人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ヨーロッパ大西洋岸旅行記(13) -Cudillero -  7・11・2009

第8日目 2008年9月1日(月)

 クディイェロ(Cudillero)というあまり知られていない漁村に宿をとったのは、なるたけ西に距離をかせぎたかったのと、ある日本人とスペイン人の奥さんの旅行ブログでこの村の名前見つけたからだ。(実はこのブログをトラックバックしようと思い探したのですが、見つかりませんでした。ごめんなさい。)私たちが泊まったカソナ・デ・ラ・パカ(Casona de la Paca)というホテルは、こじんまりとしてアットホームで、とても快適だった。ホテルというよりはB&Bのような感じで、部屋は天井が高くゆったりとしており、バスルームも広々としていた。バッフェスタイルの朝食は宿泊料に含まれており、ハムやチーズ、自家製のようなヨーグルトや果物などとてもおいしかった。スタッフもとても親切だったし、お値段も手ごろだったから、このホテルがこの旅行中で一番お買い得だったように思う。
  
 Cudilleroの中心部はホテルから急な坂を車で5分ほど下った所にある。漁港から崖の斜面に立っている家々を見上げると、壁がピンクや黄色やミントグリーンに塗られていてとてもかわいらしい。私たちのホテルの壁もオレンジや黄色など、カラフルに塗られていて、スペインの青い空に良く映えていた。

a0127398_3454231.jpg

a0127398_346999.jpg



 夕食は先のブログに書いてあったレストランに行くことにした。私たちはそこでパエリアといわしのグリルを頼んだ。いわしは10センチ位の大きさで、頭からパリパリ食べられる。飲み物はここ、アストリアス(Asturias)地方特産のりんご酒、シドラ。このシドラのグラスへの注ぎ方が独特だ。瓶を持った手を高く掲げ、グラスはかたむけてなるたけ低く持ち、上からグラスの側面めがけてどぼどぼと注ぐ。こうやって注ぐとおいしいのだと言う。このパーフォーマンスは最初の一回しかやってくれなかったから、後は自分たちで普通に注いだけれど、味の違いは分からなかった。

10日の写真はシドラを注ぐ一種の機械です。でも人がやる方が味わいがありますね。

Cudilleroのお店のショーウィンドー
a0127398_347861.jpg


                                (続く)
by Mchappykun | 2009-07-12 04:05 | 旅行