人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

韓国人によるオペラナイト & 裸になったチャー君  10・17・2011

昨日(16日)の夜、韓国人のお友達Jさんのお誘いを受けて、彼女が所属する教会主催のオペラのコンサートに行ってきました。ピアニストを含む総勢13人は殆どがローマからやってきたのだそうです。ローマで既に活躍しているオペラ歌手、勉強している歌手、有名なオペラのアリアや韓国の民謡など、そして最後は12人による合唱と、大いに楽しませてくれました。

a0127398_156324.jpg

12人でも全員がプロですと、合唱は凄い迫力でした。観客の大拍手と大歓声に応えて、アンコールも3曲。とても聞き応えがありました。しかもコンサートは無料。コンサートもさることながら、韓国パワーにもすっかり感心しました。

a0127398_156507.jpg

Jさんによると、この韓国人のための教会に所属している人数は千人近くとか。一瞬耳を疑いました。千人とは凄い数です。Jさん、素晴らしいコンサートにお誘いしてくださって、本当にありがとうございました。

さて、我が家のチャー君、私がまたサボっている間に脇の下の毛がかたまって、グルーミングをしてもらったら、裸犬になってしまいました。マイクにはまた怒られました。もっとしょっちゅうブラッシしなかったら駄目でしょ!「でも一人でブラッシするの大変なんですもの。」と言い訳する私に、35ドルくらいだから台を買ってその上でブラッシするとやりやすいよ。とマイク。

グルーミング前のチャー君

a0127398_1574720.jpg

イングリッシュコッカーらしいふさふさ犬には当分なれないチャー君でした。

a0127398_1582251.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-18 02:01 | レシピ

マグロと柿とアボカドのセヴィチェ & タバカ  10・16・2011

先日マグロのセヴィチェを作ったとき、量が多すぎるのでマンゴーを入れずに作り、味に寂しさを覚えました。一人分ですとマンゴーは大きすぎるのです。このマンゴーに変わる手ごろなものを考えていて、はたと思いつきました。それは柿です。丁度富有柿が出回っています。早速マグロとアヴォカドに柿を入れてセヴィチェを作ってみました。セヴィチェのレシピは以前のサイトをご覧下さい。

結果は、満足できる美味しさでした。今回はトマトを入れませんでした。柿の甘さが程よく他の食材に合いました。色もマンゴーに似てきれいです。ライムの香としょうがとハラペニョのピリッとした辛さ、ラム酒のほのかな香が溶け合って、ちょっと素敵なセヴィチェになりました。

a0127398_1362945.jpg

メインはコーニッシュヘンのタバカです。ロシアの料理で、Tabaka。コーニッシュヘンを背骨のところで二つに切り、肉たたきで平らにし、塩、胡椒、セイボリーを振り掛け、皮を下にして3分フライパンで焼きます。ひっくり返して10分。更にひっくり返して、皮を下にしてレンガのような重石をチキンの上に載せて約20分焼きます。

a0127398_137196.jpg

二つに切り、皿に載せます。フライパンの余分な油は捨て、水1/4カップほどを加えて1分煮詰めて、チキンの上にかけます。レモンとディルを添えてお召し上がり下さい。単純な調味でローストチキンのような味わいです。丁度良い重石がなかったら、鍋に水を入れて置いても良いでしょう。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-17 01:38 | レシピ

エボダイのマリネ  10・15・2011

このところのサンディエゴの天気は一定しません。13日の木曜日は真夏のように暑く、日中は摂氏33度ほどにもなりました。昨日は2-3キロも内陸に行けばカラカラに晴れていましたが、我が家の近くは海から霧が流れてくるのが見え、涼しい一日でした。そして土曜日の今日は、朝からどんよりとした曇り空。気温も15度しかありません。

さて、2-3日前からイワシかアジのマリネを食べたいと思っていました。マリネに適した小鯵は手に入りませんので、イワシかせめてワカサギでもないかしら、と期待を込めて日本食料品店のミツワとニジヤを訪れましたが...残念。

10年前、サンディエゴに来たばかりの頃、家族で魚釣りに出かけたことがあります。そのときの餌はイワシでした。ですからこの辺でもイワシは大量に獲れるはずなのですが、なかなかお店には並びません。

あれでもない、これでもない、と散々迷って、結局買い求めたのがエボダイです。これをから揚げにして、ガーリクとタカのつめ、砂糖、塩と一緒に煮立てたお酢に、ピーマンと紫玉ねぎと一緒に漬け込みました。

a0127398_1435946.jpg

米酢を使いましたが、少し酸っぱすぎました。ワインヴィネガーならそのままでも良かったかもしれませんが、米酢でしたから、かつお出汁で薄めればよかったと反省。でも、美味しかったので、2匹ぺろっと食べてしまいました。

a0127398_1441892.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-16 01:45 | レシピ

牛肉のたたき  10・14・2011

昨日から8月以来お休みしていた合唱の指導を再開しました。殆どの団員は昼間仕事を持つ忙しい方たちです。従って、練習は夜7時半から。夕食も食べずに練習に来られる方も沢山いますが、私は簡単に済ませていきます。そうでないと、エネルギーが湧いてきません。

久しぶりに会った合唱団の方々。私の復帰を喜んでくださり、皆さんの笑顔に迎えられ、本当に嬉しかったです。多くの方の温かい心に支えられていることをひしひしと感じます。アメリカでも、日本でも、そしてブログを通してのお友達も優しい心遣いを、本当にありがとうございます。

さて、夕べの私の食卓は牛肉のたたき。一人分なので、3センチほどの厚さのフィレステーキ一枚です。余分な脂を取り除き、ペーパータオルで水分をふき取ったステーキは酒(大匙2)、みりん(大匙1)、砂糖(小匙1/2)、醤油(大匙1)、黒胡椒の中に30分ー1時間漬けておきます。量は大体の目安ですから、ご自分で調節してください。

よく熱したフライパンにサラダオイルをしき、ペーパータオルで水分を拭いたステーキを焼きます。片側2分、ひっくり返して30秒強火で焼いた後、弱火にし蓋をして2分30秒,蒸し煮します。別皿にとり、アルミホイルでしっかりくるんで、10分はそのままにします。

フライパンの余分な油は捨て、マリネした汁をフライパンの底をこそげながら煮詰めます。汁が足りなかったら酒などの調味料を足してください。アルミホイルの中にたまった肉汁も一緒に入れてグレービーを作ります。

a0127398_148376.jpg

肉を薄く削ぎ切りにし、大根おろし、青ねぎのみじん切りと共にグレービーをかけて召し上がってください。人数が多いときは、ステーキではなく、大きな塊を使います。残ったら、次の日はサラダやサンドイッチに使えて便利です。これはお値段は張りますが、フィレが一番美味しく出来ます。

付け合せのサラダはアボカドと最近流行りだしたエアルーム(Heirloom)のチェリートマト。カラフルなトマトがきれいです。

a0127398_1481969.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-15 01:50 | レシピ

チーズ三種  10・13・2011

私はチーズが大好きです。でも、夕食の後にデザートとして食べるのは少し重過ぎるので、もっぱら朝食にパンと頂きます。我が家から車で10分足らずの所にあるVenissimoが私のお気に入り。

ここの店員さんはとても親切で、色々試食させてくれます。沢山種類のある中から、「少し硬くてシャープな味」などという私の勝手なリクエストにも丁寧に答えて試食させてくださいます。そして、量り売りですから、少量でも気兼ねなく買うことが出来ます。

おまけに、領収書にはチーズの産地やミルクの種類、一緒に合わせる食べ物とワインまで書かれています。私はもっぱら朝食用ですので、ワインは合わせませんが、お客様の時には便利です。

実のところ、ここで何種類か試食していると、ワインも試飲させてくれたら素晴らしいのに、などと勝手な思いにとらわれてしまいます。

さて、昨日買い求めたのは、Brie de meaux。ボードの左上の三角形です。この説明には、2004年のフランスのチャンピョン。フランス産。牛乳から作られ、食後はマッシュルームの味。ハニーデュー、バルサミコ、いちごが合います。ワインはHermitage, Burgandy, Bordeaux、 St.Emilion,Chardonn Pomerol, Red Sancerre.

a0127398_1512684.jpg

右のブルーチーズの名前はRogue river blue。これは2004年の金メダル受賞。アメリカオレゴン州産。ペアブランデーに漬けた葡萄の葉で包んであり、牛乳から作られています。酒類はCalvados, Brandy, Madeira, Muscato, Riesling, Champagneが合います。このチーズはお酒の香が強く、合うお酒の酒類から見てもデザート系なのですね。

手前はRembrant。名前から分かるようにこれはオランダ産のマスターピース。牛乳から作られ、2004年の世界チャンピョン。クラッカーなどとおつまみに。ワインはChardonnay, Bordeaux, Syrah。

とても1回では食べ切れないこれらのチーズ。保存法はこのようにします。大きめのタッパーに入れ、角にペーパータオルをぬらして入れ、乾燥しないようにします。そして蓋をして冷蔵庫へ。このようにすると、日が経っても美味しく食べられます。

a0127398_152266.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-14 01:53 | 食材

娘夫婦のタイ料理  10・12・2011

写真だけ撮ってブログに載せる機会を失していた、娘夫婦が作ってくれたタイ料理。今日はやっとアップすることにしました。私にめぼしい題材がないので、丁度良い機会です。

娘夫婦は本当に食べること、そして料理が大好きです。夫婦が同じ趣味を持っていることは良いことです。ハネムーンでタイに行った彼らは、一日料理学校へ行って、タイ料理を習ってきたそうです。

本場で習ってきたタイ料理を我が家に滞在していた時に作ってくれたのが、次の四品です。

殻付き蟹の炒め物

a0127398_2124030.jpg

タイ茄子とチキンのイエローカレー

a0127398_2125274.jpg

パパイヤサラダ

a0127398_213633.jpg

海老とトマトのスープ

a0127398_2132730.jpg

とっても美味しかったです。今度来たときに、また作ってね。

a0127398_2141464.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-13 02:15 | 家族

我が家でランチ  10・11・2011

いつもの仲間がランチに我が家に集まりました。仲間の一人のリクエストで、食事は和風。季節のもの、松茸ご飯に合うものを考えて作りました。

ヒラメの昆布締めときゅうりの酢の物。切り干し大根とにんじんの土佐酢和え。筑前煮、蕪とにんじんとレモンの即席漬け、茄子の揚げ煮。お味噌汁はお豆腐とエノキ。

a0127398_1265687.jpg

a0127398_1272827.jpg

話に夢中になっているうちに、茄子を煮すぎてしまい、色が悪くなっていしまいましたが、優しい仲間は柔らかで美味しいと言ってくれました。

a0127398_1274446.jpg

松茸ご飯は前にも載せたことがありますが、昆布締めで出た昆布だしに、酒と塩だけの調味で、松茸はご飯がフワーッと炊き上がる前、水分がジュクジュクいっている頃に入れます。松茸の香の良いおいしいご飯に炊き上がります。

他のものも以前に載せたものばかりですので、レシピは割愛します。慌てて撮った写真ですので、あまり良い写真ではありませんが、悪しからず。

食べて、喋って、楽しい宴はあっという間に終わってしまいました。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-12 01:29 | ともだち

カレイのムニエル  10・10・2011

サンディエゴも朝晩は冷え込むようになりました。我が家の暖房設定は18.5度です。明け方いつの間にか暖房が入っていました。太陽が顔を出せばたちまち暖かになりますが、逆に陽が沈めば、一気に気温が下がります。

さて、夕べのご飯はカレイのムニエル。あまりに普通なので、今日はお休みしようかと思ったのですが、ままよ、と載せることにしました。

カレイは洗ってからペーパータオルできちんと水気を拭きます。塩胡椒して、軽く粉をはたき、サラダオイルでソテーします。最期に余分なオイルをペーパータオルでふき取り、バターを入れ、とけたら魚の上にかけます。レモンを添えてお召し上がり下さい。とても美味しいカレイでした。

a0127398_0352367.jpg

このレモン、我が家の庭から採ってきたマイヤーレモンです。酢橘のように小さく、お一人様には丁度良い大きさです。

副菜は蕪の葉と油揚げの炒め煮とトマト、セロリとしょうがのサラダです。醤油ドレッシングでどうぞ。

a0127398_0354157.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-11 00:36 | レシピ

ごまごまクッキー  10・9・2011

ごまごまクッキーとは私が名づけました。クッキーの生地には擂りごまが、外側には炒り胡麻と、胡麻がたっぷり入った香の良いサクッとしたクッキーです。胡麻は栄養価の高い優れた食品ですが、アレルギーを持つ子どもも増えているとか。小さいお子さんをお持ちの親御さんは、お気をつけ下さい。

a0127398_2473844.jpg

さて、この胡麻好きには堪えられないクッキーはバターでなくショートニングを使っています。アメリカ製のショートニングはトランスファットゼロ、コレステロールゼロです。バターよりサクッと仕上がります。

a0127398_2475419.jpg

このレシピはベトナム料理の本からで、胡麻の風味が紅茶にも日本茶にも合うと思います。


ごまごまクッキー
レシピ:Nicole Routhier著「The Foods of Vietnam」参考
材料(直径5センチのクッキー約50個)

1カップはアメリカのサイズ、250mlです

炒り胡麻  ¾カップ
小麦粉   2カップ
アーモンドプードル  ¼カップ
ベーキングパウダー  小匙1
ベーキングソーダ   小匙1/2
塩  小匙1/8
植物性ショートニング  1 1/2カップ
砂糖  2/3カップ
玉子  2個
ヴァニラエッセンス  小匙1
小麦粉  適宜
玉子の黄身 1個と水小匙1


1.炒りごまは1/4カップを別にとり、粗摺りにする。(炒り胡麻を購入しても、また家で炒ると一層香ばしくなります。)

2.小麦粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩をふるいにかける。

3.ショートニングと砂糖を泡だて器でかき混ぜる。玉子を1個ずつ入れ、更にふわっとなるまでかき混ぜ、エッセンスを入れる。

4.3に、粉類を少しずつ入れながら丁寧にかき混ぜる。(生地はかなり柔らか)

5.皿かまな板の上に小麦粉(1/4カップくらい)をとり、大匙1個分を粉の上に落として、直径3センチくらいの団子状にし、掌で平らにし、パーチメントペーパーを敷いた鉄板の上に載せる。

6.そのまま冷凍庫に20分、又は冷蔵庫に1時間置く。

7.オーブンを350度F(125度C)に温める。

8.冷凍庫から出し、黄身に水を加えて、生地の表面に塗り、炒り胡麻を上からかけて押し付ける。

9.オーブンに入れ、15-20分、表面が薄く色づくまで焼く。冷めてから召し上がってください。

タッパーに入れておくと、2週間くらい持ちます。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-10 02:48 | レシピ

10月の風景 & スペイン風鶏と野菜のシンフォニー   10・8・2011

早いもので、10月も一週間が過ぎました。このところサンディエゴは朝から青空が広がり気持ちの良い天気が続いています。今日も朝から快晴、そして無風。

久しぶりにカメラをぶら下げてワンコのお散歩をしました。

我が家を出ていきなりぎょっとさせられたのは、お向いのディスプレー。夕べのうちに飾ったのでしょう。10月はハロゥイーンの月ですね。ハロゥイーンまで3週間以上もあるので、飾りをしている家はまだ多くはありませんが、少しご紹介。

a0127398_14724100.jpg

a0127398_147509.jpg

a0127398_1484093.jpg

メープルもこんなに色づいて、やはり秋なのですね。

a0127398_1492241.jpg

さて、夕べの一人ご飯です。鶏のもも肉に、なす、ピーマン、チェリートマトを煮込んだ美味しい一品です。野菜類が沢山入るので、一皿でも栄養のバランスも良く、サラダも作って一人分だと、20分で出来ました。

a0127398_1495029.jpg


鶏のもも肉(300g)に塩胡椒し、厚鍋にオリーブオイルを熱し、両面ソテーします。一旦鶏肉を取り出し、玉ねぎのみじん切り(小1/3個)、ガーリックのみじん切り(1片)を炒め、更にハム(5ミリ厚さ1枚)の角切り、茄子の角切り(小1個)とピーマンの千切り(1個)を炒めます。トマト(またはチェリートマト)小1個のザク切り、タイム(少々)、ローレル(1枚)、塩、胡椒をし、白ワイン(1/4カップ)、パセリのみじん切り(適宜)を加えて、鶏肉に火が通るまで、蓋をして弱火で煮込みます。この量で、私の夕食とランチ分です。

私は骨なしを使いましたが、骨付きも時間はかかりますが、味が出て美味しいでしょう。このレシピはPenelope Casas 著「The Food & Wines of Spain」を参考にしました。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

by Mchappykun | 2011-10-09 01:53 | レシピ