やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

チャー君の怪我         7・21・2010

5日ほど前から犬のチャー君がしきりに右の前足をなめるようになりました。とげでも刺したか、怪我でもしたかと見ようとすると、歯をむき出して怒ります。何とかなだめすかして見たものの、特別変わった様子もありません。それでも相変わらずぺろぺろ舐めてばかりいます。それまでは足の裏側を舐めていたのに、昨日になって毛の生えている表の方もなめるようになりました。毛の間からは今まで見えなかったピンクのおできのようなものがありました。

早速かかりつけの獣医さんに電話して、その日に診察していただきました。獣医さんは足だけでなく、体全体、耳、目、口も全部見てから、ちょっと待って、といって診察室から出て行きました。獣医さんは小さなガラス瓶を手に戻ってきました。そのガラス瓶を私の目の前に突き出して、「これだよ。足に入っているのは。」とおっしゃいました。ガラス瓶の中に入っていたのはフォックステール(Foxtail)と呼ばれる麦のような雑草でした。

この雑草の一粒が刺さると、一方向にしか動かないので、どんどん中に入っていって抜けないのだそうです。チャー君はきっと痛かったのでしょう。それでもびっこをひくこともなく、いつものように走り回っていたのです。

麻酔をして、切開したら、やはりFoxtailのつぶが入っていました。これがそうです。(青字をクリックするとウィキペディアのページにいきます。)5ミリほどの長さです。長い毛の犬は分かりずらいので、危険なことがあるようです。

a0127398_3342223.jpg

そんな訳で、チャー君はエリザベスカラーをつけられて、足には包帯といういでたちになりました。Faxtail、この辺でも時々見かけますが、そんなに危険なものだとは知りませんでした。チャー君の散歩はほとんど住宅街なのですが、どこかで踏んでしまったのでしょう。我が家の裏庭を見た限りでは、この雑草は見当たりませんでした。犬を飼っている皆様、どうぞお気をつけ下さい。

a0127398_3363377.jpg

麻酔、抗生物質になんだかんだで、600ドルかかりました。犬にも飼い主にも痛い一日でした。

心なしか元気のないチャー君。
a0127398_337688.jpg

エリザベスカラーのおかげで、お気に入りのベッドの下にもぐりこめないチャー君。
a0127398_3373679.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-07-22 03:39 | ペット