やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:家族 ( 9 ) タグの人気記事

2013年大晦日

日本ではもう新しい年が明けたことと思いますが、カリフォルニアではまだ大晦日の朝です。

30日の昨日は娘夫婦もワンコと一緒にやって来て、一気に賑やかになりました。

我が家にやってくる娘夫婦の一番のお目当ては何と言っても和食。その中でも手巻きは皆の大好物。年末とあってニジヤさんでもお刺し身の種類がとても豊富でした。

a0127398_133928.jpg

雲丹のパックがいつもより安い代わりに小さめでしたので二つ買い求めました。

a0127398_135380.jpg

まぐろ、カンパチ、シマスズキ、ミル貝、烏賊。三人できれいに無くなりました。

a0127398_141047.jpg

チャー君も久しぶりにグルーミングされて、こざっぱりとなりました。

a0127398_142457.jpg

今年も沢山の方々が私のブログを訪れてくださいました。心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。新しい年が皆様にとっても一層良い年でありますようにお祈りいたします。



「染みわたる♪あったかおでん」コーナーにレシピを掲載中!

「クリスマスは!手作りスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-01-01 01:06 | 無題

Happy Mother’s Day & 豆腐と味噌のディップ  5・12・2013

母である人も、そうでない人も、母のいる人もいない人も、私たちはみな母から生まれたのだから。母の日おめでとうございます。

娘たちが贈ってくれた花束。カードにワンコの名前も記されているのが如何にも娘らしい。

a0127398_1394822.jpg

どこから見てもきれい。娘夫婦よ、ありがとう!

a0127398_1401197.jpg

昨日の夕食より、野菜のスティックと豆腐と味噌のディップ。

友達から頂いた自家製の人参ときゅうり。知野ファームで求めたズッキニとボタンスクワッシュ、紫色のカリフラワー、スベリヒユ、冷蔵庫にあったミニトマト。

a0127398_1402599.jpg

豆腐(1/4丁)は塩を入れた水でゆでて、水を切ります。更にペーパータオルにくるんで余分な水分を取り、裏ごしします。赤味噌(小匙11/2)と良くかき混ぜ、オリーブオイル(小匙1-2)、レモン汁(小匙1)を加えてかき混ぜ、ターメリックとカエンヌペッパーを加えました。このほか、お好みでガーリックやパセリ、又は香菜のみじん切りを加えても良いと思います。

ちなみにサラダの右上にある小皿は、人参の葉の佃煮です。お友達からいただいた人参には立派な葉っぱがついていました。もったいないので柔らかそうなところをとって、酒、砂糖、醤油で佃煮風の炒り煮にしました。白いご飯に合います。

a0127398_1404457.jpg

メインは鮭と紫蘇、ミニトマトのホイル焼き。以前ものせたことがありますので、レシピはそちらを参考になさって下さい。

早朝は霧のかかっていたサンディエゴですが、朝の8時半にはすっきり晴れ渡った母の日です。今日は昨日買い求めたとても美味しいと日本人オーナーの園芸店で太鼓判を押された黄色いトマトを植えましょう。

コツをしっかりお店の方に伺ってきたので、気合を入れて育てます。今後が楽しみです。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-05-13 01:50 | レシピ

姉からのプレゼント&青海苔の塩味クッキー  12・28・2012

日本にいる下の姉からプレゼントが届きました。几帳面な姉らしく箱の中は隙間なく色々な物が丁寧に詰められていて、「やっぱり姉妹は良いな」とちょっとうるっとしました。

a0127398_3225095.jpg

天然木のくりぬきの漆器。姉からのカードにはお正月用にと書いてありましたが、さて、何を入れましょう。器から作る料理を考えるのもまた楽しいものです。左下の駒は箸置きなそうです。

a0127398_323761.jpg

昨日は合唱の今年最後の練習でした。団員のお宅で有志による忘年会を開くというので、青海苔の塩味クッキーを焼いたのに、テーブルに置いたまま持って行くのを忘れました。

a0127398_3232550.jpg

下に敷いたランチョンマットは娘が小さかった頃に私が作ったものです。リバーシブルでナプキンもおそろいでした。思い出して使ってみました。昔はもっと忙しかったのに、豆だったのですね。

a0127398_3233750.jpg

この忘れたクッキー、良い行き先がありました。東日本震災被災者の高校生をサンディエゴに招くボランティア活動をされている方が、今日はシーワールドへ行くため、たまたま我が家の近くのモールで集合するというので、今朝、取りに来てくださいました。先日作って冷凍して置いたクリスマス・チョコレートスノーボールも加えて、おやつに持って行っていただきました。今日は朝から良い天気。高校生の方々、ボランティアの方々、良い一日を過ごされますように。


青海苔の塩味クッキー
材料:直径約3センチのクッキーが40枚(カップはアメリカサイズ、250ml)


無塩バター   大匙6 室温にしておく
塩 (出来ればFleur de sel) 小匙2 (普通の塩の場合は小匙1と1/2)
青海苔     大匙3
粉砂糖     ½カップ
卵の黄身    大1個
オリーブオイル  大匙1 ½
小麦粉     1カップ+大匙2
飾り用の粒の大きい塩 適宜 (なくとも良い)

1.バター、塩、青海苔をクリーム状になるまで良くかき混ぜる。

2.粉砂糖と卵の黄身、オリーブオイルをくわえ、更によくかき混ぜる。粉を加え、スムーズになるまでかき混ぜる。

3.生地の半分をラップに取り、直径3-4センチの円筒状にまとめる。残り半分も同じようにし、冷蔵庫か冷凍庫で1時間ほど硬くなるまで寝かせる。

4.オーブンを350度F(180度C)に温める。

5.円筒状の生地を厚さ5ミリに切り、上に粒状の塩を載せ、パーチメントペーパーをしいた鉄板に載せて、オーブンの中断で10-12分焼く。1回に1段ずつ焼く。(あまり焼き色がつかず、色がうっすらつくくらいで大丈夫です。)

6.オーブンから出したらラックに置き、冷ましてからタッパーなどに入れて保存する。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-12-29 03:25 | レシピ

サンフランシスコへの小旅行(6)  7・1・2012

婿さんが作る自家製パン

最近婿さんがパン作りに凝っているという話を聞いて、今回はそのパンも楽しみの一つでした。彼のお師匠さんは近所の美味しいパン屋さん、Tartineが出している本。

小麦粉と水だけで作る天然酵母、小麦粉や砂糖などもTartineで使っているものを調達しての本格的なパン作りです。実は日曜日に私たちと一緒にドライブに行かなかったのは、仕事の他にこのパン作りの工程のためでもあったらしいのです。

スターター
a0127398_1562498.jpg

全工程をカメラに収めることが出来なかったのは残念でしたが、パン作りは実に男の人向きです。捏ねるのも、重いカーストアイアンをオーブンに入れるのも、力のある男の人に向いています。私はこの力仕事を見ただけで、あきらめてしまいました。

a0127398_1565062.jpg

出来上がったカントリー・ローフは見た目もきれいですが、とっても美味しかったです。しかも、彼は自分たち用のを日曜に焼き、月曜の朝には私へのお土産用も焼いてくれたのです。

a0127398_1571083.jpg

パーチメントペーパーに包んで袋に入れ、飛行機の中では大事に膝に抱えていましたが、その間焼きたてパンのいい匂いがずっと鼻をくすぐっていました。

空港に行く前に娘たちが作ってくれたツナのサンドイッチも、パンが美味しいので、お腹が空いていなかったにもかかわらず、すっとお腹に収まりました。

a0127398_1572788.jpg

我が家に帰り着き、娘の近所のマーケットで仕入れたチーズと杏、冷蔵庫のものや庭になっていた小さな桃、あり合わせのものでもパンが美味しかったので、素敵な夕食になりました。

a0127398_1574036.jpg

a0127398_1575513.jpg

パンを包みながら、夫が帰る娘のために蕎麦を打って持たせたことを思い出していました。娘も同じことを思ったらしく、「二人、似ているね。」

            -サンフランシスコへの小旅行・終わり-




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-02 02:00 | 旅行

母の日  5・13・2012

母の日のサンディエゴは、生憎の曇り空です。昨日は気になっていた裏庭の木をばっさり切ってもらいました。木を切りに来た陽気なメキシコ人たちが帰るとき、口々に「Happy Mother’s Day!」と言ってくれました。メキシコ人はことのほか母親を大事にする、と聞いたことがあります。

娘からも花束が届きました。ありがとう!

a0127398_132180.jpg

全国の皆さん、母の日おめでとうございます。

a0127398_1321698.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-05-14 01:33 | 無題

娘夫婦のタイ料理  10・12・2011

写真だけ撮ってブログに載せる機会を失していた、娘夫婦が作ってくれたタイ料理。今日はやっとアップすることにしました。私にめぼしい題材がないので、丁度良い機会です。

娘夫婦は本当に食べること、そして料理が大好きです。夫婦が同じ趣味を持っていることは良いことです。ハネムーンでタイに行った彼らは、一日料理学校へ行って、タイ料理を習ってきたそうです。

本場で習ってきたタイ料理を我が家に滞在していた時に作ってくれたのが、次の四品です。

殻付き蟹の炒め物

a0127398_2124030.jpg

タイ茄子とチキンのイエローカレー

a0127398_2125274.jpg

パパイヤサラダ

a0127398_213633.jpg

海老とトマトのスープ

a0127398_2132730.jpg

とっても美味しかったです。今度来たときに、また作ってね。

a0127398_2141464.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-10-13 02:15 | 家族

サンフランシスコ 第二日目(6月16日)  6・23・2011

「Meet the Fockers」という映画をご存知でしょうか。この映画は、花婿側の両親と花嫁側の両親が会って、色々な騒動を起こすコメディーです。これから結婚する相手側の両親に始めて会うというのは、双方にとって、気を使うことです。

地理的に遠かったこともあり、私たちは相手側の両親に結婚式の前日に始めてお会いすることになりました。その日は丁度花婿の誕生日でもあったので、彼の意向を汲んで、ローストチキンが美味しいZuniで一席が設けられました。

始めてお会いしたとは思われぬ気さくなご両親で、和気藹々、楽しい会食が進みましたが、やはり、料理の写真を撮るのは気がひけ、ずっとおとなしくカメラはバッグに仕舞ったままでした。

最初に頼んだシーザーサラダ、オリジナルの締めたイワシもとても美味しく、話も弾み、いよいよメインのローストチキンが出てきました。私が遠慮して写真を撮らずにいるのに気づいた花婿が、携帯で私のためにと言って、写真を撮り始めました。その頃になって皆も打ち解け、夫もこのチキンは写真に撮らねばと言ってくれたので、臆せず、写真におさめました。

a0127398_2593929.jpg

今迄頂いた中で、一番美味しいローストチキンでした。私たちの席の後ろ側には巨大なブリックのオーブンがあり、鶏肉の質と共にオーブンでも出来不出来が違うのでしょう。そのうちこのレストランのレシピブックを買って、是非試してみたいと思いました。

ウサギのグリルも美味しかったです。デザートの写真も撮ったのですが、ぼけてしまいましたので、載せませんが、エスプレッソのグラニタが絶品でした。

a0127398_30616.jpg

無事ご両親との会食も終わり、いよいよ結婚式を待つばかりとなりました。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-06-24 03:03 | 旅行

娘の結婚  6・21・2011

2011年6月17日、サンフランシスコの市庁舎(City Hall)で娘の結婚式が行われました。

日本人の両親の元に日本で生まれた娘は、3歳になる直前に親の都合で日本を離れ、イギリスに1年住んだ後、アメリカに私たちと一緒に移り住みました。4歳でアメリカの永住権を取得した娘のグリーンカードには、長い間たどたどしい英語のファーストネームのみのサインが記されていました。

アメリカの学校では毎朝授業が始まる前にPledgeという国家への宣誓が行われます。中学2年生以来、自分は日本人だからとPledgeを拒否して、皆が起立して宣誓している間、椅子に座っていたと言う娘。その娘が自らの意志でアメリカ国籍をとり、よき伴侶を得て、教会ではなく、二人が出会った街、サンフランシスコのCity Hallで結婚届けを出し、そのまま判事が執り行う簡素なセレモニーが行われました。

a0127398_1493289.jpg

市庁舎とはいえ、サンフランシスコのCity Hallは外観も内装もヨーロッパの建築を思わせるような立派で豪奢な造りです。

a0127398_150024.jpg

15分毎にウエディングドレスとスーツ姿のカップルが次々に市庁舎を訪れて、結婚式が執り行われていました。

a0127398_1503129.jpg

新郎、新婦、それぞれの両親と近親者だけのこじんまりとした、でも心温まるよい結婚式でした。夫の姉はイタリーから、私の二人の姉たちは日本から駆けつけてくれました。

a0127398_1505851.jpg

その後のパーティーの様子は徐々にお伝えいたします。

a0127398_1512758.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-06-22 01:53 | 家族

我が家の定番寄せ鍋     12・24・2010

クリスマスの前日、サンディエゴは久しぶりに朝から青空が広がりました。坂の上からは遠くの山がはっきりと見えます。

a0127398_435627.jpg

更に遠くのサン・ハシント山(Mount San Jacinto)が真っ白に雪をかぶっています。犬のお散歩をすれば、薄手のジャケットも邪魔なほどの暖かさでした。

a0127398_445969.jpg

さて、夕べの話です。我が家は皆お鍋が大好きです。娘からも「お鍋」のリクエストがありました。お鍋はやはり、家族がそろってワイワイ食べるのが一番美味しいですね。人数が増えれば、材料の種類も増やすことが出来ます。

a0127398_452843.jpg

夕べの野菜はねぎ、春菊、水菜、エノキ、シメジ、椎茸(焼いてから醤油と酒同量に漬けておきます。)、銀杏と豆腐。魚介類は鮟鱇、海老、あさり、ボイルした帆立です。幾分濃いかつお出汁に塩と醤油で調味して,頂きます。

a0127398_455745.jpg

a0127398_462054.jpg

a0127398_464975.jpg

最後はうどんを入れて、〆です。温かなお鍋を囲むと、家族も和気あいあい、会話も弾みます。久しぶりの楽しい家族団らんでした。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2010-12-25 04:08 | 家族