人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

八月の北海道  -支笏湖-             9・5・2010

第十二日目  8月18日(水) -続き-


支笏湖の湖畔に建つ瀟洒なホテル、レークサイド・ヴィラ・翠明閣がこの日の宿です。部屋に案内されますと、窓からは静かに青い水をたたえる湖面と、プライベートの庭が見える絶景です。

a0127398_1154023.jpg

部屋付きの温泉の湯船は総檜。ここも源泉掛け流しです。
a0127398_1161066.jpg

貸切露天風呂は二つあり、岩風呂の方に入ることにしました。
a0127398_1163678.jpg


温泉につかった後は夕食までゆったりと過ごしました。今回の旅行は観光ではなく、温泉と食事を楽しむことが主眼ですから、本当にのんびりしました。

さて、7時の夕食の時間となりました。ここはフランス料理です。北海道でとれた農・海産物をフレンチにどのようにして料理してくださるのか、とても楽しみです。

お品書きにあるように書きますと
苫小牧で水揚げされた北寄貝のソテー
a0127398_117205.jpg

支笏湖の天然姫鱒とグリーンアスパラガスのカルパッチョ
グリーンアスパラガスではなく、季節の野菜でした

a0127398_1181122.jpg

甘味豊かなスウィートコーン 富良野産ピュアホワイトの冷製スープ
a0127398_1184054.jpg

ウエィトレスの方が、「コーンの自然な甘味です。」とわざわざおっしゃいましたが、美味しいスープでした。北海道は牛乳やクリームも美味しいので、スープも美味しく出来るのですね。知野ファームのコーンより甘味が強いかも。

フランス産フォア・グラのポワレ 芳醇なマデラワインソース
a0127398_119534.jpg

正直言って、北海道でフランス産のフォア・グラを頂かなくとも、と思いました。フランスでも何回かフォア・グラを頂いたことがありますが、こんなに脂っこくなかったと思います。

支笏湖の天然姫鱒のスフレ 北海道のフレッシュトマトソース
a0127398_1193671.jpg

いわゆるスフレが出てくるかと思いきや、ちょっとネーミングが分からない料理でした。しかも、スペルがSouffléでなくSouflléeと書いてありましたので、後で調べてみましたが、そのスペルに該当するフランス語は見つかりませんでした。きっとタイプミスでしょう。残念ながら印象に残る味ではありませんでした。

さわやかな十勝ワインの紅白のグラニテ
a0127398_1201674.jpg

口直しとして、文字通りさわやかな一品でした。

北海道の大地で育った黒毛和種 牛フィレ肉のソテー ボルドレーズソース
a0127398_1203895.jpg

牛フィレ肉とありましたので、すっかりステーキかと思っていましたが、出てきたお肉は2ミリの薄さ。それに脂っぽい。いつも思うのですが、日本の牛肉はしゃぶしゃぶやすき焼きには合いますが、ステーキには合わないのではないかと。脂肪分が多すぎるので、柔らかだけれど牛肉としての旨みに欠けると思います。ステーキやBBQにはアメリカのドライ・エイジドの方が美味しいと思うのですけれど...

季節のサラダ
a0127398_121913.jpg

季節の野菜がトマトといんげんだけとは、ちょっと淋しく思いました。

写真に撮るのを忘れましたが、ここでフランス産チーズが出てきました。三種類を少しずつ頂きましたが、これは一緒に出てきた薄切りパンとともに、とても美味しく頂きました。何の種類だったかきちんと書き留めておかなくて残念。

濃縮牛乳のアイスクリームと季節のフルーツ
北海道らしい美味しいアイスクリームと夕張メロンでした。
a0127398_1214141.jpg


最後は私はカモミルのお茶を頂きました。
a0127398_122153.jpg

期待度が高かったために、全体的に少し残念でした。宿泊予約時に、いくつかのチョイスから選べるようなメニューがあれば、私たちのように道外から来るお客さんにも満足してもらえるのではないかと思いました。ホームページでは、ハーフディナーとか、送迎付きで丸駒温泉で頂く囲炉裏会席などもチョイスが出来るようですので、次回もしまた行く機会があれば、このようなものも良いですね。

今回は行きませんでしたが、札幌には美味しく、しかも値段が手ごろなフランス料理店がいくつもあります。そういうことが念頭にあったので、期待をしすぎてしまいました。

でも、ここは12歳未満お断りの大人のためのホテルで、客室も8室と少ないので、落ち着いて洗練された雰囲気のホテルです。各部屋には素晴らしいマッサージチェアーが置いてあり、冷蔵庫の中の飲み物も貸切風呂も無料と、鷹揚な対応なのは好感が持てます。

ともあれ、北海道最後の夜はゆったりとくつろいだ気分で過ごすことが出来ました。
by Mchappykun | 2010-09-06 01:25 | 旅行