くらいありましたし、私はあまり映画好きではありませんが、良い時間つぶしになりました。

最後にお土産まで下さいました。
a0127398_2182947.jpg


[PR]
by Mchappykun | 2009-11-10 02:23 | 無題