やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:お節料理 ( 11 ) タグの人気記事

かぶら蒸し

お正月に蕪蒸しを始めて作ったのは結婚したばかりの年でした。もう35年以上も前の話です。夫がどこからかレシピを見つけて来て、聖護院蕪を探して遠くの八百屋さんまで足を伸ばしました。

それからほどなく海外生活になり、蕪蒸しは長いこと封印されました。カリフォルニアに越して来てから、日本の食材が何でも手に入り、また、お正月の蕪蒸しが復活しました。もっとも聖護院蕪ではなく、普通の日本の蕪ですが。

a0127398_302460.jpg

今年の具材は鰻の蒲焼き、海老、慈姑、百合根、銀杏です。海老は軽く塩茹でし、慈姑は一口大に切って酢水で柔かに煮、百合根もさっと湯がきます。銀杏は殻を剥いて茹でておきます。

これらを一旦5分ほど蒸し、擂り下ろして水を切った蕪、戻した木耳を千切りにし、長芋の擂り下ろしと卵の白身を少々入れてかき混ぜたものをのせ、更に3分ほど蒸します。最後に銀餡をかけ、山葵をちょんとのせて出来上がり。

a0127398_305444.jpg

熱々の蕪蒸し。温まります。

婿さんの一家と年末年始を過ごした娘夫婦が、昨夜遅く我が家に戻ってきました。残り物のお節ですが、二人に少しでも日本のお正月を味わってもらおうと、華やかな秀衡塗りに盛って、品数の少なさをカバー。

a0127398_31940.jpg

長旅で疲れた彼らもお節と蕪蒸しをぺろっと平らげてくれました。

そして今朝早く、また車でサンフランシスコに向かって発って行きました。順調に行っても8時間、渋滞に巻き込まれれば10時間以上。仕事に遊びに目まぐるしく動く彼らの若さは眩しいばかりです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-06 03:02 | レシピ

2015年 元旦

明けましておめでとうございます。

サンディエゴの元旦は雨も上がり、気温は低いものの、いつものように青空の広がるよい天気でした。

昨年も沢山の方々に当ブログにお越し頂き、本当にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとっても健康で穏やかな良い年となりますようにお祈りいたします。

今年もあまり変わりばえしませんがお節を作りました。いつものように母から受け継いだ茶懐石用のお重に一人一人詰めました。

a0127398_112257.jpg

蒲鉾だけ市販品ですが、後は全部手作りです。八幡牛蒡、田作り、卵の黄身の塩麹漬け、伊達巻き、鰤を塩麹に漬けて焼いたもの、海老の鬼殻焼き、鴨のロース煮、蓮根のタラコ詰め、数の子の塩麹漬け、華頂山きんとん(さつま芋に西京味噌と抹茶で甘さ控えめのきんとんを茶巾絞りに)、百合根の甘煮(白とビーツのピクルスで紅色の二色で花びらのように)。

a0127398_11201679.jpg

鯛の昆布締めの翁和え、黒豆

a0127398_1120316.jpg

お煮しめは里芋の白煮、慈姑、蒟蒻、干し椎茸、筍、人参、絹さや、塩銀杏。

a0127398_11204677.jpg

大根と人参と自家製干し柿のなます。

a0127398_1121148.jpg

そして最後は母方に伝わる代々の蓋付きお椀にお雑煮。大根と人参、酒と塩だけで炊いた鶏肉、イクラ、三つ葉、止めに柚子の皮。

a0127398_11211657.jpg

今年は一人暮らしの日本人の友達5人をお招きしたので、賑やかで楽しいお正月でした。

a0127398_11213440.jpg

日本酒、シャンペン、桜湯、クリスマスに作ったチョコレートとラズベリーのアイスクリームケーキをデザートに、尽きることのないお喋りを楽しみ、良い友達がいる幸せをしみじみ感じた元旦でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-02 11:24 | お正月

お節のリメイク

娘夫婦も帰り、私のお正月も一区切り。12月以来お料理ばかりしていたような気がしますが、これからは私の本業にも目を向けねば。

さて、少なく作ったつもりでもどうしても残ってしまうお節料理。そのままでは見た目も舌も飽きるので、少し目先を変えました。

鶏肉の照り焼きはそぎ切りにし、なますと合わせました。なますは絞り、ゆでた春菊と混ぜ、蓮根のたらこ詰めのたらこをとって扇形に切って飾り、柚子の皮の千切りをのせました。まだ松の内なので、少し華やかに秀衡塗りの菓子鉢に盛ってみました。

a0127398_2525038.jpg

蒲鉾は柚子胡椒和え。三つ葉をさっと湯がいたものをのせ、蓮根からとったたらこを散らしました。

a0127398_253442.jpg

お煮しめは全部ざっと水洗いします。色々な味が混ざると喧嘩し合って美味しくないのです。鰹だし汁に入れて調味し、このままけんちん汁でも、うどんを入れてもよいのですが、伊達巻きや蒲鉾も入れてお雑煮に仕立てました。(これはお昼ご飯です。)

a0127398_2531986.jpg

今日もサンディエゴは青空の広がる素晴らしい天気です。気温は午前9時現在で15度。日中は22度くらいまで上がるようです。天気がよいと気持ちも明るくなります。



「染みわたる♪あったかおでん」コーナーにレシピを掲載中!

「クリスマスは!手作りスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-01-06 02:56 | レシピ

2014年のお節料理

今年もまた食べることで始まりました。夕食は朝のお節に何種類かが加わります。

a0127398_1522777.jpg

まずはお重のご紹介から。私は毎年茶道の先生だった母が使っていた春慶の茶懐石の小さなお重に一人一人詰めます。

a0127398_1524670.jpg

左上から蒲鉾(市販品)。年末にだけ売り出されるおいしい蒲鉾です。伊達巻き、八幡牛蒡、卵の黄身の塩麹漬け。海老の鬼殻焼き、ブリを塩麹に漬けて焼いたもの、蓮根のたらこ詰め、塩麹に漬けたまぐろの海苔巻き、鶏肉の照り焼き、華頂山きんとん、百合根(朝のお節でご紹介しました)、数の子(塩麹漬けと醤油漬けの二種)。レシピは2013年と同じです。

酢蛸。茹で蛸の足は水分を拭き取り、酒、酢、塩、砂糖を一煮立ちさせて冷まし、切り込みを入れた昆布と一緒に3時間程マリネしました。

a0127398_1531021.jpg

お煮しめ。里芋、干し椎茸、蒟蒻、人参、絹さや、銀杏(殻をナッツクラッカーで割ってから塩銀杏にして、殻をむき薄皮をとります。)、すべて別々に炊きました。

a0127398_1532563.jpg

甘鯛の翁和え。二日間昆布締めにした甘鯛をとろろ昆布で和えます。とろろ昆布は姉が送ってくれたもので、とても美味しかったです。

a0127398_1533781.jpg

自家製干し柿入りなます。胡瓜の皮を松葉に見立てましたが、言わないと気づかないようで、朝は誰も気づいてくれませんでした。

a0127398_1535016.jpg

あわせたカクテルは隅田川暮色。前にもアップしたことがありますが、桜の塩漬けをうかせた風流なカクテルです。

a0127398_154493.jpg

今年は昨年より百合根、甘鯛の翁和え、酢蛸の三品が新たに加わりました。簡単にしようと思いながら、結局は案外豊富な種類を作りましたが、家族に喜んでもらえるのが一番の励みです。

a0127398_154219.jpg

今年も美味しく楽しい食卓を目指し、でも気負わず自然体で毎日を大切に過ごしたいと思います。


「染みわたる♪あったかおでん」コーナーにレシピを掲載中!

「クリスマスは!手作りスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-01-03 01:56 | レシピ

2014年元旦

明けましておめでとうございます。

日本から17時間遅れてカリフォルニアも新しい年が明けました。昨年も沢山の方々が私のブログを訪れて下さり、本当にありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

アメリカに来てから今年は29回目のお正月です。その前のイギリス滞在も含めると私の人生の半分は外国暮らしになります。

その時々で手に入るものでお節料理を作りましたが、日本と変わらない食材が手に入るカリフォルニアは外国にいることを忘れさせてくれます。幸い娘も婿さんもお節料理が大好きです。美味しいといって食べてくれる人がいるのは、やはり張り合いがあります。

a0127398_4283148.jpg

例年の様に蒲鉾以外は手作りで、いつもとあまり変わらぬ元旦の朝のお節ですが、去年と一つだけ違うのは、手前の百合根です。ほの甘く煮た百合根の半分を自家製ビーツのピクルスで色を染め、紅白の花びらに見立ててみました。

婿さんが一番好きなお節はお雑煮です。鶏のもも肉は酒と塩だけで煮て置きます。後は大根、にんじん、いくらと三つ葉、ゆずのそぎ切りを添えて、鰹だし汁のさっぱりとしたお雑煮です。

a0127398_4284962.jpg

今年も皆様方にとっても健康で平和な年となりますように心からお祈り申し上げます。



「染みわたる♪あったかおでん」コーナーにレシピを掲載中!

「クリスマスは!手作りスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-01-02 04:31 | レシピ

2013年元旦の夕食  1・2・2013

元旦の夕食は朝に少し品数を増やしました。自分の備忘録としてお重の左上から順にしるします。(写真を撮ってから気づきましたが、朝とプレースマットが同じ色でした。せめて違う色にすれば良かったと反省。)

a0127398_24918.jpg

紅白蒲鉾(市販品)

卵の黄身の塩麹漬け。生卵を殻のままジップロックにひとつずつ入れて凍らせた後、冷蔵庫で10時間ほどかけてゆっくり解凍させます。卵を割って中の黄身だけ取り出し、塩麹に1時間ほど漬けました。ねっとりとして美味しくなります。

a0127398_24257.jpg

鶏肉の照り焼き。もも肉の皮目はフォークで穴を開け、サラダオイルを敷いたフライパンで両面狐色になるまで焼きます。余分な油をペーパータオルで拭き、醤油、砂糖、みりん、酒を混ぜ合わせてまわしかけ、弱火にして蓋をして火を通します。切って盛り付けてから白胡麻を散らします

牛肉の八幡巻。ごぼうは4つ割りにして15センチほどの長さに切って柔らかにゆでておきます。牛肉の薄切りで巻き、ソテーしたあと、余分な油をとり、醤油、砂糖、酒を合わせたものを加え、転がしながら水分が煮詰まるまで照りをつけながら焼きます。

海老の鬼殻焼き。頭付きの海老は酒、みりん、醤油に15分ほど漬け、じっくりグリルします。

蓮根のたらこ詰め。蓮根は酢水でシャキッとした食感を残すぐらいに茹でます。一方酢、砂糖、鷹のつめ、塩を煮立て、蓮根が熱いうちに1日漬け込みます。蓮根の水分を拭き、ほぐしたたらこを穴の中に詰めます。箸で丁寧に少しずつ根気良く詰めました。

a0127398_24411.jpg

鰤の塩麹焼き。鰤の切り身を塩麹に二日漬けて、焼きました。

伊達巻。はんぺん1枚に卵4個、砂糖、塩、酒を入れてミキサーで攪拌し、卵焼き器で焼き、すのこで巻きます。

田作り。ごまめは弱火で乾煎りし、カラカラと軽い感じになったら冷まさないように布巾に包んでおきます。みりんと醤油と酒少々をフライパンで熱し、フワーと泡が立ったらごまめ入れて箸でかき混ぜます。最後に芥子の実を散らします。

マグロの海苔巻き。マグロのお刺身は柵のまま塩麹に1日漬けます。細長く切って、海苔で巻きました。

華頂山きんとん。サツマイモは皮を厚く剥いて一晩水にさらし、柔らかにゆでます。熱いうちに裏ごしして西京味噌(サツマイモの大体1/10の量)、砂糖、栗の甘露煮の蜜少々を入れて弱火で練ります。火からおろして、抹茶をお湯で固めに練ったものを加えてかき混ぜます。冷めてから栗の甘露煮を真ん中に入れて茶巾絞りにします。皮はきんぴらにしますので捨てないでください。

a0127398_245854.jpg

夕食はお重の中に数の子、松前漬けを忘れました。冷蔵庫から出していても忘れるのですから、今年も思いやられます。

今年のお節は塩麹が大活躍でした。塩麹に漬けた数の子、鰤、マグロ、卵の黄身、全てとても美味しくできました。今年もますます手放せそうにない塩麹です。

折角の姉からのプレゼントの塗り鉢、初使いはお煮しめを盛りました。器が良いと料理も高級に見えます。

a0127398_251735.jpg

皆様も良いお正月をお過ごしください。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-03 02:10 | レシピ

2013年の元旦  1・1・2013

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

例年通り元旦の朝はお節とお雑煮でお祝いです。我が家は懐石の小さいお重に一人ずつ盛り合わせます。何だかいつもよりお重に余白があると思いましたら、田作りを入れるのを忘れていました。毎年のごとく、かまぼこ以外は全て手作りです。

a0127398_8243917.jpg

数の子は酒粕に三日漬けたものと塩麹に二日漬けたものの二種類です。娘と私は塩麹、婿さんは酒粕に漬けたものが好みと意見が分かれました。

お煮しめも今年は松茸の薄煮も加えました。里芋は白煮(出汁と塩と砂糖)、椎茸は少し甘辛く、筍は出し汁と醤油とみりん、人参は少量の酢も加えます。別々にそれぞれの野菜の旨味を引き出した煮方にしました。

a0127398_8245883.jpg

姉が送ってくれた丹波の黒豆はふっくらと、とても美味しく炊けました。品質の良さが分かる黒豆でした。姉に感謝。

a0127398_8251411.jpg

なますには今年初めて作った干し柿を加えました。先日お友達から頂いた自家製の干し柿がとても美味しかったので、早速自分で作り、何とかお正月に間に合いました。

a0127398_8252990.jpg

お雑煮は鰹だしに大根と人参の千切り、鶏のもも肉は別に出し汁、酒、塩で煮ておきます。最後にイクラ、冷凍して置いた頂ものの柚子の皮、鉢植えの三つ葉を添えて、外国に住んでいるとは思えぬ充実したお雑煮になりました。

a0127398_8254220.jpg

食後は腹ごなしに近くの海岸を散歩しました。海の青さが際立つ元旦の海岸です。

a0127398_8255729.jpg

気温は15度と温かですが、風が冷たく、それでもサーフィンに興ずる若者や子どもたちは元気です。

a0127398_8261266.jpg

今年も健康で平穏な一年となることをお祈り申し上げます。

a0127398_826262.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-02 08:28 | レシピ

2012年元旦  1・1・2012

明けましておめでとうございます。

昨年も沢山の方々が私のブログを訪問してくださいました。本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。2012年が健康で平和な穏やかな年となりますように。


今年も手作りのおせち料理でお祝いをしました。母から受け継いだ春慶の茶懐石のお重に一人一人盛り付けました。

a0127398_5414167.jpg

かまぼことコハダの酢〆だけはニジヤさんで買い求めましたが、後は、いつも通り作りました。コハダの酢〆は、大根、にんじん、きゅうりの千切りを芯にしてくるっと巻きました。数の子はしょうゆ漬けと粕漬けの二色、なますには柿を入れ、きゅうりの皮を湯通して青臭さを取り、松葉のようにあしらってみました。

お酒は2年前に造った梅酒です。良い塩梅に熟成されました。

黒豆も圧力鍋で作りましたので、短時間(1時間)でふっくら柔らかに炊けました。お煮しめも全て別々に煮たものです。

自分で味付けしたお節は薄味にできるので、飽きがきません。朝はこれでお腹が一杯。お雑煮は後ほど頂くことにしました。

皆様も良いお正月をお過ごしなさいますように。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-01-02 05:43 | レシピ

元旦の夕食                1・2・2011

元旦の夕食は基本的に朝と同じです。朝との違いは、海老の鬼がら焼き、カラスミ、鶏肉の照り焼き、そして今年新たに加わったのが玉子の黄身の味噌漬けです。先日、玉子を一旦冷凍してから解かし、黄身だけ凍っている段階で醤油に漬けましたが、今回は味噌とみりん、酒を混ぜたものに漬けてみました。色もきれいで、ねっとりしたリッチな味になりました。

a0127398_2293147.jpg

かぶら蒸しをお正月に作ったのは、結婚して始めての元旦でした。夫がどこからかレシピを見つけてきて、聖護院蕪をやっと見つけて、レシピと首っ引きで作ったのでした。もちろん、インターネットなどない時代です。

それからすぐ外国生活が始まりましたから、かぶら蒸しからは長いこと遠のいていました。聖護院蕪でなくとも良いのですが、イギリスやアメリカの硬いターニップと呼ばれる蕪ではかぶら蒸しはできないからです。

a0127398_2301313.jpg

カリフォルニアに越してきて、日本の蕪が手に入るようになり、お正月のかぶら蒸しが復活しました。うなぎ、えび、ぎんなん、ゆりねを入れました。去年も作りましたので、作り方は以前のサイトを参考にして下さい。茶碗蒸しより難しくありませんが、高級感があります。

白身魚の昆布締めを花のように作りました。タコの酢〆と一緒に盛ってみました。お刺身でも昆布締めでも薄く削ぎ切りにした切り身を、縦に少し重なるように並べます。下からくるくる巻いていくと、花のようになります。

a0127398_2312420.jpg

クリスマス以来、食べてばかりいるような我が家ですが、これで一段落です。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-01-03 02:33 | レシピ

お節料理2011             1・1・2011

明けましておめでとうございます。昨年は私のブログにお越し頂き、誠にありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

元旦の朝もサンディエゴらしい青空の広がる良い天気になりました。結婚以来30年以上どこにいても、そこで手に入るもので、おせち料理を作り続けてきました。新たな気持ちで新しい年を祝う私なりのけじめのようなものかもしれません。

また、日本人の両親の元で日本で生まれた娘は、親の都合で3歳で日本を離れ、長年外国で暮らしてきました。その娘に日本の文化としてのおせち料理を伝えておきたい、という気持ちもあります。

亡くなる寸前まで茶道を教えていた母の茶懐石用のお重に、一人一人盛り付けました。かまぼこと松前漬け以外はすべて手作りです。松前漬けは北海道からのお取り寄せです。

a0127398_523844.jpg

伊達巻、牛肉とゴボウの八幡巻き、レンコンのたらこ詰め、レンコンのきんぴら、数の子のしょうゆ漬け、田作り、華頂山きんとん。

a0127398_5234889.jpg

松前漬けと柿なます。

a0127398_5242041.jpg

お煮しめは松茸、たけのこ、椎茸、里芋、こんにゃく、慈姑、にんじん、絹さやです。全部別々に味を違えて煮ました。

a0127398_5245266.jpg

お雑煮はシンプルに大根とにんじんの千切り、ミツバ、イクラ、ゆずです。娘にはなぜ鶏肉を入れなかったの?といわれましたが...このお椀は母方から伝わる100年以上の年代物です。

a0127398_5252490.jpg

今年も皆様にとって、より良い年でありますように、心からお祈りします。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-01-02 05:27 | レシピ