やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:丼もの ( 9 ) タグの人気記事

鯛の昆布締め丼&柿と春菊とシメジの白和え

美しく美味しそうな和食とジャズのコラボの素敵なブログ「幸せご飯のジャズかげん」のtanaさんが、少し前、鯛のお寿司をお作りになりました。

酢飯に白胡麻を混ぜて鯛のお刺し身に三つ葉をあしらっただけの「simple is best」。見たときから美味しさを確信して、いつか作ってみたいと思っていました。

昨日、日本食料品店でニュージーランド産ですが、きれいな鯛のお刺身のパックを見つけ、早速作ってみました。但し、私は大好きな昆布締めにしてみました。

a0127398_11522591.jpg

tanaさんは三つ葉をさっと湯がいていましたが、私は生のまま細い千切りの葉っぱと軸を散らしました。時間がなく、3時間あまりしか締められませんでしたが、しっかり昆布締めになっており、とても美味しかったです。

白胡麻と三つ葉がとても良いアクセントです。tanaさん、素敵なレシピをどうもありがとうございました。

a0127398_11525254.jpg

副菜は大好きな白和え。白胡麻を擂って茹でて水切りした豆腐を裏ごしして加え、砂糖、みりん、白醤油で調味しました。柿は甘かったので、拍子木に切ってから少量の酒に漬けました。もし甘くなかったら、みりんに漬けて下さい。

a0127398_1153463.jpg

だし汁でさっと煮たシメジと、湯がいた春菊と柿。彩りもきれいで、何より秋らしい私の好きな一品です。

夕べはしみじみと美味しい夕食でした。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-12 01:30 | レシピ

塩の華さんのクリスマスチョコレートスノーボール&マグロと平目の二色丼

今年もまた塩の華さんのチョコレートスノーボールを作りました。もう4年目になります。我が家のクリスマスには塩の華さんのスノーボールが無くてはならないものになりました。

a0127398_2511065.jpg

塩の華さんはまたお休みしてしまいましたが、近々絵画のように美しいお料理を拝見できることを心待ちにしています。

a0127398_2512516.jpg

夕べの食卓は丼物でした。何も無いので買い物に出かけたのですが、寝不足がたたってなんだか気力が無く、簡単にできるものにしました。年のせいにはしたくありませんが、何の理由も無く、ふと夜中に目が覚めて、そのまま眠れなくなることがあります。若いときは一度寝付いたら余程のことが無い限り夜中に目が覚めることは無かったのですが。

a0127398_2514919.jpg

さて、マグロのブツは角切りにして、柚子胡椒と醤油にまぶします。平目は薄切りにして塩麹とレモン汁をまぶしました。熱々のご飯にたっぷり貝割れをのせ、マグロと平目をのせたら、大葉の千切りと海苔をのせて出来上がり。

a0127398_252556.jpg

副菜はほうれん草。酒、みりん、醤油を合わせて電子レンジで20秒。擂り胡麻とごま油を加えて茹でたほうれん草を和えました。最後におかかと海苔をのせます。

新鮮なお刺し身がいつでも簡単に手に入るサンディエゴ。しかも今までの寒さはどこへやら、12月の半ばなのに長袖一枚で散歩できる温かさです。この地からは当分動けそうにありません。


「クリスマスは!手作りスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-12-17 02:54 | レシピ

フィレカツ&カツ丼  10・25・2013

野菜中心の夕食が続くと、ガッツリお肉が食べたくなります。という訳で、一昨日は豚肉のフィレカツでした。中がきれいな薄いピンクに揚がった柔らかなカツを食べていて、何故豚肉が食べたくなったか分かりました。素敵なレストランの紹介やレシピ満載の楽しいブログ「異邦人の食卓」で美味しそうなイベリコ豚の写真を見たのが頭のどこかに焼きついていたのです。

イベリコ豚は手に入りませんが、(実はかなり前ですが、ニジヤさんでイベリコ豚が売られていたことがあります。あまりのお値段に手は出ませんでしたが。)その辺のスーパーで買ったフィレ肉でも美味しくいただきました。

a0127398_2331373.jpg

揚げ物は沢山作って次の日も食べるのが私の慣わしです。今回はもちろんカツ丼。出し汁を小さなフライパンに入れ、砂糖、醤油で調味して玉葱の薄切りを煮ます。一口に切ったカツを入れ、とんかつソースをかけ、最後に玉子を流しいれます。玉子が半熟になったら丼の上にスライドするようにのせて出来上がり。

a0127398_2332548.jpg

二日目は手をかけずに美味しい丼もの。合唱の練習に行く前にさっと食べられる便利な夕食でした。

娘のための美味しいフィレカツの揚げ方のまとめ

1.小麦粉をまぶして余分な粉をはたく。

2.玉子には少量の水を入れてさらさらにする。

3.生パン粉は少し大きめの方が良い。

4.パン粉をつけたら手で軽く押し、なじむように5分くらい置く。

5.サラダオイルはたっぷり、最初は低温(160度C)で最後は高温(180度C)にしてカリッとあげる。180度C で2度揚げでも良い。

6.余熱で火が通るように揚げ時間を工夫。ラックにおいて油を切る。きちんと揚がると、菜箸がすっと刺さる。また、箸の当たり方が軽くなる。



「アレンジいろいろ!秋鮭レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-10-26 02:35 | レシピ

鯛いくら丼&みぞれかん  10・18・2013

夕べは丼ものにしようとあらかじめ決めていました。時間のないときにさっと食べられて美味しいもの、そんな条件に丼ものはぴったりだからです。しかも、ニジヤさんのそばに行く用事もありました。

夕べの丼は鯛のお刺身と超目玉商品とレッテルが貼ってあったいくら。熱いご飯の上にきざみ海苔をたっぷりのせ、鯛のお刺身といくらをのせ、青紫蘇の千切りを散らした丼。アッという間に出来た美味しい丼でした。

a0127398_153621.jpg

副菜は蕪と胡瓜と人参の即席塩漬け。最後にレモンの薄切りを混ぜました。

a0127398_153218.jpg

さて、これだけではブログとして寂しいので、大分前に作ったものですが、初めて挑戦した和菓子をアップすることにします。

まだ9月のことでした。ロサンジェルスにお住まいのお料理の得意な友達が美しい和菓子の写真をFBに載せていました。そのあまりに美しく美味しそうな写真を見て、「何時か作り方を教えて下さい。」と返信しましたら、ご親切に早速道明寺粉を送って下さいました。道明寺粉はアメリカでは手に入らず、しかも少量でよいからと仰って。

餡子も自分で作ると大変だし、多量の砂糖を使うから市販のものを使うと便利です、と添え書きもして下さいました。餡から作るのではハードルが高すぎますが、市販のものを使うなら初心者の私にも出来そうです。

彼女が同封してくださったいくつかのレシピの中で、一番簡単そうなものを作ってみました。それが「みぞれかん」です。寒天の中に閉じ込めた道明寺粉が霙を表していて涼しげです。寒天のお菓子ですから本来は夏のものでしょうが、年中乾燥して温かなサンディエゴならいつでも頂けます。

a0127398_1535612.jpg

和のものは四季をとても大事にします。和菓子を食べるのは大好きですが、自分で作ったことは殆どない私ですが、これを機会に和菓子にももう少し目を向けようと思いました。


「アレンジいろいろ!秋鮭レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-10-19 02:11 | レシピ

チャー君の災難 & うに丼  6・16・2013

父の日おめでとうございます。母の日に較べて何故か少し影の薄い父の日。私にはもう祝う人もいませんが、庭の紫陽花を夫の写真の脇に飾りました。同じ一本の木なのに、色の違う花が咲いています。

a0127398_0461297.jpg

さて、チャー君を二日前にグルーミングに連れて行って、後ろ足を怪我していることがわかりました。グルーマーさんの話では、恐らくフォックステ-ル(麦のような雑草)が刺さっているのではないかと。

グルーミング前のチャー君

a0127398_047181.jpg

グルーミング後のチャー君

a0127398_0474465.jpg

今年はことのほかフォックステールが多く、とても気をつけていたのですが...早速獣医さんを訪れました。そして案の定。でも、今回は発見が早かったので手術には至らず、毛を剃って局部麻酔を打ち、抜いて終わりでした。2年前は発見まで時間がかかり手術をしたので、600ドルかかりましたが、今回は$270でした。

それでも痛み止め、抗生物質と二種類も薬を貰い、1週間はエリザベスカラーをつけることに。

a0127398_0481365.jpg

チャー君は痛いのより、このカラーの方が余程嫌なようですが、あきらめの良いチャー君ですから、いつものようにこのカラーをあちこちにぶつけながら走り回っています。

a0127398_0483252.jpg

私の方も思わぬ痛い出費ですが、ニジヤさんでお買い得(一船$6.99)のウニと鯛のお刺身で丼と、豪華な夕食です。このようなものを食べれば心も穏やかになります。

a0127398_0485582.jpg

a0127398_049154.jpg

そしてデザートはクリームパフ。ニジヤさんで土日だけ売られているものですが、カスタードクリームがたっぷりで、甘さ控えめの美味しいクリームパフです。

a0127398_0493021.jpg

夫の好物ばかりで、一日早い父の日を私一人で祝ったような夕食でした。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-06-17 00:51 | ペット

マグロのヅケ丼 & 牛肉の生姜とオイスターソース炒め  5・14・2013

日本も東北以南は真夏の暑さのようですが、サンディエゴも日曜、月曜と最高気温が30度を超えました。海沿いの地域は年間を通してめったに30度を超えませんので、珍しいことです。

火曜日の今日は大分温度が下がりそうで、やれやれです。この二日の夕食から少しばかりご紹介します。

一昨日の母の日には簡単で美味しいまぐろの漬け丼にしました。まぐろのサクは金串を刺して直火で両面を炙り、作り置きの漬けの汁*に30分ほど漬けました。鯛はそのままお刺身です。熱いご飯に貝割れ大根を敷いて、その上にお刺身をのせます。

a0127398_3402534.jpg

副菜はスベリヒユの白和え。スベリヒユはさっとゆがいて、適当な長さに切っておきます。1/4ほど残っていた豆腐をゆでて水切りし、いった白ゴマをすり鉢ですり、裏ごしした豆腐を加えます。白さを残したいので、砂糖と塩と少なめの醤油で調味しました。

暑かったので、冷酒が合いました。

昨日は買い置きしていた牛肉の薄切りでオイスターソース炒め。牛肉は一口大に切り、紹興酒と片栗粉に5分ほどマリネします。炒める寸前に少量のサラダオイル(私はピーナッツオイルを使いました。)をまぶします。

中華なべを熱してサラダオイルを熱し、薄切りの生姜を炒めます。牛肉を入れて炒め、オイスターソース、砂糖、紹興酒、香り付けに醤油2-3滴を混ぜておいたものを加え、かき混ぜます。あらかじめレタスを敷いておいた皿に盛り付けます。青ねぎを散らして出来上がり。

a0127398_3404711.jpg

レタスはたっぷり用意して、牛肉をレタスでくるんでお召し上がりください。夕べは暑かったので冷えたビールと一緒に頂きましたが、白いご飯にも合うおかずです。

*マグロのヅケに使うに切り醤油は保存しておくと便利です。
醤油(200ml)を煮立て、酒(50ml)を入れて、鰹節を一つかみ入れる。煮立ったら火を止めて、昆布を一切れ入れて冷めたら冷蔵庫に入れる。時々火を入れ、酒、醤油、昆布などを適宜加える。(このレシピは佐川芳枝著「寿司やのかみさんのちょっと箸休め」を参考にしました。)




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-05-15 03:41 | レシピ

やまかけ丼  4・15・2013

青空の広がる初夏のような天気も束の間、この2-3日は気温も低く、今朝は朝から雨模様です。13度Cと四月中旬にしては肌寒い日です。

さて、5日ほど前の夕食ですが、アップしそこなったので載せることにします。ランチをレストランで頂くとどうしても夜はさっぱりしたものが欲しくなります。それで、この日は姉のアイディア、やまかけ丼にしました。

a0127398_2161143.jpg

ご飯の上に作り置きの煮切り醤油に2-3分漬けたマグロのお刺身、さっと漬けた鯛のお刺身をのせます。ご飯が温かなので、お刺身の下には鉢植えの三つ葉を散らしました。そしてお刺身の上にはとろろ。わさびと海苔、彩に三つ葉を添えて出来上がり。

a0127398_2162460.jpg

ただの海鮮丼でなくやまかけにしたので、つるっと入ってしまいます。

a0127398_2163651.jpg

副菜はほうれん草とエノキのお浸しと蕪と人参の即席漬けです。作るのも食べるのも後片付けも簡単な夕ご飯でした。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-04-16 02:18 | レシピ

ちょっと豪華なお一人様丼  2・1・2013

昨日楽譜屋さんへ行った帰りに丁度近くなので日本食スーパーのニジヤさんへ寄りました。ここは時折珍しいものが置いてあるので、いつも同じものしかないアメリカのスーパーよりずっと楽しみです。

そして、ありました。超目玉商品になっているウニです。いつもは一船9.99ドルのものが6.99ドル。これは買ってくださいといっているようなもの。しかも、いくらの醤油漬けも「広告の品」シールが貼ってあります。これでこの日の夕食はウニいくら丼に決まりです。

a0127398_383217.jpg

ウニはサンディエゴでも獲れますし、いくらはアラスカ産です。きっと両方とも日本より安いのでは、と思います。いささかコレステロールは気になりますが、たまにはそんなこと気にせず美味しいものを食べる満足感に浸るのも良いのではと、言い訳です。

a0127398_39649.jpg

副菜はお豆腐のあんかけとスナップエンドウのお浸し。スナップエンドウは茹でてから熱いうちにみりんと醤油をかけておきます。いくつか半分に割って中の実を見せるとお洒落になりますね。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-02-02 03:11 | レシピ

たまご丼 & 蕪で二品  1・18・2013

我が家のワンコ、チャー君は朝ご飯と夕ご飯の一日二食です。お昼ご飯を食べる私を柵に阻まれて入ってこれない居間から、恨めしげに見ていることがあります。

a0127398_3252014.jpg

そうやって見られると、何だか申し訳ない気分になってしまいますが、お昼ご飯を抜くわけにはいきません。でも、お昼ご飯を作るのは結構面倒です。大抵は残り物で済ませますが、時には残り物さえないこともあります。

お昼作りに時間をかけたくないこともあり、昨日もジャーに残っている一膳分のご飯でたまご丼にしました。玉葱の薄切り、牛蒡のささがき(酢を入れた水で茹でておきます。)を冷凍してある自家製チキンストック、砂糖、醤油の中で煮て、最後にたまご(一人あて2個)を回しかけます。弱火で蓋をして半熟になったらご飯にのせて、三つ葉と刻み海苔を散らしました。

a0127398_320471.jpg

一人分なら15分もかからずに出来るお手軽なでも美味しいお昼ご飯になりました。

夕食は葉っぱのついていない安い蕪の袋入りを使って、二品。

蕪の焦がし煮豚肉のみぞれ煮

a0127398_320216.jpg

こがし煮は皮のついたままの蕪をごま油で炒めてから、出し汁、酒、醤油で煮込みます。蕪の茎(あれば葉っぱも)も色は気にせず、くたくたになるまで煮込んだ方が美味しくなります。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-19 03:26 | レシピ